<   2014年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

オレのRS メンテナンス&モディファイ

書きやすい溜まってるネタから放出します(笑)

最近でもルーテシアRS関係でもよくお問い合わせ受けるのですが
クリオ2RSはサイズ感がちょうどいいのでごくごく一部の方に支持されておりますw

さて、時系列にささッといきますよ~。
2013.2ごろから(爆)
まずはO2センサーネタ。
b0144624_17273680.jpg

上流側のO2センサー。
現在のクルマのほとんどは、上流・下流と2つのO2センサーがあり
主に上流側がお仕事たくさんしてます(^^)
10万キロオーバーなので消耗品と考えて交換します。




っと、その前にセンサーデータをモニターしてみました♪

冷感時から心電図みたいなデータをモニターします。(水温も見てくださいね)
b0144624_1732348.jpg

おっと、早くも動き出したかなぁ?


あれ?
b0144624_17335925.jpg



”ピィー”
b0144624_17344672.jpg



水温50℃あたりからやっと動き出したかと思えば・・・
b0144624_17374860.jpg



ヲイヲイ、水温80℃って完全暖気でっせ(^^;
b0144624_17393990.jpg

すでにアイドリングで15分ほど経過。。。


おぉッ
b0144624_17421814.jpg



あれッ???
b0144624_17433715.jpg



ウムムムムッ
b0144624_17442889.jpg




b0144624_17453166.jpg

b0144624_17455984.jpg

あぁ~やっと動き出しました(^^;

ここまでで約20分かかってます。
最近のO2センサーはヒーター付が多いのですが
無論「オレのRS」もヒーター付です。
このヒーターとは、
エンジン始動後素早くセンサーに仕事をさせるためのモノ。

以下O2センサーとは。
O2センサは排気ガス中の酸素濃度を検出し、電気信号として出力するセンサである。 ジルコニア式O2センサは画像のように試験管状のジルコニア素子の表面に起電力の増幅作用をする白金をコーティングしたもので内面に大気を導入し、外面は高温の排気ガス中にさらされる。 ジルコニア素子は、高温で内外面の酸素濃度の差が大きいと起電力を発生する性質がある。 この起電力は理論空燃比付近で急変するという特徴を持ち燃料噴射量の増減補正の判断に利用されている。 最近は内部にヒータを組み込んだものが多く使用されている。 O2センサヒータの役目は、暖機途中の空燃比フィードバックの開始を早めることで暖機過程の燃費向上を図ることと、軽負荷時のジルコニア素子の温度が一定になるようにして、O2センサ信号の精度を上げることである。

です(^^;

多分このヒーターが効いていないのでしょうね。
完全断線していればエンジンチェックランプ点灯でテスターにもフォルトが残るんでしょうけど・・・(^^;


で、交換します。
が、今回は意外とすんなり外せたのですが
中にはネジ部が固着していて外れない、
もしくはネジ山ごと取れてしまう(ナメル)ケースもあります。
そうなると大変(^^;


b0144624_1755252.jpg

b0144624_17555378.jpg

b0144624_17571419.jpg

新品のネジ部には焼き付き防止グリスが最初から塗ってあります。



以下交換後のデータ。
(一度テスト走行して慣らしてから)


b0144624_184596.jpg

b0144624_1812724.jpg

b0144624_1813451.jpg

b0144624_18133198.jpg


おぉ~、良いですね(^^)
水温40度くらいから元気に仕事してます♪

O2センサー交換してからアフターファイヤーが少なくなりましたね~。
この後からガソリンにもこだわって、
貝殻もしくはアポロマーク、この2ブランドでのみ燃料を入れるようになって
アフターファイヤーは皆無♪
燃費も2割くらい伸びて
始動性・吹け上がり・レスポンスも良くストレスなくなりました~\(^ ^)/



プラグコードも青いヤツに交換。
b0144624_18222282.jpg





それから、これも付けてみました。
b0144624_18261121.jpg

V-UP16

これは、イグニッションコイルの電源電圧を上げて
ピックアップ及びプラグスパークを強く(ミスファイヤーを防ぐ)してあげようってシロモノ。
乗用車は大体12Vなので、
12Vで動いているIGコイルを16Vで動かしてパワーUP!ってことです。
※クルマ自体がパワーアップするわけではありませんw
b0144624_18372580.jpg

b0144624_18373592.jpg


ですが、駆動時はノーマルでも14Vくらいで動いているIGコイルですので、
実際15%増しってことですね。
体感できるパーツで満足です~♪
トルク2割増しってとこでしょうか。
(慣れるとわからなくなりますがw)





あ゛ぁ~2ネタだけしか盛り込めなかった・・・(^^;

また近いうちに~070.gif
[PR]

by french_garage | 2014-11-12 18:45 | オレのRS | Comments(3)  

メガーヌRS リフレッシュ!

約1年前の出来事ですw

3回目のタイミングベルト交換のご相談を受けていて
その後間もなくスターター不良でエンジンが始動しないという事で
遠方より入庫したMEGANE2 RS。

そう、3回目のタイミングベルトという事は、
18万キロ目前という走行距離。
(当時新車から6年半)
まだまだ継続して所有されるという事でのメンテナンスのご相談でした。

で、スターター不良でこんな状態。





b0144624_2023766.jpg

b0144624_2025912.jpg


後方排気のFFターボで最近はエキマニ直後(エンジンに近いところ)にタービンがあり、
触媒もそのタービンのすぐあとに鎮座しております。
スターターはというと、
エンジン後ろ側でミッションハウジングに取り付けてあり
その触媒の裏側にいらっしゃいますw
スターターはほぼ見えない位置にあるんですね~。
(後ほど画像にて)

整備マニュアル上「スターター交換時はエンジン降ろしましょう」ってなってるらしいですが
スターター交換だけでエンジン降ろしってねぇ・・・(^^;
(↑ここがポイント)

まず触媒を外すことができればスターター交換は可能かと思われたのですが
触媒の取り付けボルト等目視では確認できないので
全てblind touch(和製英語だそう)手探りでの作業。
作業の確実性からいくと、やはりエンジンを降ろした方が無難という結論に。

そこでオーナーさんにご相談♪
・特に今買い替えるクルマは無い
・5万キロ前後の程度良い同型車を購入しても
 すぐに今の走行距離に追いついてしまう・・・(^^;
・30万キロまでは乗りたい

と、いう事でエンジン降ろしてリフレッシュが決まります(笑)




エンジン降ろす時に苦労した点。




b0144624_20283843.jpg

ドライブシャフトのスプラインが固着していて抜けにくかった(大汗)
フロントの足回りが重たい(滝汗)



b0144624_20314381.jpg

フレームとエンジン・ミッションがやっぱりギリギリ(冷汗)



b0144624_20342926.jpg

ターボ車という事もあり、配線や配管が多すぎる(涙汗)





そして、スターターの位置確認。
b0144624_2040549.jpg

この状態でも見えませんwww



b0144624_20424126.jpg

触媒外してもインシュレーター(遮熱板)あり。


インシュレーターを外してやっとご対面♪
b0144624_20441368.jpg





今日はここまでにしておきます(^^;



あ、先に言っちゃいますがエンジン降ろすことがあれば
その時にスターターが故障してなくても交換しておくことをお勧めします<(_ _)>
だってエンジン載っけて間もなくスターターがお亡くなりになったら涙出ます(T-T )
工賃ちゃんといただけたとしても、
作業する人はメンタル的にやられます(泣笑)
[PR]

by french_garage | 2014-11-07 20:54 | メガーヌ(MEGANE) | Comments(6)  

ルーテシア3RSネタ

長編ネタの前にひとネタ。




いつものルーテシア3 RS(^^♪
b0144624_1553013.jpg

これも随分と昔々のお話ですw




まずはバッテリー。
b0144624_18131075.jpg

b0144624_18132710.jpg

受け皿とステーを作って取り付け。

クルマ用としては一番小さいサイズ
ALIANT X4です。
2000ccクラスだとちょいと心配なサイズでしたが
一応この夏は乗り切って大丈夫そうです。

b0144624_18143395.jpg

プラス端子はちょいと延長して
エマージェンシー用のスイッチも念のため取り付け。
その後エマージェンシー用スイッチは取り外しwww

スピダー搭載時にもお伝えしましたが
劇的な軽量バッテリー。
リチウムバッテリー恐るべし!
しかし、このバッテリーを搭載した目的は軽量にあらず!(結果オーライ(^^♪)
そのサイズにあり~!




もう一つは排気管交換♪
b0144624_18242656.jpg

あ~、なんか恥ずかしぃ~(//∇//)
b0144624_18281046.jpg


使用管はSLOVENIJAのコレ↓
b0144624_18273266.jpg

b0144624_18275087.jpg

AKRAPOVIC

b0144624_18361798.jpg

あ~、まだ恥ずかしぃ~(//∇//)
早くズボン履かせてあげなきゃ(笑)




それから約半年後・・・・・
ALIANTバッテリーに交換した本来の目的。





b0144624_18433918.jpg

BMC OTA取り付け~♪

b0144624_1846894.jpg

大体の曲り角度など考慮して
SAMCOのアルミジョイントと120°のインテークホースを発注。

b0144624_1850030.jpg

b0144624_18503014.jpg

バッテリーケースは外して
リレーBOXはステーにて固定。
OTA自体も各ステーやクランプにて加工取り付け。
各取り付け穴は追加で開けず、できる限りオリジナル部分を使用。

b0144624_18543526.jpg

バッテリーも搭載位置を変更。
+側のケーブルは延長。

b0144624_18554727.jpg

フレッシュエアー導入口は暫定で純正を使用。

b0144624_1858532.jpg

オリジナルでの二次空気導入システムは不要となるので一部取り外し、(配線は繋いでおくこと)
そのためのバキュームホースも不要となるため取り外して蓋をする。

b0144624_18595443.jpg

最後にセパレートタイプのオイルキャッチタンクを取り付けて終了♪


ステーやクランプではお世話になりましたm(__)m
b0144624_1921691.jpg

b0144624_1923060.jpg

supported by ホームセンターw


b0144624_195175.jpg

[PR]

by french_garage | 2014-11-02 19:07 | ルーテシア(Clio RS&V6) | Comments(2)  

リフレッシュメンテ(続き)

ClioRS Ph1(日本名ルーテシアRS)リフレッシュネタの続きです(^^;
元ネタはコチラ




え~、フロントカバーとウォーターポンプは取り付けたので
タイミングベルトを取り付けます。
b0144624_20575789.jpg

イヤ~、この状態だと眼を閉じててもできそう♪(実際無理だけどwww)




b0144624_1935619.jpg

クランクプーリーはいつものインシュレーター(ゴムダンパー)無しの軽量ソリッドで~♪
これは軽量目的ではなくて、ゴム要らないから(笑)



エンジンルームがスッカスカなので、
通常は作業困難なところをやっつけておきます。
b0144624_19211840.jpg

b0144624_1983829.jpg

ステアリングラック(ギヤBOX)につながるパイプОリングの交換。
(エンジン載っかってると多分無理(^^;)
実際ここからパワステフルードが酷く漏れた個体は見たことないんですけど
この際Оリングケチってもね~。(意外と高価なОリングだったりする(爆))
ルノーでは、パワステポンプから若干の漏れがあったりはするけど
ギヤBOXから漏れて交換した経験はないんです。(結構優秀よ~♪)
それでもパワステフルードは適宜交換しましょう049.gif

もう一つギヤBOX関係で。
b0144624_19135524.jpg

b0144624_19141148.jpg

b0144624_1914292.jpg

ラックブッシュの交換。
最近では強化タイプも見つけたのでそちらへ交換してます。
クリオ(ルーテシア)2も10年超、10万キロオーバーの個体が多いでしょうから
ここ交換したことない場合は是非お勧め!
併せてタイロッドエンドも新調してアライメント調整してあげると
ビックリするくらいクルマが真っ直ぐ走ります060.gif



この黄色いRS、特別サーキットとかを走られるクルマではないんですが
b0144624_1923546.jpg

定番としてエキマニへサーモバンテージを巻き巻きします(^^♪
エンジンルームの熱量も下がって、効率が良くなるのであればOK!

b0144624_1925193.jpg

b0144624_19253411.jpg

このシリカファイバーのバンテージは巻き巻きしやすくて良いですね~♪
(結構時間かかりますけど(^^;)
昔のヤツって水やお湯に浸けてから巻いたり、
そのあと手がチカチカして泣きそうでした・・・(T_T)

b0144624_19284671.jpg

専用スプレーでコーティングして完成(^^)/

取り付け後はこんな↓感じ。
b0144624_19301162.jpg

b0144624_19302581.jpg

このクルマ、
後方排気なんで組み付けるとほとんど見えませんw
(でも、後方排気は◎)




b0144624_19311462.jpg

プラグコードもウルトラのいいヤツに変更。

エアコンフィルター交換。
b0144624_1932363.jpg

真っ黒だべ・・・(^^;




b0144624_19325467.jpg

今回ついででオルタネーターも交換。
(工賃要らないし)

b0144624_19333251.jpg

マウントも要所要所交換。


で、交換部品こんだけぇ~♪
b0144624_19343817.jpg





b0144624_19364222.jpg



やっとひとネタ終了♪
ってこれ、約1年前のお話です(爆)

最近ご連絡いただいて、元気に走ってるようで何より♪

さぁ、次も長編リフレッシュネタ逝きます!
(近いうちに)




こんな↓イベントがあるそうですよ~♪
Tour de Arita
心当たりのあるクルマをお持ちの方、いかがでしょう♪
[PR]

by french_garage | 2014-11-01 19:49 | ルーテシア(Clio RS&V6) | Comments(2)