<   2012年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

ルノー カングー エンジン修理 その2

ルノー カングー エンジン修理の続きですが、

その前に・・・



そろそろこんな季節です。




b0144624_203558100.jpg


2012年9月9日(日)阿蘇いこいの村

詳しくはコチラ

8日(土)からキャンプできる方は、
”ウマシカ”な話しを肴に一献酌み交わしましょう ♪
(前泊予定で調整中・・・)
S.B.Tステッカーが貼ってあるクルマがあれば
気軽に声掛けてみてください (^^)







さて、本題。



シリンダーヘッド自体の塩梅がよろしくなさそうなので
中古エンジンを探しましたが、見つからず・・・・・。
ホントはシリンダーヘッドだけ欲しいんですが、
中古パーツ屋さんってエンジンブロックだけ残ってもどうしようもないので
エンジンASSYで購入しないとダメなんです。。。


色々考えた挙句















そういえば、

















他にも同じエンジンを搭載した車両もあることに気が付き、
















エンジン周辺及び内部の全ての部品を
部品番号にてカングー1と照合・・・・・。

















いけそうやん d(⌒o⌒)b♪~



で、
今回見つかったのは
メガーヌ1 Ph2 1.6 RXTのエンジン。


ただ、
「シリンダーヘッドだけ欲しいんですけど~・・・」の無理な問いに
なんとOKいただいて




b0144624_213278.jpg

ヘッドのみ中古で購入することが出来ました~ ♪
(カムシャフトも付いてくるよ)


さぁ、ここからはダッシュでご紹介(笑)


早速専用の洗浄液で”漬けおき洗浄中”



b0144624_2153080.jpg



ダイブキレイになりましたね~。
b0144624_2164590.jpg

(下が旧いヘッド)



燃焼室も洗浄。
b0144624_2184346.jpg

b0144624_2193495.jpg

OKOK♪


各バルブも”ミガクミガク”
b0144624_21103692.jpg




ヘッドを載っけるまえに
b0144624_2112395.jpg

フロントカバーを外してシーリング&クランクシール交換&ウォーターポンプも交換しておきます。



ヘッドガスケット面をキレイにしておいて(ブロック側も)ドッキングぅ~♪
b0144624_21145154.jpg

規定トルクで締めて、



角度締め~(汗) (;´▽`A``
b0144624_21181963.jpg

モチロン、ヘッドボルトは新品。



”こけし”みたいなコレ↓
b0144624_21213622.jpg

「油圧タペット」「ハイドロリックタペット」「ラッシュアジャスター」などなどetc・・・・・
色々な呼び名がありますが、
カムシャフトがバルブを押し下げる際に
その隙間をエンジンオイルの圧力(油圧)によって自動調整(ゼロに)してくれているモノ。



b0144624_2125189.jpg

こうやって指でつまんで
縮んでしまうヤツはダメなヤツ(笑)
エンジン始動時に「ガチャガチャ」いったり
アイドリング中でもメカニカルノイズが大きい固体は
大体2~3個くらいダメなヤツがいるかも?
なので、良質なオイルを使うとか
半年もしくは5000キロでオイル交換するとかってやっぱり大切だと思います。
だからって絶対壊れないわけじゃないけど
少なからず影響はあると思うので。。。。。

先を見越して全部新品にしたいところですが
1個が結構なお値段なので
たまたま?私が持っている中古タペットから良好なものを選んで
ダメなヤツだけ間引いて3個くらい中古で交換。




b0144624_21334590.jpg

キレイに洗浄して
良質なオイルのお風呂で一晩ゆっくりしていただきます(笑)



そして翌日・・・・・
b0144624_21352631.jpg

タペットを挿入しロッカーアームを載せてからの・・・カムシャフト。
(IN、EXを間違えないように~(笑))




b0144624_2137190.jpg

b0144624_21373388.jpg

ジャーナル部分にも良質なオイルを塗布して組み付け。



シリンダーヘッドカバーを取り付け(ここでちょっと問題が~(爆))
b0144624_21391015.jpg

SSTでカムシールを組み込んで



カムプーリーを取り付けですが・・・
b0144624_21405496.jpg

b0144624_21421424.jpg

プーリーにもカムシャフトにも”キー”(回り止め)が無いので要注意!
組み付け時に油分があると滑る可能性があるので
必要以上に脱脂します。




b0144624_21434658.jpg

タイミングを合わせて、ベルトを張って規定トルクで締め付け。



今回のカングーは1年以上お不動さんだったので
b0144624_2146193.jpg

b0144624_2147830.jpg

オートマチックのバルブボディーも洗浄O/H。



フローセンサーからATFが漏れていたので
b0144624_21485957.jpg

パッキン(Oリング)交換。




組みあがってエンジンに火を入れる(始動する)瞬間は
やっぱり緊張~( ̄ー ̄; ヒヤリ


しかし、
組みあがったエンジン音の静かさに最高~ ♪






その後、ガス(LPG)の機密検査を受けて
b0144624_21552141.jpg

b0144624_21542451.jpg

新規登録で検査も無事合格!



晴れて公道復帰できました。
[PR]

by french_garage | 2012-08-26 22:10 | カングー(Kangoo) | Trackback | Comments(6)  

ルノー ルーテシア エアコン

※明日8月12日(日)~15日(水)まで夏季休暇となります。




ルーテシアRS ブッシュ交換etc・・・の続きです。




2週間ほど前にガス漏れでエアコン修理をしていたはずなんですが
また”生ぬるい”風しか出ないようになってました。。。

ちょうどブッシュ交換で入庫の日に冷気が出なくなったとのことで
都合が良いのか悪いのか・・・(笑)


ガス漏れなどでのエアコン修理の際は
必ず”オリジナルの添加剤(オイル)”と”蛍光剤”を冷媒サイクル内に入れるようにしています。

なので、2週間でガスが抜けているのであれば
結構な漏れ具合が確認できるはずなんですが、
ドコを見てもガス漏れしてそうなところも無く
ゲージ(エアコンのガス圧を診るヤツ)を繋いでも
やはりガス圧は正常。



しばらく?????????、な状態。。。



ルーテシア(クリオ2)RSのフェーズ2(後期)はオートエアコンで
モチロン、温度設定もMax Cool !!!

Max Hotにしてみて・・・
「アッチ~」っとなる・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・はず・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

















が、Max Hotでも”生ぬる~い”風~~~。
















そうか、
















そういうことか~ (~ヘ~;)


通常オートエアコンの場合、
温度調節や吹き出し口の切り替えは”モーター(ステップ)”でフラップを動かして切り替えています。
(マニュアルエアコンは大抵ワイヤーですが、最近は内気、外気はモーターだったりしますね)


これでちょっと的が絞れてきて
以下のような原因が推測できます。

1 ミクスチャー(温度調節用)モーターが壊れている。
2 指示を出しているコントロールユニット(エアコンパネル)が壊れている
3 その他



とりあえず、該当のモーターを探して
エアコンパネルで温度調節を繰り返し、手で触りながら音を聞いてみます。



左がモードモーター(吹き出し切り替え)、右がミクスチャー。
b0144624_1953434.jpg

(助手席側から覗けば見えるはず)
















「ウィ~ン」
お!動いてる動いてる (^_^)
















「ウィ~ン、パタッ、パキッ、ウィ~ン・・・・・」

およ?
「パタッ、パキッ、」ってナニ???

っていうか、「ウィ~ン」が止まらない・・・・・( ̄□ ̄;)!!





と、いうことで
正解は3番のその他でした~。



また来週~ ♪ (⌒ー⌒)ノ~~~
















それほど引っ張るネタでもないので続けますが、
ちょっとショッキングなことになっておりましたので
心臓が弱い方はここまでにしておいてください(笑)




モーターも動いている、コントロールパネルでもない、
果たしてその原因は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
















b0144624_20101566.jpg

                        割れ!
b0144624_20124868.jpg





どういうことかと言うと、
b0144624_2014866.jpg

モーターのギザギザの部分(ギヤ)がフラップの軸の部分に付いていて
フラップを動かして暖かいのと冷たいのを切り替えています。
(吹き出し口切り替えも同じ)

「じゃぁやっぱりモーターの暴走か何かでこんなことになったじゃ・・・」と思う方もいるでしょう。



イヤ、違うんですね~。



そう、根本的な原因は・・・・・・・・・・・・・・・・・・
















                樹脂だから~ (T_T)
                       (劣化した???)




多分欧州車は同じような制御だと思うのですが、
今回のルーテシアRS Ph2の場合
イグニッションをONにするたびに(空調OFFでも)
モーターに電源が入り、位置確認?をしています。
その際、フラップがストップ位置にきてもしばらく(と言っても瞬間ですが)モーターは回り続けようとします。
それが何年も、何万回も繰り返されて
耐え切れなくなって「パカッ」っと割れちゃうんでしょう。。。


以前プ〇ジョー306でも同じことがあったのを思い出しました。

ちなみに、モード(吹き出し切り替え)モーターのフラップ(受け)側は
樹脂の材質(色)が違っていて、少しゴツイ感じでした。
(じゃあミクスチャーもそうしてよ~ (^人^)オ・ネ・ガ・イ)





さて、これを修理するとなると・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
















ダッシュボードを外し
ヒーターユニットごと(ASSY)の交換になりま~す。






声が小さいですか?
















ダッシュボードを外し
ヒーターユニットごと(ASSY)の交換になりま~す。
ヽ(´~`; ォィォィ




オウナーさんと協議し
「とりあえず手動切り替えできるようになりませんか?」との事。
(冬になったら手で暖かいほうに回すってことです)





手動にする前に
割れた部分を修復して、
なんとかモーターで動かせるように応急処置してみました。

ただ、その際モーターと相手のフラップ側には位置決めの切り欠きがあるので
回りすぎちゃったモーターの位置を合わせてやらなければいけません。
これは、エアコンのコントロールユニットに専用(汎用)テスターでアクセスして
強制的にモーターを回して位置を合わせる方法もあるんですが




b0144624_21113879.jpg

b0144624_21121776.jpg


今回はモーターを分解して位置合わせ~ ♪







b0144624_21151647.jpg



何時まで耐えてくれるかわかりませんが
今年の夏は乗り切れそうで良かった~ \(^▽^)/
[PR]

by french_garage | 2012-08-11 21:29 | ルーテシア(Clio RS&V6) | Trackback | Comments(4)  

ルノー カングー エンジン修理

さてさて、大作の始まりです(笑)




このときちょっとだけお知らせした”BI-FUEL”のカングー。




b0144624_18392147.jpg




2度目のバルブクラッシュにより w(゚o゚)w
オーナーさんが代わってエンジン修理になりました。

1度目の原因はオルタネータープーリー不良により
ドライブベルトをタイミングベルトカバー内に巻き込んでのバルブクラッシュだったモヨウ。
(前回は当方で修理してないので詳細は・・・)

今回の原因を調べようと思いましたが
他所でエンジンストップの原因追求の為、
あらかた分解してあったので不明・・・・・。


とりあえず、関連する部品を点検し
全て交換するという方向で修理していきます!


まずはシリンダーヘッドを取り外して
バルブ、ピストンなどの損傷具合を確認。

大体はインテーク及びエキゾーストバルブの全交換で修理可能なはず・・・・・・・・・・・・・・・・・
















が、しかし




b0144624_18492676.jpg

バルブが燃焼室から飛び出るくらいの損傷。
(エンジン回転が高い状態でのクラッシュだったのか?)



b0144624_1851344.jpg

バルブの曲がりも「パネェ!」




上の画像の通り
バルブの”傘”の部分が飛び出しすぎて
ヘッドガスケット面及びバルブシートに損傷を与えていることと、
バルブの”棒”の部分が通っているバルブガイドにも「ガタつき」があるので
このシリンダーヘッドは使用しない方が良いと判断。

b0144624_1914694.jpg


ちなみに、バルブガイドやバルブシートは
メーカーによっては単体で部品が供給されていて
打ち換えることも可能ですが、ルノーでは単体供給なし。。。

シリンダーヘッドASSYでの新品交換しかありませんが
お値段もそれなりに・・・。
(新品エンジンASSYよりは安価ですが(笑))

特注でガイドやシートを製作する方法もありますが
コチラも予算や時間と見合うかどうか・・・・・。
ガスケット面に損傷もあるし、やはりこのヘッドは使用しない方向で・・・
さて、どうするか!



キレイにした後↓
b0144624_198496.jpg


ピストン頂部には傷があるものの
シリンダー壁面もキレイなのでエンジンブロック側は使用可能ですが
この際中古エンジンASSYで交換したほうが時間的にも良いと判断。
















でも無いのよね~、中古エンジン。。。( ´△`)アァ-
カングーはよく売れたおかげで
それなりにスクラップになる固体も多く(ちょっと悲しい)
中古部品もそれなりに流通しているんですが・・・・・

エンジンだけが無いんです。。。

その理由はやっぱり”バルブクラッシュ”
今回と同様のパターンが多く、
でも他のところでは、シリンダーヘッドまで分解して修理可能かどうかは見極めずに
すぐさまエンジンASSYで載せ換えることが多いようで
カングーの中古エンジンは需要も高く、お値段もそれなりに。。。
(そういえば「中古エンジンありますぅ?」っていう問い合わせも多いなぁ(笑))




で、
探しましたよ~海外まで(笑)


でも、ふとあることに気がついたんです!
















「シリンダーヘッドだけ中古であればいいのにね~♪」








続きは次回の講釈で (⌒ー⌒)ノ~~~




夏季休業日のお知らせ。

8月12日(日)~8月15日(水)までの4日間。

8月16日(木)から通常営業いたします <(_ _)>
[PR]

by french_garage | 2012-08-09 19:36 | カングー(Kangoo) | Trackback(1) | Comments(2)  

ルーテシアRS ブッシュ交換etc・・・

いきなりタイトルとは関係ありませんが
夏季休業日のお知らせです(休んでいいのか?(謎))


8月12日(日)~8月15日(水)までの4日間。

8月16日(木)から通常営業いたします <(_ _)>

緊急搬入等の場合、
携帯番号をご存知の方は携帯まで。
ご存知で無い方は下記アドレスまでメールいただければ連絡がつきます。

frenchgsbt@gmail.com


※注
hot mailの場合は転送されないケースがありますのでご注意ください。
















さて、本題です!



何でしたっけ???










あ、そうそうクリオRSのブッシュ交換のお話し。。。




そろそろ10年選手のClio2 RS。
足回りゴム部品の劣化も目立ちます。




b0144624_1914456.jpg

アンチロールバー(スタビ)ブッシュ




b0144624_19165176.jpg

フロントロアーアームも取り外してブッシュ交換。




b0144624_1918283.jpg

b0144624_19191451.jpg


油圧プレスで打ち抜くんですが
若干先っぽが潰れて膨らんでいるので抜けにくかった・・・(汗)





ロアアームブッシュは純正でも部品があるんですが、
どうせならコッチ↓が良さそうなので (*^-^)



b0144624_19233227.jpg

(っていうか、純正で交換するのはしんどいからという理由で(爆))




モチロン、スタビも・・・




b0144624_19252942.jpg

b0144624_19255987.jpg

↑このブッシュを取り付けるのは至難の業。。。




だいぶ”紫率”が高くなりました(笑)




b0144624_19272882.jpg

b0144624_1927596.jpg

(っていうか、全部強化ブッシュ&強化マウントになりました)
















今日はコレ↓まで紹介しておきます。




b0144624_19303839.jpg

コレ↑な~んだ!
















ココ↓にあるモノ。




b0144624_1933597.jpg



そう、感の良い方はすでにお解りかと思いますが、
















こんな感じ↓だったのが・・・
b0144624_19353179.jpg

b0144624_19362594.jpg

これくらい↑になります(笑)
(判りづらい・・・(汗))




ノーマル比約30%のショートストローク。
(計測はしてません(笑))


これはトルコの人が内職で作ったモノ(内職はウソです(笑))

もう手に入らないかなぁ~、
あと1個ありますが、すでに売約済み(自分用(爆))


欲しい方がいれば探してみます。。。




今回交換した部品



b0144624_1949771.jpg





b0144624_19524739.jpg




次回は
「エアコンが冷えないぞ(; ̄ー ̄川 アセアセ」の巻。

最近ガス漏れ修理したばっかりだったんだけどなぁ~???(謎)



乞うご期待!
(公開時期は未定(爆))
[PR]

by french_garage | 2012-08-08 19:59 | ルーテシア(Clio RS&V6) | Trackback(1) | Comments(4)