<   2011年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

プジョー307 SW

ハイ、プジョーネタ続きます!




b0144624_17531556.jpg

Peugeot 307 SW

エアロパーツがいい感じで、”上空サプライズ”な7人乗り。




今回はATFの交換をご依頼いただきました。




まず1回目の抜き取り。




b0144624_17553954.jpg

b0144624_17562792.jpg

結構汚れてますねぇ~。。。

元々プジョーの純正ATFは赤色ではなくエンジンオイルのような薄茶色
一般的な赤い色のATFは、その他のオイルと間違わないように赤く着色してあります。

このAL4やルノーのDP0では
1回で抜けてくるATF量は3~4L。(一晩抜きで結構抜けます!)
全容量7L前後ですが、
旧いATFと混ざりながら抜くことになるので
全量入れ替わるには4~5回交換(約20Lくらい)が必要でしょう。
ただし、1回の入庫で全量交換するとなるとちょっと大変なのと(金額的にも)
新油を少しずつ馴染ませてあげた方が良いと考えますので
一定期間ごとに交換されることをおススメしています。

そして
新油を入れて全てのギヤでシフトチェンジを数回以上するようにテスト走行します。




2回目の抜き取り




b0144624_182476.jpg

b0144624_1832487.jpg

ン~、1回目とあまり変わらん・・・(爆)
と、いうことはやっぱりそれなりに汚れています。
(この時点で走行は約46,000キロ)

2回目に抜いたATFも
新油を入れたのに赤みがかっていないのは
S.B.Tでも無着色のATFを使っているから。
(余計なものは入れないほうがいいよネ!)

初めてATFを交換するクルマや
初めてA.S.HのATFに交換するときは、最低でも2回抜きをおススメしています。
なぜかと言うと、
ATFの性質が違うのと、あまりにも中途半端に抜きかえると
新油で流れ落ちたコンタミ(ゴミ)がバルブボディー内で詰まっちゃうから・・・。
これが俗に言う過走行でATFを交換すると壊れるということ。。。


ホントは バルブボディーもバラバラにして洗浄すると more betterよ~(by小森のおばちゃま)





b0144624_18215376.jpg

[PR]

by french_garage | 2011-10-28 18:34 | Peugeot | Comments(4)  

プジョー306 スタイル

306つながりで・・・。




b0144624_20111146.jpg

Peugeot 306 Style。




「クイックシフト買ったんで、取り付けてください」
とのご依頼。




「ラジャー!」





クイックシフトと言っても
シフトロッドを交換するのではなく・・・




b0144624_20143529.jpg

こんな↑部品を取り換えます!




どこにあるかというと・・・



このアタリ↓・・・(て、手が~ッ!)
b0144624_202064.jpg




見比べ↓
b0144624_20214267.jpg


右がノーマルで、左がクイック。






シフトストロークの違いは・・・



☆ニュートラル
b0144624_20234410.jpg






☆ノーマル 1速↓
b0144624_2028456.jpg

b0144624_20283933.jpg

☆クイック 1速↑
画像だけ見ると「ニュートラかッ!」って思うくらい。





☆ノーマル 2速↓
b0144624_20305680.jpg

b0144624_20315181.jpg

☆クイック 2速↑



いい感じに"クイック"になりましたが、
いかんせんギヤが入りにくくなりました(汗)
(シフトチェンジが硬い~)

何か攻略法があるんでしょうか?(謎)





それにしても極上の306です ♪




b0144624_20352912.jpg

b0144624_2036181.jpg

b0144624_2037674.jpg


走行は4万キロ弱ですが、
内外装ともに新車並みのコンディション!(お世辞抜き)

よだれが出るほど欲しくなります・・・・・(爆)


そういえば、S.B.Tにメンテでいらっしゃる方って皆さんよく手入れされています!
(私も見習います・・・)
[PR]

by french_garage | 2011-10-26 21:07 | Peugeot | Comments(4)  

プジョー306ブレーク

ちょっとサボり過ぎでした(汗)





お次のPeugeotは306 Break。



b0144624_214572.jpg

(お尻の画像しかありません・・・)



車検が切れる寸前にお預かりしました~(爆)
(ご紹介を受けての飛び込み?)


とりあえず、スピードメーターが動かない。。。
これでは継続検査(車検)どころではありませんねぇ~(笑)

以前メーターは調べてもらったということなのですが・・・




b0144624_2194413.jpg

どうやらスピードメーターセンサー↑がおかしい。。。

初期の頃のプジョーAL4やルノーDP0は
オートマチック本体にあるアウトプットシャフトから車速を取り出しています。
(その後車速はABSの車輪速センサーからに・・・)

このセンサーを外すと・・・ATF(オートマチックフルード)があふれてくるので
ついでに抜き換えます。

このセンサーを交換したのは初めてでした~。
(滅多に壊れないと思いますよ~)


あと、気になるところは・・・・・




b0144624_21161350.jpg

クランクプーリー↑

白いラインが見えると思いますが
コレは私が任意にペイントしたもの。

なぜかと言うと、ゴムのダンパー部分が滑っているような感じだったので
”マーキング”して確かめたかったから。

ラインがずれていると言うことは
内側とゴムをはさんで外側のプーリーが滑っていることになります。

タイミングベルトの交換履歴も怪しいので
まとめて交換おススメしました。

とりあえずドライブ(ファン)ベルトは酷かったので交換しましたが・・・。





あ、ちゃんとルノーも入庫してます(笑)



b0144624_21231821.jpg

(ブレーキパッド&ローター交換)
[PR]

by french_garage | 2011-10-25 21:25 | Peugeot | Comments(4)  

プジョー406セダン

ココ最近、プジョー乗りの方からのお問い合わせが多く
ご入庫もいただいております。

福岡でもVWゴルフと同じくらい?よく見かけるような気がします(ちょっと大袈裟?)

ですので、しばらくプジョーネタが続きます ♪




さて、
コチラ↓の見た目Goodなプジョーは・・・




b0144624_21355823.jpg


映画「TAXI」で一躍有名になりましたね~。
オープニングテーマの曲を聴いただけで
ワクワクして思わず笑いが出てしまうのは自分だけでしょうか?(笑)
今もこの曲↓を聞きながら書いてま~ す♪





っていうか、TAXI 4 見てなかった・・・(爆)




前置きはこのくらいにしてっと・・・
今回入庫されたのは、オートマチックの不調。。。orz


やっぱりディーラーさんだとオートマチックASSY(アッシー)交換だそうですが(汗)
意外な見積もりに私自身ちょっとビックリ w(゚ロ゚)w
(決して高い方ではない・・・)


不調内容は
1速から2速へのシフトアップ時のスベリ。(変速時にエンジン回転だけ吹け上がる)
登坂路等でアクセルを踏み込むと警告が出て3速ホールド・・・・・。
(一旦イグニッションOFFで元通り)

あと、私が感じた点は
全体的にトルク感が無い。
(全体的に滑っているような感じ)



まずはオーナーさんがATFの交換をご希望だったので
1回抜きで様子をみることに。。。

このときの抜けたATFの具合でホントにASSY交換が必要かというのも判断材料として重要になります。


抜けたATFは、多少の汚れはあるもののコンタミ(ゴミ)もそれほど酷くなく
焼けたニオイも無いので本体は大丈夫そうな予感 ♪
(焼けたATFはモノスゴイ異臭を発します(汗))



で、1回抜き後のテスト走行で
最初は「調子良いかなぁ~」って思いましたが
やっぱりダメ・・・っていうか、3速ホールドが頻発するようになりました・・・・・・・・・・・・・・・・・orz

コレが俗に言う
「過走行のATFを交換すると壊れる」
といわれる事象ですね。

体験してしまいました・・・(冷汗)




ですが、
最初のATFの状態からして、あることをやってみることにしました。
(モチロン、オーナーさんの了解を得て)

ルーテシア2カングーでもオナジミ?のバルブボディー分解・清掃。


2回目に抜いたATFも状態は悪くなかったので希望が持てます (^^*)




b0144624_22143881.jpg

プジョーのAL4といわれるオートマチックは
ご存知の通りルノーのDP0とほぼ同じもの。




この2.0の406は作業スペースが広くてGood!
b0144624_22172233.jpg




取り外したバルブボディーASSY。
b0144624_2218439.jpg

ちょっと汚れ方が酷いですね~・・・・・・・。



ソレノイドバルブをちょっと拭き取ってみたんですが・・・
b0144624_22195028.jpg

相当な汚れ方です・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

今回はソレノイドバルブなどの部品交換をせずに
清掃のみでやってみます。




b0144624_22224516.jpg

A/T本体の方の汚れは酷くないようです。
やっぱりバルブボディーに汚れが溜まる(集まる?)のでしょう。



まずコレ↓は、バルブボディーの取付や本体に使われているボルト。
b0144624_22242460.jpg




b0144624_2236120.jpg

b0144624_22261447.jpg

たくさんあるボルトのうち、数本を洗浄しただけでこの↑汚れ。。。



バルブボディー本体もかなりの汚れ方。
b0144624_22275758.jpg

b0144624_22294119.jpg

バルブボディー内にある”小っちゃいフィルター”にも鉄粉ぎっしり!

b0144624_22331829.jpg

このフィルターには磁石が入っていますが
ルノーのDP0では、初期の頃のモデルには入っていないものもあります。



全てを洗浄してこの↓汚れ。。。
b0144624_22344154.jpg





そして、キレイさっぱりなバルブボディー ♪
b0144624_22373597.jpg



Before-Afterでわかりやすい画像↓
Before
b0144624_22395549.jpg


b0144624_2241392.jpg

After



オイルパンにある磁石にくっついた鉄粉もスゴイですねぇ~。
b0144624_22421711.jpg

キレイに洗浄して取り付け。




b0144624_22444894.jpg




その後、テスト走行の結果は良好 ♪ σ(゚ー^*)

冷間時に若干1速から2速へのシフトアップ時のスベリは感じられるものの
3速ホールド&警告はなくなりました。

とりあえず秘策もあるので(大したことはないですが(笑))
今後のメンテナンスでの変化を観ていきたいと思います。




b0144624_22512792.jpg

b0144624_22515571.jpg

[PR]

by french_garage | 2011-10-12 22:58 | Peugeot | Comments(6)  

クイズの答え。

ちんしゃ(笑)はコレ↓でした~ ♪
(正解された方がいらっしゃいました(^^*))





b0144624_2043084.jpg

b0144624_2045822.jpg


「みっど ゲット」・・・・・イエイエ、

MG MIDGET(ミジェット)。


キャブレターなクルマってシンプルで良いですね~。
ノーズは長いですが
ニッサン フェアレディー(SR311)を思い出しました。





b0144624_2091447.jpg




せっかく屋根が開けれるクルマ(閉めることができる?)ですが
この日は生憎の雨でした。。。



黒い内装もシンプルでgood!
b0144624_20103692.jpg





b0144624_20114735.jpg

へドレストは必要なし(笑)



やっぱりドア窓はこうでないと↓。
b0144624_20123633.jpg





b0144624_20135284.jpg

OK牧場も貴重なシールですね(笑)




b0144624_20154927.jpg

こんなボディーカラーが似合うクルマって、
最近のクルマでは思いつきません。





そして、今日のお客様 ♪~




b0144624_20192526.jpg

PEUGEOT 106 S16。

見るからに”只者”ではない雰囲気ですが・・・・・





b0144624_2021061.jpg

コクピットを見てもやはり”只者”ではないですねぇ~(笑)



エンジンルームを覗くと・・・・・


















b0144624_20233067.jpg


全然”只者”ではありませんでした~(爆)


まだセッティングがキレイに出ていないそうなので
本調子になると楽しそぉ~ ♪

新車からのワンオーナーさんで
コツコツ?仕上げてこられて、とうとうエンジンにまで手が入ってしまいましたとさッ(笑)

「ココまでやるんだったらPるしぇ買った方が・・・(以下自粛)」と
ジョークをおっしゃってました・・・・・ってどこら辺(Pるしぇなのか、掛かった費用か(爆))がジョークかもすでに不明(笑)



一台を永く愛するってスバラシイ~♪
そんなオーナーさんは応援せずにはいられません!
[PR]

by french_garage | 2011-10-10 20:36 | 今日のS.B.T | Comments(0)  

ちんしゃ(笑)

連投です。(ホントにヒマなので(爆))




陳謝・・・




ではなくて、




珍車(珍しいクルマ)です(笑)







エンジンルームでクイズぅ~ ♪
b0144624_19564069.jpg




別に次回に持ち越す必要は無いのですが
ヒマなので~ ♪



今回は

ヒント無し!



答え合わせは明後日にでも~ ♪
多分ヒマなので(シツコイ!)





※業務連絡
 何度も言いますが、
 明日10月9日(日)はヒマなのでお休みします(泣笑)
[PR]

by french_garage | 2011-10-08 20:02 | その他の車たち | Comments(10)  

エグザンティア

かなり極上のクルマのご紹介。



シトロエン Xantia。
b0144624_19182161.jpg


オーナーさんはメガーヌもお持ちなんですが
このエグザンの程度には参りました・・・。

内外装はモチロンエンジンルームもピカピカな極上車!
(スミマセン・・・画像無しです(汗))

機関良好でオイル漏れなど一切無し!
(モチロン下血無し(笑))




今回(かなり前ですが・・・)ははるばる肥後の国よりお持ちいただき
HIDの取り付けとエアコン(ブロアファン)不調で入庫いただきました。




ブロアファンに関しては
たまに風がまったくでなくなるという症状。

単純に考えると(配線以外では)ブロアファン本体かブロアレジスター、
またはエアコンアンプなどが考えられます。


が、しかし・・・・・





オーナーさんやシトロエン屋さんからお話しを伺うと
イグニッションスイッチの不良が多いそうです?????

はて?そんなことって???
と、調べてみると
ブロアファンの電源は、イグニッションスイッチから来ているようで
スイッチ内部で焼損などの接触不良によりブロアファンが回らなくなるようです。。。

「じゃぁ、スイッチ交換すれば・・・」というと、
交換しても永くはモタナイそうで・・・
結局は同じことの繰り返しだそうな・・・・・(泣)
(ん~、ラテンですねぇ~(爆))



それで、対処法は?というと
「別で電源供給できるように作っちゃえ!」
ということだそうです(笑)




b0144624_1940199.jpg

リレーをブロアファンのスイッチングに使用して安定電源供給 ♪
※注)リレーも壊れることがあります(笑)






HIDはフランス車らしく




b0144624_19431227.jpg


イエローをチョイスされました~ ♪

b0144624_19443340.jpg






ホントに極上なクルマ。




b0144624_19452567.jpg

b0144624_19455655.jpg




少しテスト走行などで乗らせていただいたのですが
あのシートとハイドロにやられました・・・・・。
エモイワレヌ心地良い乗り味、他のメーカーでは味わえないですね。
(知らない間にオーナーになっていそうでコワイ(笑))







※業務連絡
明日10月9日(日)は、
ヒマなのでお休みします(爆)
[PR]

by french_garage | 2011-10-08 19:53 | Citroen | Comments(0)  

足回りのお話し

最近プジョーにお乗りの方からのお問い合わせや
整備・修理のご依頼も多くいただいております <(_ _)>


まずは、Peugeot 206 RG。




b0144624_20573595.jpg





何でも購入されたとき(2年くらい前に中古車で)から超車高短で
フロントから異音もしていて乗り心地も・・・orz。

純正での乗り心地は最高ですが
見た目にも少し低い方が良いという事で
コチラ↓の足回りに交換。




b0144624_2142177.jpg

KONI(コニ)のFSDと



b0144624_2151826.jpg

Eibach(アイバッハ)の組み合わせ。
(リヤはトーションバーです)




交換前の車高はこんな↓感じ。



b0144624_2185613.jpg

b0144624_2192131.jpg



フロントが指2本で
b0144624_21102446.jpg




b0144624_21111036.jpg

リヤは指1本・・・・・。

コンビニなんかでは気を使う車高ですね(笑)



フロントのアシを取り外すのは結構大変・・・(汗)
b0144624_21134446.jpg

↑のストラットは右側なんですが、
ん?
なんか変!?・・・じゃないですかぁ~?




それもそのはず・・・



↓の画像はスプリングのアッパーシート。
b0144624_21182689.jpg

本来は黄丸のところにスプリングの端っこがあるはずなんですが
赤丸のところにありました。。。。。


↓ベアリング。
b0144624_2121396.jpg

しかも、ベアリングがずれて取り付いていたため損傷しています・・・orz

だからストラットASSYが曲がっているように見えたんですねぇ~・・・・・。
(コレでは異音が出るのはトーゼン!)

今まで何事も無くてよかったです。




b0144624_21281071.jpg

この↑スプリングは単に車高が落ちるだけ(不等ピッチだし)なんでしょうね。




b0144624_2130543.jpg

モチロン今回は、アッパーマウントやベアリング
バンプラバーブーツも新品に交換 d(^^*)



アッパーシートとスピリング、ベアリングがずれないようにちゃんと組んでます(爆)
b0144624_2132481.jpg




リヤはショックのみの交換。(トーションバースプリングなので)
b0144624_213459100.jpg

とりあえず車高は馴染みが出るまで様子見ということで。



しかし、
b0144624_2137317.jpg

リヤショックの片側もブッシュが抜けかけていて
あわや"片側ボヨンボヨン”になるところでした(汗)
(ホント危険ですよ)



交換後↓
b0144624_21403695.jpg

画像ではやたらフロントの車高が高いように見えますが
実際は少し落ち着けば良い感じでは?というくらい。



ROLAND GARROSは限定車でしたね。
b0144624_21431851.jpg




内装も豪華です!
b0144624_21444122.jpg





b0144624_21462193.jpg



今年はトリコロールデイでもプジョー乗りの方が多く参加されてました。
日本においてフランス車の中では一番売れているメーカーですので
九州・福岡でもたくさん見かけます (^^*)
[PR]

by french_garage | 2011-10-05 22:02 | Peugeot | Comments(4)