<   2013年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

ルノー ラグナ2

ハイハイ、また久しぶりにブログの投稿画面を開いておりますw



先代のラグナ2はディーラーさんでの取り扱いがありましたが
本国での現行ラグナ(3?)は日本未導入です(並行車はチラホラ)。




しかし、良いですねぇ~ 060.gif
RENAULT LAGUNA


b0144624_2015794.jpg

b0144624_2021690.jpg





今日の記事も冬至の頃のその前のお話(爆)



V6エンジンのワゴンと2.0Lのワゴンはオレのラグナ(笑)
b0144624_20121462.jpg


余談ですが、最近オレのラグナのタイヤを交換しまして
「やっぱりビブ君最高!」です。




で、青いV6ラグナワゴンはオートマチック不調でドック入り。

ご存知かもしれませんが、
このラグナ2V6と「あらら、市販しちゃった」のアヴァンタイム(笑)
ともにPRV・・・イヤ、PR製のV6エンジンと
わが国が誇るA〇SIN製5速オートマチックの組み合わせ。

今回はたいした事件(不調)ではないのですが
ラテン(欧州)なクルマを扱っていると良く耳(目)にするのは
「日本製のオートマチックだったら安心だね!(テヘペロ)」とか
「日本製のオートマチックだったら良かったのに・・・・・( ´△`)アァ-」
とか、この「日本製の〇〇」ってスゴイね!

未だに呪文みたいに唱える方もいらっしゃるようですが
そんなことは遥か昔の昔話だと私は思います。
(昔もホントにそうだったのかは不明)

今の日本車で全てMade in Japanのクルマってあるのでしょうか?
逆に海外メーカーでも日本で作っているところもありますので
ナニをもって Made in Japan ???(マッチでぇ~すッ)


残念ながら日本製だって・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

















メンテナンスしないと
故障するんです!( T_T)


機械モノだから
絶対はありえないんです!( T_T)





※1 あくまでも個人的見解・思考・考え・想い・主観強しですのでアシカラズ。。。




さて、本題(笑)



今回の不調は
メーター内ディスプレイにPとかRとかDとかの表示があるのですが
不調の時にはコレが消えて、A/Tもエマージェンシー発動されるとのこと。
お話しを伺ってなんとな~く妄想は出来たんですが
テスターで診断してみると見事ビンゴ!




b0144624_21131367.jpg

マルチファンクションスイッチ(ルノー語?)

日本的には”インヒビタスイッチ”なんて言ったりしますね。
これはA/Tがどのレンジ(PかRかDとか)に入っているか
ディスプレイなどに表示させてドライバーに知らせるとともに
A/TのECUにもお知らせするスイッチ。

故障パターンとしては
・接点が擦り減っちゃって⇒接触不良
・湿気で錆びちゃって  ⇒接触不良
・おもいっきり水浴びちゃって⇒ショート
ナドナドetc・・・・・

この「おもいっきり水浴びちゃって」パターンは人為的な部分もあって
ラジエター回路のエア抜きをする場合、
マルチファンクションスイッチの上辺りにサーモスタットがあり
そこら辺りにエア抜きバルブもあります。
なので、何も考えずにエア抜きやっちゃうと
このスイッチがラジエター液の大雨に・・・orz
(またLLCって乾きにくいから(汗))

エンジンルームの高圧洗浄もOUT!

中古車屋さんの中には
エンジンルームもビッカビカの黒グロのベッタベタにしてあるところもありますが
電装・電子部品のことを考えると・・・・・・・・・・・・・・・・・・
がーん…llllll(-_-;)llllll ってな感じです。。。




で、この部品は調整ということが出来るので(出来ないといけない?)
今回はいきなり部品交換せずにとりあえず調整を。
(厳密にいうとこれもSSTが必要)


その後しばらくしてオーナーさんよりメールいただきましたが
いたって快調とのことでとりあえずメデタシメデタシ 【祝】



最後に一言、




















日本製だからって
部品安くないよ~ (涙)






※2 業務連絡
   来る4月14日(日)は、誠に勝手ながら臨時でもないけどお休みいたします。
   メール及び携帯は繋がると思いますので(宇宙とか圏外には逝きません)
   そちらまでよろしくです。
[PR]

by french_garage | 2013-04-12 21:52 | ラグナ(LAGUNA) | Trackback | Comments(2)