タグ:修理 ( 91 ) タグの人気記事

 

シリンダーヘッドオーバーホール&リフレッシュ!

オーバーヒートの原因がわかったスズキさんちのワゴンR。



ココからは
加工や部品交換を含めて組み上げていきます。




っと、その前に
b0144624_1847456.jpg

降ろしたシリンダーヘッドASSYから
インテークマニホールドやカムシャフト、バルブスプリングを外して
シリンダーヘッド単体にします。





よっこらしょ(と、いってもカル~イ(笑))っと裏返しにして
b0144624_18501467.jpg

残っているガスケットの残骸をあらかた取り除いて
ガスケット面の歪みを測定。



1番、2番シリンダー間の歪みが1番大きくて15/100mm(0.15mm)
そのままヘッドガスケット交換のみで大丈夫な許容範囲は3/100mm(0.03mm)まで。。。
(この基準値は車両により異なります)



まぁ、シリンダーヘッドとブロックの間からラジエター液(冷却水)が漏れている時点で
歪みが限度を超えているのは明らかですが、
修正可能かどうかというのが問題になってきます。



修正というのは、専門の加工屋さんがいて
ガスケット面の歪みが取れるところまで工作機械(フライス)で削ってもらいます。
これを”修正面研”と言い、
NAエンジンでチューニングするときにはさらに研磨して
アフターパーツで薄いヘッドガスケットを使って圧縮比アップでトルクアップしたりします。
(コレ定番)

今回の場合は修理ですし、
ターボ車の場合、過給されてさらに圧力が高くなるので
極端な面研で圧縮が上がると、ヘッドガスケットが抜けることがあるので要注意!
なので、
今回は必要最低限の研磨加工をお願いします。






キレイになって戻ってきたシリンダーヘッド↓
b0144624_1922069.jpg


併せて
バルブシートカット加工もお願いして
バルブを擦り合せて組み込みます。
これは、燃焼室の機密性を保つ為に重要です。






新しいバルブステムシールを取り付けて↓
b0144624_1943958.jpg

b0144624_195636.jpg

全てのバルブスプリングを組み込んでいきます。






色々メーカーによって違いがありますねぇ~。
b0144624_196559.jpg

このエンジンは
カムシャフトを後ろ側(ミッション側)から挿入して
挿入したところにストッパーを取り付けるというもの。

しかも、プラスネジを使用してあります(笑)
ロッカーアームシャフトもプラスネジで
どちらも規定トルクの記述はありません。。。
っていうか、プラスネジのアタマが潰れやすいので困ります・・・(滝汗)






ボロボロと新品のヘッドガスケット↓
b0144624_1993998.jpg




ヘッドガスケットには裏と表があって
b0144624_19103150.jpg

”TOP”と書いてある方が上面です。(”TNP”ではありません(苦笑))
大体どこのメーカーでも刻印なりペイントなりがあると思います。






なぜかウォータージャケットの穴が小さくなってました。
b0144624_1913276.jpg

b0144624_19132024.jpg

部品自体は間違いないということなので
何かの対策なのでしょうか???
ご存知の方がいらっしゃれば教えてください!






さて、いよいよ上と下がドッキングします!
b0144624_19143751.jpg

ヘッドボルトも若干延びていたので新品のボルトで組んでいきます。




もう少し続きがありますので
お付き合いください <(_ _)>



ルーテシアRSもヨロシク~ ♪
[PR]

by french_garage | 2011-02-14 19:23 | その他の車たち | Comments(6)  

オーバーヒートの原因。

オーバーヒートしたスズキさんちのワゴンRのつづき。




いきなりシリンダーヘッドを外した状態。
b0144624_105493.jpg

↑ヘッドガスケットはまだブロック上に残っている状態です。





この状態↓はスゴイ!
b0144624_1071078.jpg

ウォータージャケット(クーラントが流れる通路)が半分くらい詰まってます(滝汗)





ガスケットを外した状態。↓
b0144624_10121790.jpg



この後、こびりついたガスケットを地道にスクレーパーで剥がして
さらにオイルストーンで磨きを掛けて、ブロック上面をなるべく均一にキレイにします。




すると、こんな↓感じに。
b0144624_10175681.jpg


シリンダーブロックは鋳鉄製ですので
すでに侵食されて、ところどころ巣穴が空いているところがあります。




この際、ピストンヘッドもキレイにしておきます。
b0144624_1021377.jpg






さて、
ココからが本題。




モチロン、タイミングベルトやウォーターポンプも交換します。

そのウォーターポンプの取り外しの様子↓。
b0144624_10225015.jpg


さすがに錆が酷かったというだけあって
スゴイ状態です!



ウォーターポンプ・ブロック側取り付け面。
b0144624_10245720.jpg

サビ錆~(汗)




取り外したポンプ側↓
b0144624_1026311.jpg

コチラもやはり錆がスゴイ事に・・・・・。



ん、




ちょっと待った!




なんか変???






新品のウォーターポンプとの比較です。↓

b0144624_10294371.jpg

外したウォーターポンプ↑




新品のウォーターポンプ↓
b0144624_11322851.jpg


は、羽根(ぺラ)が無いィ~!


久しぶりに見ました、こんな状態。。。(笑)

よほど水(クーラント)の管理が悪かったのでしょう。
多分、新車~昨年オーバーヒートするまでの間、ラジエター液を交換してないのではないかと・・・。

それで、
羽根が錆びてボロボロになり、ゴミとなってエンジン各部、ラジエターなどに堆積して詰まったのでしょう。

そして、詰まりだけではなく
ポンプが水を回せなくなるので、コレも結果的にオーバーヒートの原因になります。
(それで、サーモスタットが外してあったということです)




今は”スーパーLLC”といって
10年くらい交換しなくても良いモノがあるようですが
そうでないものは2年毎の車検ごとには交換したいですね。

※〇〇車検のような格安車検だとメニューに含まれていないことが多いので
 適宜交換しましょう。




さぁ、ココからがリフレッシュですが
長くなりましたので、また次回の講釈で。。。
[PR]

by french_garage | 2011-02-13 11:55 | その他の車たち | Comments(6)  

オーバーヒートすると・・・。

九州は福岡で、フランス車(ルノー)を中心に修理やメンテナンスをさせていただいております
S.B.Tではありますが、
国産車のご依頼もあります!





昨日”オーバーヒート”のお話しをしましたので
その関連のお話しを・・・・・。





クルマは、多分日本国内でも1番売れているであろう軽自動車
b0144624_19462017.jpg

スズキさんちのワゴンRです。


オーナーさんの話によると
昨年夏ごろ、走行中にエンスト・・・。
水温計を見ると、針は振り切れんばかりにはるか上方へ・・・orz。。。

お知り合いのスズキさんちではない別の軽自動車ディーラーさんで診てもらったところ
ラジエター内部が錆や汚れで酷い状態
ヒーターコア、ラジエターの詰まりが原因では?という診断だったそうです。
そこで、
とりあえず水回りを洗浄してもらって半年ほど乗っていたそうです。
ただ、そのときに
「ヘッドガスケットはダメかもね~」
と、言われていたそうで、
ラジエターの水をマメにチェックしていると
案の定、減るわ減るわで毎日継ぎ足し。。。

おまけに、寒い時期になってヒーターも効かない?ということ。。。

クルマは私が引き取りに行ったのですが
S.B.Tまで3,40分のあいだ、確かにヒーターが効かない・・・サムイ~( T-T)
ヒートゲージ(水温計)もまったく上がらず・・・・・。
「オーバークール・・・、サーモスタットもダメかなぁ~」
なんて思いながらブルブル震えて帰ってきました。




さて、
早速エンジンルームを覗いてみると~・・・



コレ↓はエンジンとミッション(オートマ)の境目のところですが、
b0144624_2082825.jpg

緑色の液体が溜まっているのが見えます。



やっぱりシリンダーヘッドとブロックの間からラジエター液(LLC)が漏れてます。。。
b0144624_20124011.jpg





コチラ↓はタイミングベルト側。
b0144624_2015174.jpg

あ~、やっぱり漏れてます。。。
(それにしても変なモノが堆積してますなぁ~)


その他、数箇所のヘッドとブロックの境目から漏れてました。



と、いうことは
基本的にヘッドガスケット交換、その他諸々。



その中で、
オーバークールの原因を発見!





b0144624_20183786.jpg

ラジエターの水の流れを温度で制御するサーモスタットがありません!(笑)

これでは寒い時期にヒーターなんか効くわけがな~い。


前回オーバーヒートしたときにラジエター回りのクリーニングをしてくれたディーラーさんが外したのでしょう。。。

さて、ここからは推測ですが
それではなぜサーモスタットが外してあるのか考えてみました。

①錆やゴミで機能しなくなっていたためサーモスタットを外した・・・
だとすると、新品のサーモスタットを取り付けるはずですねぇ~。。。
(そんなに高価なものでもないですし・・・)

②サーモスタットを取り付けてはいけない状況にあった・・・
これはその昔、レース車やチューニングエンジンでサーキットを走るとき
どうしても水温が上がり気味になるときに使う手段で
フツウのクルマでこういう状況にあるということは
他にオーバーヒートの原因があるということ・・・・・。



ここまでで他に原因がありそうなことと
ざっと部品をだしてあらかたの見積もりを連絡。



まぁ、大体このパターンでいくと
国産車の場合はあきらめてお買い替え~・・・・・・

と、なるのですが、
オーナーさん(女性)いわく
初めて自分で購入されたクルマ(新車)で思い入れもあり
他に欲しいクルマも無いのだそうで、
ましてや同じクルマを中古車で買っても
メンテナンスが悪ければ(そういうのが多いのも軽自動車だったりして・・・)
また同じようなことになる。

しかも、結構なお値段だし(軽自動車って高いですよね!)。



ということで
キッチリ修理してください!とのこと。


これは整備士冥利に尽きるッ!
と、ともに心地よいプレッシャーが・・・ o(゚ー゚*o)




早速、真のオーバーヒート原因究明へ!・・・・・。



つづく・・・ (^∀^)ノ~~



※注)
 知ってる人は言わないでネッ (◡‿◡ฺ*)❤
[PR]

by french_garage | 2011-02-09 21:13 | その他の車たち | Comments(8)  

フィアット プント ワイパー、スピーカー、サーモスタット故障

少し長いタイトルですが、ご了承ください(笑)




2011年の年明け早々にこんなメールいただきました。。。

早速なんですが、トラブルです
と言ってもたいした事では無いのですが、助手席側のワイパーが動かなくなりました。
原因はハッキリしてます、リンケージが助手側の基部で外れてます。



大したことでは無いようで、なによりです?(笑)

しかも、原因まで発見してあります(爆)



つづき・・・

まあ、幸いにして助手席側の為たいした不都合にはなっていませんが…



たいした不都合が無い???

そんなはずはありません!(笑)
やはり雨の日のドライビングは危険ですので、修理が必要です!







モーター付きのリンクASSY交換です。
b0144624_208422.jpg

上側が新品。




b0144624_20104213.jpg

可動部分のブッシュは樹脂製なので
経年、使用劣化でアマくなり、外れた模様。。。




b0144624_2012529.jpg

↑おぉ~、モーターは信頼できそうなメーカーですねぇ~。。。

ただ、
以前RENAULTでもこのメーカーのイグニッションコイルなんかを使っていましたが
リコール出たこともありました (汗)
(今は違うメーカー???)


今は
どこの国のどこのメーカーの部品だから安心(壊れない?)ってことは無いですね。
(昔からか???)
作っている工場は大体あの辺でしょうから・・・・・(爆)


そんなことはどーでも良いとして、(笑)
ワイパーリンクASSY交換は終了。




そのときに、
音が割れる(カーオーディオの)ということで、
スピーカーを見てみました。。。




b0144624_20245220.jpg

スピーカーが割れているから、音も割れるんですね!(笑)




↓オー〇バックスでご購入。
b0144624_20263751.jpg






またまたそのときに
オーナーさんがおっしゃるには
「ヒーターの効き始めが遅くて、走行中は水温計が上がらないんですよ~・・・」
との事。。。



診断すると
どうやらサーモスタットが開いたまま閉じていない様子。。。

多少の経験は必要ですが、
簡易的な診断方法はいたって簡単!

サーモスタットがあるほうのラジエターホース(アッパーorロアー)を
冷間始動時から素手で触っておきます。
※注)
 サーモスタットの取り付け方式には
 アッパー制御とロアー制御があります。

水温計(最近のクルマには無いなぁ~)が上がり始めの時から
すでにサーモスタットがあるほうのホースが温まってくれば
サーモスタットが開いている証拠(オーバークール)

正常な場合は
水温計が真ん中アタリに来てから開き始めるので
その辺からホースがだんだん温まってきます。


それで、サーモスタット交換↓
b0144624_20505428.jpg

おぉ~、ハウジング(ケース)ごと交換です。。。



b0144624_2052789.jpg

中にはちゃんとサーモが入ってます!


コレ↓は水温センサー。
b0144624_20531583.jpg

大体サーモスタット近辺に取り付いています。

外したついでに
キレイに磨いておきましょう ♪
意外とセンサーの動きが良くなります。





オーバークールだと大した故障にはつながりませんが
逆にサーモスタットが閉じたままだと・・・・・

そう、オーバーヒートしてしまいます。。。
これが高速道路なんかでヒートしてしまうと
シリンダーヘッドが歪んでしまいますね。

良くて要シリンダーヘッドオーバーホール、
ダメな場合はシリンダーヘッド交換。。。

最近はシリンダーブロックまでアルミ製のエンジンが増えておりますが
オーバーヒートしてしまった場合はOUTです。。。エンジンASSY要交換。



皆さん
ご自分の愛車のエンジンブロックはアルミか鉄か確認しておいてください!(笑)

っていうか、オーバーヒートしないように日ごろから点検、整備、メンテナンスを心がけましょう ♪




b0144624_20593428.jpg





ルーテシアRSありマス!
[PR]

by french_garage | 2011-02-08 21:03 | その他の車たち | Comments(8)  

ルノーの故障で定番になりつつあるモノ・・・。

今日の昼間は久しぶりに天気が良かった福岡地方ですが、



やっぱり・・・・・




寒いぃ~ (;≧皿≦)。゜°。ううううぅぅぅ







さて、故障の定番の話しですが、
エンジンルームを覗いてみて
このような↓黒いものが散乱してはいませんか?エンジンルームを開けてチェックしてみましょう。
b0144624_20572086.jpg

b0144624_20574517.jpg





これは、そう・・・




b0144624_2059072.jpg


オルタネーターのプーリー部分から出てきたモノ。。。




でかいナットを外してみると・・・


b0144624_21061.jpg


中のダンパー部分はボロボロ・・・・・




b0144624_2114919.jpg

完全に破れて分離しちゃってますね~。

こうなると、
プーリーだけカラ回りして、発電しなくなり
バッテリー警告灯(チャージランプ)が点灯します。
            

通常、チャージランプが点灯すると
オルタネーター自体(レギュレーターなど)の不良という場合が多いので
即オルタネーター本体(ASSY)交換なんですが、
このプーリーを採用している
・ルーテシア
・カングー
・メガーヌ
などは、まずはこの部分を疑った方がよいでしょう。



このクルマ(カングー)は、かろうじて発電していたようで
チャージランプは点灯してませんでしたが、
「キィ~」という異音にオーナーさんが「コレはおかしい!」と気づいて緊急入庫となりました。

異音の原因はコレ↓
b0144624_21153938.jpg

b0144624_2116818.jpg


プーリーとダンパー(ゴム)部分が分離してしまっているので
プーリーのアルミの部分と
オルタネーターのボディー部分が接触して異音を発生させます。




b0144624_21184187.jpg

↑ゴムダンパー無しのプーリーに交換しておけば
今回のような故障は防げるでしょう。




オルタネーター脱着の際、
パワステのパイプを外すので
この機会にパワステフルードの交換もおススメしています。
(パワステフルードもたまには交換してあげましょう ♪)



コレ↓はパワステフルードタンク内にあるストレーナ(フィルター)
b0144624_21241132.jpg

清掃前




清掃後↓
b0144624_2126876.jpg





タンク内清掃前↓
b0144624_21271512.jpg





清掃後↓
b0144624_21282197.jpg





b0144624_2129710.jpg


本来パワステフルードも透き通っています!
ルノー車では
パワステフルード漏れなどの故障は少ないですが、
黒くなってしまっているフルードはよろしくないですね。
キャップをあければ簡単に見ることが出来るので
一度チェックしてみましょう。





おまけ

イグニッションコイルの配線をカバーしているチューブが
ボロボロになっている固体もタマに見かけます。
b0144624_2136207.jpg


この状態でも通常カバーが付いているので見えないですし
回りが樹脂なので万が一配線の被服が破れても
ショートすることは無いかもしれませんが・・・




b0144624_21382447.jpg


やっぱりこの方が気持ちいいですものね~ (^^*)






b0144624_21403920.jpg

[PR]

by french_garage | 2011-01-08 21:44 | カングー(Kangoo) | Comments(2)  

アーシングの必要なクルマ。

今日の九州、福岡地方は久々の晴天 σ(゚ー^*)



こんな方が遊びにいらしてくれました~ ♪




























b0144624_19541093.jpg




”きのやん”改”あかやん”さんです!(爆)




反対側からみると・・・・・↓

















b0144624_19554657.jpg



正面からは・・・・・・

















ハズカシクて見せられません(笑)


遠路はるばる、ミカンの国からイチャモン付けにお祝いに \(^ ^)/

来週も来て下さるそうです(謎)
(ありがとうございました~)










え~、
そんなことは置いといてっと、


今回も暑い時期のお話です。。。


BMW E39 525i。



b0144624_2072241.jpg





オルタネーターが・・・・・OUT。



エンジンルームの分かりやすいところに取り付けてあるのですが
作業性はイマイチ・・・(汗)。
b0144624_20101341.jpg

b0144624_20105327.jpg





本来オルタネーターなんて
そう悪くなるものではないので(アタリ、ハズレはあるかもしれませんが・・・)
やはり、なにか負担になっていることがあるのでしょう。



特にメルセデスやBMWなどのD車は
バッテリーがトランクルームなど離れた場所に取り付けてあります。

そうなると、主に電気を使ったり、発電している場所(エンジンルームなど)から
とおーくはなれたところにバッテリーがあるわけですね~。

メインのアース線(バッテリーのマイナスから出ている線)は
バッテリーのすぐ近く(トランクルーム内など)で落と(ボルト止め)してあります。
それで、ボディーやフレームなどをアース線とみなして(ボディーアース)
さまざまな電気回路が成り立っているわけですが・・・


ン~、
やっぱり遠いんですね~。


これはやっぱり、オルタネーターやその他電気で動くモノの負担や適正な電力で動いていない可能性があるわけでして・・・




なんや、かんや言いましたが
コレ↓です!
b0144624_20243675.jpg




S.B.Tで蒼い配線といえば・・・



b0144624_20252349.jpg


ワンオフアーシングどぇす。


いやぁ~、
トランクルームまで配線すると
えらいこっちゃですが、(しかも、途中配線をきらずに1本モノです!)
効果はありますな。(多分・・・)




写真では分かりづらいですが、
b0144624_20294212.jpg


b0144624_2030887.jpg


発電量(電圧・電流ともに)が”ビッタリ”落ち着くんです!
コンマ何ボルトなんですが
数字(針)がほぼ触れずに落ち着いていると
「安定してるなぁ~」
って感じで、これをみるだけでも気持ち良いです d(^^*)




ただ、アーシングをやると
壊れなくなるんですよね~。。。(ボソ)



その分メンテナンスが出来て
いつまでも調子良く乗っていただくのがS.B.Tの願いです (ホント)
[PR]

by french_garage | 2010-12-18 20:43 | その他の車たち | Comments(4)  

夏のおもひで・・・。

昨日、エアコンネタでしたので
もうひとつ。




b0144624_2059094.jpg


VW(フォルクス ワーゲン)Lupo(ルポ)です。




今回は単なるガス抜けでして、


エアコンガスの圧力を検地しているスイッチ(センサー)と
b0144624_2105910.jpg




b0144624_2121143.jpg

このあたり↑のパイプのつなぎ目から
エアコンオイルでの漏れが確認できましたので
プレッシャーセンサーは部品交換、
つなぎ目はOリングを交換です。




怪しげな添加剤↓と(笑)
b0144624_2141750.jpg

次に漏れが発生したときに
発見しやすいよう蛍光剤をエアコン回路内に注入しておきます。




せっかくの?エアコン修理なので
b0144624_2155743.jpg

ポーレンフィルターの交換も忘れずに!





b0144624_217199.jpg

b0144624_2173368.jpg


なんだか愛くるしい顔つきです (ハート)

コレくらいのサイズのクルマって
今となってはキチョーですね~。






ちなみに、



今日のFrench Garageは・・・・・











こんな感じ。。。↓
b0144624_21113839.jpg





b0144624_21134699.jpg





b0144624_2115778.jpg




たくさんの変な楽しいクルマと
そのオーナーさんたちに囲まれて
シアワセな気持ちでいっぱいです!


なんだか急にこんなことになって
嬉しいやら、申し訳ないやら、複雑な気持ちです。。。
(これからも続きますように・・・(願))


お待たせしている皆さん、
私に伸びる手をあと2本ください(笑)

ではなく、スミマセン・・・今しばらくお待ちください
[PR]

by french_garage | 2010-12-03 21:23 | その他の車たち | Comments(4)  

こんなことも・・・。

起こりうる。。。




b0144624_19233332.jpg



と、いうことで、
ルーテシア2 フェーズ2 1.4。


この車両はS.B.Tの中古車その③ではなく、
メンテナンスユーザーさんの車両です。(なんかややこしい・・・(笑))




そう大したことではなかったのですが、
リヤドアが、
”車内からドアハンドルを操作すると開けることができる”
が、
”外からドアハンドルを操作しても開けることができない”
と、いう症状。


最初は
「チャイルドロックがONになっていて・・・」なんて考えもしましたが、
冷静になると逆のパターンですよね・・・
チャイルドロックの機能って (笑)




こういう場合は
ロック装置本体の不良で、部品交換というパターンも想像していました。
(MEGANE 2なんかで事例がありました)



ところが、どっこい (笑)

アウターハンドルのロッドが外れているだけ。。。↓
b0144624_19411738.jpg




でも、
外れるのにはそれなりの理由(故障)があるわけで・・・

その原因は、コレだ~↓
b0144624_19434982.jpg

b0144624_19442616.jpg

この黄色い部分に
アウターハンドルのロッドが刺さっていてロックされているのですが、
そのロックする部分が割れてロッドが外れていました。

多分経年劣化でしょう。



が、


しかし・・・・・




欲しい部品といえば
この↓黄色い樹脂パーツの部分だけ。
b0144624_1948212.jpg


ですが、

ありません・・・

無いんです、部品として・・・設定が。


ですので、
部品交換となると
ロック装置ASSY(アッセンブリー)です(爆)


そこで、
今回はこういった↓処置で対応しました。
b0144624_1952458.jpg



これで、しばらくは良いと思います、です、ハイ!




この樹脂部品は
他のクルマ(日本車も含め)でも流用できそうですが、
ロッドの形状や太さ、刺さる部分の長さ(深さ)など
実は結構な種類が存在し、
以前Tヨタ関係の仕事をしていたとき
同じTヨタ車同士でも流用できるものは少なかったように思います。


今回はどうにか応急処置できましたが
コレで持ちこたえてくれるようならば
このままで良いでしょう ♪
[PR]

by french_garage | 2010-10-20 20:06 | ルーテシア(Clio RS&V6) | Comments(2)  

O2センサーは・・・。

消耗品だそうです(爆)
(ラムダセンサーとも言う)


走行30,000Kmごとに定期的な点検をおすすめします。
ランダムセンサーを交換すると・・・(参考)
1)最大で15%燃費向上(年に12,000Km走行した場合、約30,000円節約できます)。
2)触媒の損傷を防止。
3)最適な空然比を約束。よりよいエンジン性能を発揮。

※ボッシュ・イン・ジャパンHPより抜粋




前回電動サーモスタットなるものを交換したゴルフⅣ。



またまた、エンジンチェックランプが点灯したのですが、
極端に調子悪いわけではないらしいのです。。。





b0144624_1751577.jpg

いや~、購入して言うのもなんですが、
このインチキくさいエンジンのみ診断できるというテスター。
意外と役に立ってくれます(笑)




で、O2センサーを交換。
b0144624_1881676.jpg




コチラ↓が新品。
b0144624_1893234.jpg

ネジ部には
焼き付き防止のために専用グリスが塗布してあります。

コレが焼き付いていると
かなり厄介なんですよね~(泣)
取り外すときはいつも”ドキドキ”します(汗)


無事に外れて”ホッ”とする瞬間(笑)
b0144624_18115327.jpg

見た目では良否の判定はできません(アタリマエか~(爆))


本来は、こんな↓波形を見て

良否判断を行います。






モチロン、
センサーだけを交換して「ハイ、終わり」
というわけではありませんです、ハイ。

空燃費に関係する部分は点検しましょう ♪

b0144624_18192052.jpg

スパークプラグの状態を点検して、清掃または交換。(今回は交換しました)

予断ですが、
このゴルフⅣ、プラグ交換が”ヒジョー”にやりにくいです(大泣)(滝汗)




それから、
b0144624_18232088.jpg

エアクリーナーエレメントも点検。(ってこの状態は要交換ですな・・・)






その他、外付けの燃料フィルターなども交換時期であればお勧めいたします。

厳密に言うとインジェクターまで取り外して
噴霧状態の点検と音波振動による清掃までやると完璧でしょうね ( ̄ー ̄(_ _( ̄ー ̄(_ _





b0144624_18271095.jpg

このときすでに15万キロオーバー。。。

O2センサーもよくここまで持ちこたえたといっても過言ではないでしょう。
[PR]

by french_garage | 2010-10-19 18:32 | その他の車たち | Comments(2)  

A/Tが・・・。

あまり調子がよろしくないとの事・・・。



b0144624_852576.jpg


VWゴルフⅢです。





まずは、
オートマチックのオイルパンを外して
b0144624_8533726.jpg

(フィルターとバルブボディーが見えます)





バルブボディー周りを清掃して、
フィルター(ストレーナー)を交換。
b0144624_8552728.jpg

手前側が新品。






オイルパンの中には
鉄粉などを除去する目的で
マグネットがありました。
b0144624_857576.jpg

鉄粉だらけです↑





オイルパンの中とマグネットをキレイに掃除して組み付けます。
b0144624_8582114.jpg


あとは
規定量A.S.H(アッシュ)のATFを注入します。





アーシングも
施工させていただきました~♪

b0144624_904779.jpg



ココと、
b0144624_913440.jpg




b0144624_921283.jpg

こんなところと、

ココを通って、
b0144624_923983.jpg




b0144624_932278.jpg

こんなところも!


あ!
良いポイント見っけ♪
b0144624_934065.jpg




b0144624_942740.jpg

バッテリーの-端子へ。






コレ
貼らせていただきました~ d(^^*)
b0144624_973047.jpg






車齢は12年ですが
走行距離はその車齢の1/3。
b0144624_912373.jpg


その後、お元気にお過ごしでしょうか~ ヾ(´∀`)ノ

走行距離だけではなく
経過年数に応じたメンテナンスも必要です。
[PR]

by french_garage | 2010-09-03 09:18 | その他の車たち | Comments(4)