<   2011年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

Clio RS 200

クリオ RS 200、日本名ルーテシア3 RS。




b0144624_1833284.jpg

このお尻↑、迫力あります!




オイル交換とワイパーブレード交換でお越しいただきました~ (^^*)





最近のルノー車のワイパーは、
一般的なU字フックタイプではなく
差し込みタイプになっています。




b0144624_18361674.jpg


純正でフラットワイパー(弓形)ですが、
リフィール(ゴム)のみでの交換ができず、ブレードASSY交換になります(ナンカ、モッタイナイ)。

社外品ではBOSCHのエアロツインマルチがあるのですが
U字フックじゃないとリフィール交換できないんですねぇ~(ナゼ?)




そこで、色々物色していたら・・・



AC Delcoにありましたとさ d(^^*)
b0144624_2004195.jpg


5種類くらいのアタッチメントがあって
モチロン、ルノーの差込タイプにも対応(U字フックにも)で
リフィール(ワイパーゴム)交換OK!

ただ、このアタッチメントの取付で結構悩みました~(爆)



b0144624_2062779.jpg


この↑ワイパークリーナーテープもおススメ!σ(゚ー^*)




え~、


あとは、迫力画像でお楽しみください <(_ _)>




b0144624_20154158.jpg




b0144624_20161321.jpg




b0144624_20164036.jpg

その昔、サメのエラみたいなフェンダーが流行ってましたが(懐)
それがヒントになってるのでしょうか?(ンナァ コタァ~ナイ!でしょう・・・多分(笑))



b0144624_20181657.jpg

”でぃふゅーざー”なるものが付いております (゜ロ゜)

有効に使いたいものですねぇ~(謎)



両サイドにはこんなモノ↓も~ ♪
b0144624_202136100.jpg




b0144624_20223347.jpg

リヤスポもシャレ(洒落)とりますなぁ~!

これって、冬になると縮んでしまうアレですかね(爆)







この雨の季節には
クリアー視界で安全運転を~ ♪





※追記
今「サメエラフェンダー」でググってみたら
あちらの方では今でも流行っているようです ♪
[PR]

by french_garage | 2011-06-26 19:59 | ルーテシア(Clio RS&V6) | Trackback | Comments(6)  

続・プントの電動パワステ。

おっと、アブナイ!
コチラの続きを忘れてました・・・(汗)




このタイプ↓のプント(型式188系)



ABARTH(アバルト)も
b0144624_1712353.jpg

(秘蔵画像(笑))




b0144624_1744596.jpg


セレクタ(オートマ)も
同じように壊れてしまう同じ部品だそうです(爆)



さて、
せっかく手に入れた中古モーターも壊れていたので(泣)
ダメもとで分解してみることに・・・・・。




b0144624_17133984.jpg





b0144624_17143796.jpg


「これを、あ~して、こーして・・・・・」って
メンドくさッ・・・・・・・・・いけど、とりあえず元通りにして



ココ↓に
b0144624_17182076.jpg





b0144624_1719510.jpg

戻してあげると・・・・・・



















あ~ら、不思議!




とりあえず治りましたね~ \(^ ^)/ バンザーイ

「とりあえず」というのは
今後どれくらいの耐久性があるかわからないので
新品のような保証はできないということ。

次回故障したときに、同じ故障かどうかもわからないですからね~。



実は、このプントのパワステモーター修理に関しては先駆者の方がいらっしゃいまして
そちらへ修理をお願いするつもりでした。
モチロン、快く引き受けてくださるとの事でしたが
少し時間があったので、自分でやってみたんです。
※注)
詳細はその方の技術ですので、教えていただいたわけではありません。
(同じ故障、同じ修理方法かもわかりません)
ですので、当ブログでも詳細は割愛させていただきます、ご了承ください。


ブログ掲載に関しても少し迷いましたが
先人が快諾してくださいましたので記事にさせていただきました。
この場を借りて厚く御礼申し上げます! <(_ _)>
(わざわざお電話までいただき、ありがとうございました)



現行のプントも肥大化してしまい
5ナンバーサイズのコンパクトなプントが好みの方も多いことでしょう。

パワステモーターが故障したときは一度ご相談ください。
治っちゃうかもしれませんので~ d(^^*)




PS
よく「CITYモードボタンは触らないほうがいい」とかいう
都市伝説みたいな言われ方をしているようですが、それは関係ないかも・・・(苦笑)



※注)業務連絡
   修理のご依頼はメールにて御問い合わせください。
   その修理方法等詳細はメール、電話でもお答えできません。(伝えにくい?)
   何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

[PR]

by french_garage | 2011-06-19 17:48 | その他の車たち | Trackback(1) | Comments(7)  

でッ出たぁ~!

ルノー メガーヌ、ニュルで市販FF車の最速ラップ

だ、そうです!(゜ロ゜)ギョェ








ドイツ Nürburgring Circuit (ニュルブルクリンク サーキット)で、
FF車(フロントエンジン・フロント駆動)のクルマで最速となる
8分797秒だそうです!
(ダレもやらないから最速?(謎) モン〇セレクシ〇ンみたいな~(爆))


約3年前のメガーヌ2 R26.Rでは8分17秒だったそうですが、
約9秒も短縮したそうな。(ヘェ~)

b0144624_2171054.jpg

R26.R↑




実際に行ったことのないサーキットなので
「どんだけぇ~」(←死語)スゴイ事なのかはよくわかりませんが
(走ってみたいのに、行けないヒガミ入ってます(笑))↑

ルノーってナニを考えているんでしょうねぇ~
遊んでて良いんでしょうか???(笑)

イヤ、”真剣”に遊んでるんでしょう (*^-^*)
(そんなトコロがダイスキ LOVE( ̄ё ̄)チュウニュウ)









265ps
ちょっとFF車にしては扱いにくい数値かもですが、
決して「ドッカン」ではないんでしょうね。
(スムーズに早い?)



500台限定らしいですよ~ ー ̄) ニヤッ
(たしか、R26.Rのときも400台とか言ってたような~(謎爆))



ご予約はお早めに~ ♪
(って、買えるのか?日本で・・・・・)
[PR]

by french_garage | 2011-06-18 21:39 | メガーヌ(MEGANE) | Trackback | Comments(8)  

数字ルノー。

梅雨真っ只中、
今日も曇天空模様の九州は福岡地方 (*´Д`)



こんな雨が降り続くと
調子を崩すクルマも出てきます。。。


現代のクルマ(家電?)では皆無かもしれませんが、
キャブレターっていう(すでに死語?)構造を持ってるクルマ達は
気候、天候によって調子を左右されることもしばしば・・・。
まるでイキモノみたいです ♪




しかし、
全然梅雨時期とは関係ない日の出来事・・・(爆)



エンジンを始動できなくなったR4(キャトル)がやってきてました。




b0144624_1315775.jpg

この画像で見るより、全然キレイなキャトル(カトルがホント?)。
ほぼワンオーナーに近い固体で極上です!




エンジンが始動できないのは
どうやら燃料系統が怪しい様子。。。



この状態↓でクランキングすると・・・
b0144624_134431.jpg





b0144624_1352710.jpg

どうやら、キャブレターまでは燃料が来ている感じ。



キャブレターを覗きながら
アクセルを操作しても燃料が出てない・・・・・

どうやらキャブレターに難ありの様子。

しかし、キャブレターは別のショップさんで最近O/H済みだということでした。。。(謎)
確かに、キャブ回りが妙にキレイです(笑)




ン~、


少し考えてから、「やっぱりキャブをバラしてみるか!」とオーナーさんに了解を得て
それでもバラす前にやってみたいことがあったので
「チチン、プイプイ」(古っ!)と、おまじないを掛けてみたら・・・・・





あら、不思議!

エンジン始動OK!

吹け上がりも絶好調!

その後、何度やっても一発始動OK!(セミトラなので始動性バツグン!通常ありえな~い(笑))




ん~・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・謎(爆)



推測では
多分ちょっとゴミが詰まってたとか、フロートの動きが悪かったとかそんな感じかなぁ~。

こういう場合、キャブレターをバラして
いまいち”コレ”という原因がつかめないまま組み上げたら
”エンジンかかっちゃった”パターンだったかも?


とりあえずテスト走行を何日かやって、それでも良好でした。

症状が出ていないのに、不必要にあちこちバラしてしまうより
このまま様子を見てもらうことに。




走行中、ちょっと気になったのが
リヤからの音。



リヤハブベアリングを外して、
b0144624_13243754.jpg





b0144624_13252529.jpg

手にグリスを取り




b0144624_132618.jpg

”ペッタン、ペッタン”とベアリングを押し付けてグリスを内部に入れていきます。

この”テーパーローラーベアリング”はこのようにグリスアップが可能ですが
現在のクルマはほとんどが密閉式だと思うので
異音が出たりすれば交換です。

ただし、ローラーのガタツキがちょっと大きいようです。
ローラーベアリングも消耗するので適宜交換が必要です。





エンジンルームも驚くほどキレイです! w(゚ロ゚)w
b0144624_13304532.jpg


ちょいと燃料ホースに”夏対策”をしてあげて完了。





b0144624_13325268.jpg


なんともかわいらしい後姿 ♪



特に最近の日本車って
色んな機能や装備があって
ステアリングも指だけで回せるくらい軽くて”楽(らく)”なモノが多いですが
”楽しい”クルマって少ないような気がします。。。

R4もパワステやパワーウィンドウもありませんが(あ、窓はスライド式です)
乗るとなんだかフワフワしてて
急いでいても、どうでもよくなるような不思議な感覚になります。

気分的にこんな感じ↓ですかねぇ~ (^^*)




[PR]

by french_garage | 2011-06-18 13:46 | R4(キャトル) | Trackback | Comments(6)  

ゴルフⅡ 追記

予防整備?で画像アップするのを忘れてましたが(汗)




この顔が↓




b0144624_16415075.jpg
















この顔↓になりました ♪




b0144624_1643015.jpg



コッチ↑が正解?ですよね。

素顔の方がやっぱり良い~ ♪
[PR]

by french_garage | 2011-06-13 16:44 | その他の車たち | Trackback | Comments(2)  

予防整備?

アーシングで調子が良くなったゴルフⅡでしたが、
経年劣化は避けて通ることはできません。



今日は調子良いのか?・・・・・2アップ(笑)




前々回の画像はこんなん↓でしたが、




b0144624_19231422.jpg

(すぐにわかるクルマ当て(笑))


ナニをしたかというと




b0144624_19245226.jpg


ラジエターの交換!

「えっ、それって予防整備?」
と、言われるかもしれません。。。

そうなんですよねぇ~、
”ラジエター”ですもんね~。

まだ漏れたりしてるわけじゃないんですけど
いかにも”古そぉ~”な感じで
「もしかしたら、新車の時のまま?」くらいなラジエターだったんです。

それと、
同じゴルフⅡを私が所有してるとき
ラジエター液を交換しようと、ホースを外した瞬間
ラジエター側が割れてホースの中に残ってました・・・orz

なので、樹脂でできているサイドタンクが割れるんじゃないかという心配もありまして
交換お勧めしました。

もうひとつ心配なことは
すでに純正部品としては存在しないということ。
社外品もいつまであるのでしょう?(心配)






私は”ヘタレ”なので(爆)
作業性重視でエアコンのパイプも外させていただいたのですが
ここから↓すでにガス漏れしてました・・・。



b0144624_19433824.jpg

サービスバルブの周りはすでにオイルまみれに・・・。




キャップの内側にはエアコンオイルが付着。
b0144624_19451634.jpg





ガス漏れの模様を、ピンボケ動画でどーぞ(笑)





※ボリュームMAXでご覧ください m(_ _)m




モチロン、ココのサービスバルブは交換。




b0144624_19544914.jpg


旧ガスR12と、現行のガス134aではバルブの大きさが違います。

欧州車と日本車では規格が違う?ので、これまた適合しません。
(アメ車はどうなの???)

一部アウディーやVWではチェックボール式もありますが
同じ”虫ゴム”タイプであれば大体の欧州車は同じかも?
(POルシェには適合でした)

同じルノーでも
車種によっては部品検索上パイプやホースASSYでしか部品が検索できないことがありますが
交換はバルブだけでOKです!




このクルマは旧ガス(R12)仕様で
アタリマエですが、現在はほぼ手に入りません・・・。
”代替フロン”なるものは世の中にありますが中身は134aなので
若干冷え具合もよろしくないし、
分子が小さいのでガス漏れが懸念されます。



そこでS.B.Tでは
こんな↓かわいいガスを使ってます ♪




b0144624_2071053.jpg




色々オモシロいこともありますので
詳細は夏が終わる前までには”なんとか”ご紹介したいと思います(爆)



それでは、今日はこの辺で~ (^∀^)ノ~~
[PR]

by french_garage | 2011-06-12 20:15 | その他の車たち | Trackback(1) | Comments(2)  

プントのワイパーと・・・。

またまた間が空いてしまいました~(汗)


九州北部も入梅、
今日の福岡も土砂降りです・・・orz





今日もずいぶん前のお話し・・・(爆)



たまにイタリアンなクルマたちも入庫してきます。

モチロン、ラテンなクルマなので大歓迎です(笑)



最初にご連絡いただいたのは
「ワイパーが壊れた!」とのことでお預かりしました。



b0144624_16465572.jpg

↑このリンク部分が樹脂製ですので
劣化して外れてしまうようです。


以前コチラでもご紹介しましたね。


今回は運転席側が動かなくなっていたので
緊急事態です (⌒_⌒;


これは、
モーターASSY交換になりますが、
意外と、というより輸入車にしては安価です (*゚0゚)




b0144624_16525863.jpg

↑下が新品。

この辺は”サクサク”っと交換 ♪

コレでワイパーは解決!



ですが・・・



パワステの警告灯が点灯していて
ステアリングが、おっ・・・重いィ~ (泣)



お話しを伺うと
最近購入されたばかりで
直ぐに故障したとの事・・・・・orz



このタイプ↓のプントでは
b0144624_18573013.jpg

ワイパー同様良くある故障だそうです。。。


この場合の修理は通常Dらーさんだと
・パワステモーター
・パワステコンピューター
・ステアリングシャフト?
まで一体になった
俗に言う”あっせんぶりー(ASSY)”交換だそうです。。。


そりゃぁー金額も
「もうちょっと出せば、もう一台同じクルマが買えるかも?」
くらいだそうで・・・(大汗)



でも、実はモーターだけでも交換可能だったりもします。

しかし、モーターか、コンピューターかの判断もしなくてはいけませんので
多分ASSY交換なのでしょう。。。。。



ですが、今回はオーナーさんの希望により
モーターの中古部品を使用することに・・・・・。




b0144624_194432.jpg


新品交換だと”コーディング(キャリブレーション)”が必要な為
フィアット専用テスターをお持ちのディーラーさんでお願いするか
このような↓外部診断機(汎用テスター)が必要になります。
b0144624_19102317.jpg






でも・・・・・・・・・










この中古モーター・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・













壊れてました~・・・・(滝汗大泣) ( _ _ )..........o




どうしましょ・・・・。
(続きはwebで?)
[PR]

by french_garage | 2011-06-12 17:35 | その他の車たち | Trackback(1) | Comments(6)  

アーシングで・・・。

すぐにバレてしまったクルマはコレ↓




























b0144624_20243241.jpg


ゴルフⅡです。

いや~、懐かしい ♪
その昔所有してたんですよね~。(GTIが欲しかった~(爆))
欧州車の良さを教えてくれたクルマです!




クルマ当てクイズの画像はさておき
その前にアーシングで入庫いただいてました。




b0144624_20282493.jpg

↑元々それなりにアーシングしてありましたが
私がやるアーシングの効果のほどを知りたいということでご依頼いただきました(キンチョー)

なので、前からあるアーシングは取り外して配線を引き回してみました。。。




b0144624_20313454.jpg




エンジンECUはこんなところに・・・。
b0144624_20321786.jpg


私が乗っていたGLiは、この場所↑の水はけが悪く(ドレンにゴミが溜まって)
コンピューターがどっぷり水に浸かってました~(爆)
それでも何の不調もなく動いてましたヨン ♪




以下の動画は、全負荷時(エアコンON、ライトON)の充電電圧です。






コレ↑はアーシング前。(元々のアーシングはそのまま)






S.B.Tアーシング後↓


電圧の安定感は変わりませんが
充電電圧が上がってますね~。

※注)
これは、全てのクルマで目に見える結果が出るとは限りません。
フィーリングなどのみ改善する場合もあります。





その後のオーナーさんの感想によると
「走りが力強くなった!」そうです ♪
”トルク感が増した”っていうことでしょうか。
効果を体感していただいて満足満足~ \(^ ^)/


ただし、オーディオが壊れてしまいました~。
この壊れ方もなんか変で、
まずラジオの選局ができなくなっていて
ボタン操作ががバラバラになるという奇奇怪怪な壊れ方に。。。。。
(↑例えばボリュームがイジェクトになったり・・・)


事前にオーナーさんにも伝えていましたが、
アーシングを施工することによって”膿”が出ることがあります。
これは、壊れかけ寸前のモノが(例えば何らかの警告灯がチラついている場合など)
良くなった電気(電子)の流れに耐え切れなくなり、トドメを刺してしまうというもの。

一番影響を受けやすいのが旧くなったバッテリー。
それまでの充放電状況にもよるのでしょうが
3年以上経過しているものは、アーシング後にイグニッションONで逝ってしまいます(爆)

このように、バッテリーが逝ってしまったり
オーディオが壊れたりするということは、
「アーシングって影響あるんだなぁ~」ってしみじみ思います。


あ、
オーディオは後日新品に交換されました~ d(^^*)




以下、内装の画像をお楽しみください <(_ _)>




b0144624_2153036.jpg


良いですね~、シンプルなインパネ!
ステアリングは”ナルクラ”でしょう ♪(ブラックスポーク派のヒト居ます~?)







シートはレザーに変更されてます!
b0144624_2171620.jpg





それでは、また。
[PR]

by french_garage | 2011-06-02 20:21 | その他の車たち | Trackback(1) | Comments(4)