タグ:アーシング ( 13 ) タグの人気記事

 

ルノー、PSAの4速オートマ

グラカンネタはちょっと一休み(^-^)

久しぶりにオートマチックのお話し。

ルノーではDP0、PSAではAL4という呼称の4速A/Tで、
巷ではあまり評判良く無いですが概ね故障パターンは決まってます。
ただ、酷使されてるのにノーメンテで、完全滑ってるパターンはダメですよ~。
(バックするけど前進しないとかはダメ×)

トルクフルなA/Tで自分は全然大好きになりました!(^^)!
現に当方の代車達はこの4速A/T。
すでにみんな10万キロオーバーで1台はもうすぐ20万キロですが、
今のところ大きく壊れる不安はありません。
定期的に良質なATFでの交換と、
バルブボディーO/H済で今後も大丈夫だと思います。
(絶対ではないでしょうけど)
20万キロ近いルーテシアはまだバルブボディーO/Hやってないんですが、
まだ絶好調なんですよね~♪
ユーザーさんからも
「同じA/Tですか?」とか「A/T調子イイですね」って言われます(^^)

やることやっておけば全然怖くないっていうのが
どんなクルマのA/Tにも言えることではないでしょうか。


さてさて、
前置きが長くなりましたが
おフランス4速A/Tの不調でもイレギュラーな不具合です。

クルマはプジョー308ハッチバック。
b0144624_18471540.jpg


このAL4やDP0で多い故障パターンはA/T警告灯点灯で3速固定なんですが、
(寒い時期に登坂路でアクセル踏み込んだ時というパターンがまた多い)
今回は警告は出てません。
なので、テスター上も故障コード無し。

不具合現象は
スタート時1速~2速変速時のシフトショック。
シフトアップ時のみでダウン時は問題なさそう。

シフトショックといっても人それぞれ感じ方も違うと思いますが、
明らかにショック大。
わかりやすく言うと、
不意に背中を片手で押される感じでちょっと首がムチ打ち気味になるくらい(^_^;)
多分、1速からいきなり2速ロックアップ(直結)で変速している感じですね。
正常時はショックが過大にならないように1速から2速は若干滑らせながら変速して、
そこから2速のロックアップ⇒3速ロックアップ⇒4速ロックアップというパターンです。
2速スリップ~2速ロックアップは瞬間的ですが、
よくよくタコメーターと変速する感じを観察していると5回変速しているように感じると思います。

油圧を観察するとライン圧(メインの油圧)がECUの指示圧より低い。
やはりいつものソレノイドバルブに問題がありそうな感じです。

初めてのユーザーさんでしたが、
ATFは定期的に交換(車検毎)されてこられたとのこと。
走行距離は10万キロオーバーでしたが、
それならA/T本体は大丈夫だろうという事でバルブボディーO/Hの方向で話を進めます。

しかし、この時すぐにお預かりできる状態ではなかったので
後日お預かりすることに。
で、
ちょっと実験的にテスト用のコレ☟をお貸しすることにしました。
b0144624_2021864.jpg

シルキーユニット( ̄ー ̄)ニヤリッ

この不思議な箱
バッテリーの+-に接続するだけの簡単設置なんですが、
色々不思議なことが起こります(^^)
その昔、ホット〇〇〇マとかコンデンサータイプの同じような商品がありましたが
排除命令が出てからすっかり見かけなくなりました。
コチラの不思議な箱は単なるコンデンサーとかではないらしく、
クルマのECUやその他電装品に溜まった静電気等邪魔なものを削減して
ちゃんと動かしてやろうというコンセプトのモノらしいです。
詳しくはコチラ☟
b0144624_18355162.jpg

b0144624_1836181.jpg
b0144624_18361349.jpg


実は10年くらい前にも今回の308と同様の症状のクルマがありまして、
そのクルマはVWゴルフⅢだったんです。
走行は確か3万キロ台と少なかったんですが、同様に1速~2速でのシフトショック過大でした。
ATFは未交換だったようで、フィルター換えて複数回ATFも交換して体感的に3~4割くらい改善。
さらにアーシングで大体体感的に6割くらい改善したんですが、
やはり最終的にバルブボディー交換かなぁ~なんて思っていたんです。
ちょうどそんな時にある業者さんが来ててこの不思議な箱を試してみないかって言われたんです。
私「こんなモノで故障が治るんだったら整備士はいらん!」って半分キレ気味で言ったんです(笑)
業者さん「まぁそう言わずに試しに付けてみて(^_^;)」っていう事で、
早速取り付けてその業者さんと同乗走行することに。
走りだして最初の1~2速の変速の時にドンッってショックがありました。
私「ほらね( ̄‐ ̄*)治るわけがない」
業者さん「一旦路肩に停めてください」
私「ハイハイ・・・」
で、リスタートしてからの変速・・・・・・・・・・・・・・

アレ???

ショックが全然無い~(ー△ー;)エッ、マジ?!!!


ってことで、
それからこっそり(ってワケでもないですが)テストや修理でこの不思議な箱を使ってきました。

まぁオカルトグッズと言われればそういうものなのかもしれませんが、
これはちゃんと効果がある(出る)ものだと思います。
効果があるから逆に怖いこともあるくらい(^^;
この辺のことはまたグラカンの時に書こうかと思います。

そんなこんなであまり万人受けするモノでもないので
ユーザーさんにも積極的にお勧めはしてこなかったんですが、
最近色々思うところもありちゃんとクルマのことやメンテナンスのことを理解して
大事に乗られている方にはお勧めするようにしました。
(って、ほとんどのユーザーさんが当てはまりますが ^^) )
ここ半年ちょっとで随分取り付けました。

最近のクルマはオリジナル状態でアースポイントをちゃんと考えられて設置してあるように思うので、
アーシングってそれほど必要無いのかなぁ~って思ったりします。
否定するわけではないですが、
アーシングには無い効果や保護機能がこの不思議な箱にはあるように思えるので。
+アーシングっていうの最強なのかもしれませんが、
何事もやり過ぎは良く無いというのも経験してます(^-^;

例に漏れずこの308も修理前に不思議な箱を取り付けて
一旦お帰りになられました。
その際お伝えしたのが、
「この不思議な箱を取り付けたことによってシフトショックは軽減されるかもしれません、
 しかし、逆に悪い部分が露呈して警告が出て3速固定になることもあります」
「もしくはエンジン系統や別の部分が・・・」
そう、不思議な箱はちゃんとしてる(マジメな)のでw
悪いヤツは悪いって言っちゃうことがあるんです(笑)

以下308オーナーさんがお帰りになって早々にいただいたメールです。
----------------------------------------------------------------------------
先日は車の修理に関するカウンセリングを頂きありがとうございました。
素人の私に解りやすくご説明頂き助かりました。
早速ですが、その後のオートマの調子についてご報告します。

その後、静電気除去装置を装着頂いた後は、1→2速のシフトショックの頻度・程度は、明らかに軽減していると思います。

ビックリです。あれだけ、毎回、シフトショックが発生していたのに、御社工場を出た時から、治った?と思わせるほど、軽減しました。ありがとうございます。

後は、ATを、O/Hすれば全快するのではと期待します。

----------------------------------------------------------------------------

その後修理でお預かりして私も確認しましたが、
明らかにショックは軽減されてました。
体感8割くらいでしょうか。

しかし、若干残ったショックと
この先も調子良く乗りたいとのことでバルブボディーO/Hを実施。
オイルパンにある磁石☟
b0144624_19425833.jpg

鉄粉の量がスゴイです(^^;
b0144624_19434664.jpg


バルブボディー全体の汚れも結構なモノ。
b0144624_19442861.jpg

b0144624_19444310.jpg

b0144624_19445417.jpg


分解して。
b0144624_19451994.jpg

b0144624_1945421.jpg

b0144624_19455911.jpg

よく汚れてますね~。

ソレノイドに付着した汚れ☟
b0144624_19472516.jpg

b0144624_19473756.jpg

☝手前の新品と比べると汚れ方が解ります。
この2つのソレノイド、ライン圧用とロックアップ用は交換です。

b0144624_19491274.jpg

☝ボルトを洗っただけでもこの汚れ・・・。(1本ずつ洗います)☟
b0144624_19575170.jpg


☟こちらはシフトソレノイド洗浄前。
b0144624_19512959.jpg

b0144624_1951423.jpg

☝洗浄後。

で、このシフトソレノイドのパッキンがふやけたり緩くなっているモノは交換してます☟
b0144624_19524699.jpg



全て洗浄後☟
b0144624_19534432.jpg

b0144624_19541987.jpg

b0144624_19542830.jpg

b0144624_19551853.jpg

b0144624_19555559.jpg

☝こういう針の孔みたいに小さい穴は汚れで詰まり気味になるとよくないですね。
b0144624_19565619.jpg

b0144624_1957940.jpg

b0144624_1958442.jpg

b0144624_19585971.jpg

☝ATFは計3回抜き。
右が最初に抜いたモノで左が最後に抜いたモノ。
なので一番左よりも現在(この時点で)はキレイなATFが入っていることになります。
汚れ方からすると2年毎より年1回/1回抜きで交換された方がより良いでしょう♪



いやぁ、ちょっと長くなりましたが
ここまで読んでくれた人はお疲れさまでした~<(_ _)>


ではでは。
[PR]

by french_garage | 2017-03-18 20:11 | Peugeot | Trackback | Comments(2)  

シトロエンも増殖中。

珍しく更新しております(笑)




b0144624_1903454.jpg


シトロエン C2。
ここ福岡ではそんなにお目にかかれないクルマですが、
2台同時に入庫していたということがありました~(過去形)





b0144624_193224.jpg

なんていうボディーカラーかわかりませんので申し訳ないですが・・・(汗)
奥の”黄緑”が後期?で
手前の”青”が前期?だと思います。。。



内装も結構違うところがありました。



メーターパネル↓
b0144624_1961025.jpg

コチラ↑は前期。




コチラ↓が後期。
b0144624_1971817.jpg






インパネ回り↓
b0144624_1981082.jpg

↑は前期。




↓が後期。
b0144624_199191.jpg






シフト付近↓
b0144624_1995243.jpg

前期。




後期。
b0144624_19103829.jpg


センソドライブのシフト操作も違ってましたね~。





”黄緑”の方はアーシングとオイル交換で。
b0144624_1913485.jpg

b0144624_19361336.jpg

b0144624_19374521.jpg






”青”の方はドライブベルトテンショナー交換(異音の為)とマフラーの取り付けなおしその他で。






現在も(進行形)C3が居たりします (^_^)





b0144624_1918897.jpg




この年代あたりのあまりホットではないコンパクトハッチ、良いですね~ (*^^*)
ルノーだとルーテシア2や初代トゥインゴ
プジョーだと206(205も?)。


だんだんと数は少なくなっていくのでしょうが
「このサイズじゃないとね~」っていう方がフランス車乗りには多い気がします。

なので、大事にされているオーナーさんが多いのも事実。
そんなオーナーさんが集うS.B.Tだったりします ( ^-^)
[PR]

by french_garage | 2012-06-19 19:38 | Citroen | Trackback | Comments(0)  

アーシングで・・・。

すぐにバレてしまったクルマはコレ↓




























b0144624_20243241.jpg


ゴルフⅡです。

いや~、懐かしい ♪
その昔所有してたんですよね~。(GTIが欲しかった~(爆))
欧州車の良さを教えてくれたクルマです!




クルマ当てクイズの画像はさておき
その前にアーシングで入庫いただいてました。




b0144624_20282493.jpg

↑元々それなりにアーシングしてありましたが
私がやるアーシングの効果のほどを知りたいということでご依頼いただきました(キンチョー)

なので、前からあるアーシングは取り外して配線を引き回してみました。。。




b0144624_20313454.jpg




エンジンECUはこんなところに・・・。
b0144624_20321786.jpg


私が乗っていたGLiは、この場所↑の水はけが悪く(ドレンにゴミが溜まって)
コンピューターがどっぷり水に浸かってました~(爆)
それでも何の不調もなく動いてましたヨン ♪




以下の動画は、全負荷時(エアコンON、ライトON)の充電電圧です。






コレ↑はアーシング前。(元々のアーシングはそのまま)






S.B.Tアーシング後↓


電圧の安定感は変わりませんが
充電電圧が上がってますね~。

※注)
これは、全てのクルマで目に見える結果が出るとは限りません。
フィーリングなどのみ改善する場合もあります。





その後のオーナーさんの感想によると
「走りが力強くなった!」そうです ♪
”トルク感が増した”っていうことでしょうか。
効果を体感していただいて満足満足~ \(^ ^)/


ただし、オーディオが壊れてしまいました~。
この壊れ方もなんか変で、
まずラジオの選局ができなくなっていて
ボタン操作ががバラバラになるという奇奇怪怪な壊れ方に。。。。。
(↑例えばボリュームがイジェクトになったり・・・)


事前にオーナーさんにも伝えていましたが、
アーシングを施工することによって”膿”が出ることがあります。
これは、壊れかけ寸前のモノが(例えば何らかの警告灯がチラついている場合など)
良くなった電気(電子)の流れに耐え切れなくなり、トドメを刺してしまうというもの。

一番影響を受けやすいのが旧くなったバッテリー。
それまでの充放電状況にもよるのでしょうが
3年以上経過しているものは、アーシング後にイグニッションONで逝ってしまいます(爆)

このように、バッテリーが逝ってしまったり
オーディオが壊れたりするということは、
「アーシングって影響あるんだなぁ~」ってしみじみ思います。


あ、
オーディオは後日新品に交換されました~ d(^^*)




以下、内装の画像をお楽しみください <(_ _)>




b0144624_2153036.jpg


良いですね~、シンプルなインパネ!
ステアリングは”ナルクラ”でしょう ♪(ブラックスポーク派のヒト居ます~?)







シートはレザーに変更されてます!
b0144624_2171620.jpg





それでは、また。
[PR]

by french_garage | 2011-06-02 20:21 | その他の車たち | Trackback(1) | Comments(4)  

A/Tが・・・。

あまり調子がよろしくないとの事・・・。



b0144624_852576.jpg


VWゴルフⅢです。





まずは、
オートマチックのオイルパンを外して
b0144624_8533726.jpg

(フィルターとバルブボディーが見えます)





バルブボディー周りを清掃して、
フィルター(ストレーナー)を交換。
b0144624_8552728.jpg

手前側が新品。






オイルパンの中には
鉄粉などを除去する目的で
マグネットがありました。
b0144624_857576.jpg

鉄粉だらけです↑





オイルパンの中とマグネットをキレイに掃除して組み付けます。
b0144624_8582114.jpg


あとは
規定量A.S.H(アッシュ)のATFを注入します。





アーシングも
施工させていただきました~♪

b0144624_904779.jpg



ココと、
b0144624_913440.jpg




b0144624_921283.jpg

こんなところと、

ココを通って、
b0144624_923983.jpg




b0144624_932278.jpg

こんなところも!


あ!
良いポイント見っけ♪
b0144624_934065.jpg




b0144624_942740.jpg

バッテリーの-端子へ。






コレ
貼らせていただきました~ d(^^*)
b0144624_973047.jpg






車齢は12年ですが
走行距離はその車齢の1/3。
b0144624_912373.jpg


その後、お元気にお過ごしでしょうか~ ヾ(´∀`)ノ

走行距離だけではなく
経過年数に応じたメンテナンスも必要です。
[PR]

by french_garage | 2010-09-03 09:18 | その他の車たち | Trackback | Comments(4)  

MEGANEなんですけど・・・

Ⅰ(ワン)です!





b0144624_10262652.jpg


メガーヌ1自体少なくなりましたが、
後期モデルのPh2は元々少ないですね。




この固体は
程度良すぎです(笑)
確か走行は3万キロ台だったような。。。

モチロン内外装も極上!




乗ってみると
A/Tの調子も良く
ストレスになるような変速ショックもありませんでしたが、




b0144624_10322145.jpg


予防接種として
アーシングのご依頼です。




夕方近くから
アースポイントなどかる~く構想を練っていたんですが、
気が付けば午前様。。。
アーシング終了。。。。。

たまに動きが止まらなくなるときがあります(爆)
[PR]

by french_garage | 2010-05-27 10:36 | メガーヌ(MEGANE) | Trackback | Comments(4)  

シトロエン C4 アーシング。。。

b0144624_96957.jpg


それにしても、
フランス車となると後姿ばかりの画像になってしまいます(笑)
(イタ車もそうかな?)



その他の地域のクルマではあまり無いことでしょう。




え~、
お題の通りアーシングですが、
b0144624_910244.jpg

この↑画像では
すでに”終了~”してます。

少し”青い”線が見えますが
あとはエンジンカバーなんかで何をしたか良くわかりませんね~(笑)
(それでなくても配線などあまり目立たないようにしますけど・・・)






アーシング中の画像↓
b0144624_914346.jpg

いろんなとこ、
外せるだけ外してなるべく最短で
効率よく?配線を引き回します。






b0144624_9164776.jpg


アーシングする前に試乗させていただいたんですが、




いいですね~ (v^ー°)
乗り心地。
いや~、
最高 σ(゚ー^*)・・・・・・・・・・・・・・・・・・






そうじゃなくて・・・
やっぱりオートマチックの変速なんかは変。(ダジャレを言うのはダレジャ・・・。)

ルノーでいうところのDP0というオートマチック。。。

プジョーでいうところの・・・・・・・・・・え~、
なんだっけ?・・・・
忘れました(爆)

シフトダウンのショックはあまり感じなかったけど
シフトダウンしなくて良さそうなところで
シフトダウンしてみたり・・・
下り坂なのに
ず~っと2速で走ってみたり・・・。

ルノーチックでした(笑)




アーシング後
少し乗った感じでは
その辺の変な変速(ダジャレです(認))は
改善されたように思えました。



その後、どーなんでしょう???


聞いてみましょう(^^*)
[PR]

by french_garage | 2010-01-26 09:28 | Citroen | Trackback | Comments(6)  

これがFrench Garage!

ってな感じになりました!




b0144624_15543112.jpg


まずは、PSAグループ。

プジョー106 S16に
シトロエン C4。





b0144624_15571727.jpg


そして、ルノーでは

R19(ディズヌフ)と
その末裔、メガーヌ1 クーペ16V。





詳細はずーーーーーっと後になるかもしれません(笑)
[PR]

by french_garage | 2009-12-12 15:59 | S.B.Tのおススメ! | Trackback | Comments(6)  

ゴルフ4車検整備。。。

最もメジャーなドイツ車、


というより、メジャーな輸入車のGOLF Ⅳ ワゴン。




b0144624_21143975.jpg



「ルノーしか出来ないんじゃ~ないの?」と、思っているあなた!

ええ、フランス車(ルノー)だけではありませんよ~。


とりあえず「クルマ」なら何でもOKです(笑)
(特にクルマ好きの方なら大歓迎σ(゚ー^*))






車検整備をご依頼いただいたゴルフなんですが、
検査の方は滞りなくパスしまして、
S.B.Tで点検、車検をご依頼いただくと
漏れなく付いてくるのが↓
b0144624_21182118.jpg

(清掃前)

b0144624_21185666.jpg

(清掃後)

スロットルボディーの清掃です。
(一部とんでもないところにスロットルが付いている車種は別の方法で・・・)

やっぱりアイドリングが落ち着いて、
レスポンスも良くなり、
走りもスムーズです(^^*)






ご依頼事項にひとつ気になることがありました。

それは、たまにチャージランプ(赤いバッテリーマーク)がちらちら点灯することがあるらしいのです。

私もエアコンやヘッドライトを点灯させて(電気負荷を与えて)テストしましたが
再発せず・・・。

充電量に多少バラつきがあるのでオルタネーターはオーバーホール、もしくはリビルトなどに交換がよろしいかとお勧めはしました。

まぁ、なんといっても走行13万キロ(5年目ですが・・・)。
寿命がきてもおかしくはない走行距離ですが、
交換する前にやっておきたいことがあったので
オーナーさんの了解を得てやってみました。




b0144624_2130813.jpg

それは”アーシング”(アースの最適化)

全然アーシングの配線などは画像にありませんが、
外せるものは外して最適な”アースポイント”
探してますの画像。。。





↓一応テスター上の結果です。
b0144624_21325524.jpg

b0144624_21332723.jpg

アーシング前は電圧13.70V~13.99Vの範囲でうろうろしてました。




b0144624_21353332.jpg

それが電圧14.00Vで安定!

動画ではないので信憑性に掛けますが(汗)
このときは一定で安定しておりました。

以前トゥインゴに2台ほどアーシングしたときも同じような現象が起きております。


電圧は高すぎても、低すぎても良くないし、安定しているのが一番良いのですが、
正直”気持ち悪いくらい”安定してます(笑)



その後、しばらく経ってオーナーさんにお伺いしたところ
調子もよく、チャージランプの点灯も無いとのこと。


以前BMWの5シリーズ(E39)でもチャージランプを消すことにアーシングで成功?したので(笑)
今回もチャレンジしてみました。(いやぁ~良かったよかった)


※注)
ただコレはオルタネーターの延命にしかならない可能性がありますので
適宜オーバーホールなりの整備が必要になるかもしれません。
[PR]

by french_garage | 2009-11-25 21:49 | その他の車たち | Trackback | Comments(7)  

サンク Baccara どーも不調(_ _|||)

と、いうことでR5 GT-T 《サンク GTターボ》譲ります。のけんじさんの”バカラ”です。


b0144624_2054683.jpg


つづく・・・。
[PR]

by french_garage | 2009-01-06 20:47 | サンク(R5) | Trackback(1) | Comments(2)  

例の物を・・・

取り付けさせていただきました。↓
b0144624_17262757.jpg

こういうものは何でも試してみないと判らないじゃ~ないですか。

シルキーユニット
私的にはいろんなことで体感できる、というかただ燃費が良くなるとかじゃなくて例えばエンジンのちょっとした不調や、オートマチックの不調、コンピュータの不具合記録も無くデータ的にも問題ないけどなんか調子悪い・・・そんなおクルマは1度試してみる価値はあると思いますよ。

欲を言えばアーシングとセットでがお勧めです。

も一つ欲を言えばA.S.H(アッシュ)オイルもセットがお勧めです。(コレ本当!)


b0144624_17531152.jpg

オーナーさんインプレお待ちいたしております(^_^)

今日はMEGANE DAYでした。
b0144624_1749710.jpg

[PR]

by french_garage | 2008-07-19 17:53 | メガーヌ(MEGANE) | Trackback | Comments(4)