<   2011年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

ご無沙汰しております!

みなさん、
覚えてらっしゃいますでしょうか~(笑)
S.B.Tでございます <(_ _)>



b0144624_1042833.jpg





しばらくの間、
お問い合わせや作業でテンヤワンヤでした(汗)



b0144624_1054238.jpg





なにぶん、”ひとり”ですので
メールの返信や作業に時間がかかってしまい
ご迷惑をおかけしております m(_ _)m




b0144624_109131.jpg





私も”一応”フツウの人間でして・・・
「手は2本、指10本」(足も同様)ですので
どうかご理解くださいませ (笑)




b0144624_10132925.jpg





見積もりについてですが、
特に故障修理、一般整備に関しては実際診てみないとわからない部分
分解してみないとわからない部分が多数あります。
大まかな金額をお伝えすることはできますが
正確な見積もりというのはムズカシイ部分もありますので
ご入庫いただいてから概算見積もりしています。




b0144624_10505984.jpg




初めて作業するクルマで
クラッチ交換や足回り交換となると
「ついでにアレも、コレも」と部品が出てくることがあります。
車検等についても
初見で過去のメンテナンス状況がわからないクルマですと
たくさん交換部品が出てくることがありますので、金額もそれなりになってしまいます。




b0144624_114428.jpg





モチロン、緊急に必要でない整備は
その後分散して整備すればよいので
ご相談してマメにメンテナンスされることをお勧めします。




b0144624_11133820.jpg





部品の価格等調べるにしても
私以外に部品屋さんやディーラーさん、メーカーさんなど
色んなヒトの手を動かします。
相見積もり等はご遠慮ねがいます <(_ _)>

技術料(工賃)も高いとは思いませんが
決して安くもありません (爆)

※注)
S.B.Tは安売り専門店ではありませんので、あしからす。。。
「ちゃんとしたことを適正価格で」が基本です。





b0144624_1128076.jpg





と、ここまで色々言いましたが、
結局は人とヒトとの良い関係。
これからの永いお付き合いの中で良い情報を提供できたり
教えていただいたり、「S.B.Tでよかった♪」と言ってもらえるよう日々精進してまいります!




b0144624_1135032.jpg





近々になりましたが、
「GWってナニ?」と、言いながら
5月3.4.5日は”金色の休みをいただいてみようと思います(笑)
(いただきマウスゥ~、ポポポポ~ンってすでに旧いですか~(謎))




b0144624_11401051.jpg





ちなみに、連休中のお問い合わせは
メールで受け付けております。
frenchgsbt@gmail.com

最近、電話でのお問い合わせも増えておりますが
作業状況によっては受話器をとりにくい場合がありますので
少し長めにコールください。





b0144624_11441681.jpg





色んなメンテナンス模様は
追々アップしていきます・・・


多分。(謎々)
[PR]

by french_garage | 2011-04-30 12:19 | お知らせ | Trackback | Comments(12)  

バッテリー上がりの落とし穴?

久々アップです(笑)




先日、
某◇◇◇からの緊急要請により
バッテリー上がりのクルマを救援に向かいました~。



到着して現車を確認すると
リモコンドアロックも反応せず・・・
ルームランプも点灯しないほどの状態。

「完全なるバッテリー上がり」
の状態でした。。。




その前の週にJAFにてジャンピングされて
充電する為に1時間ほど走って駐車場に。
その後数日間クルマは動いていないとの事。


バッテリーを持って行って
その場で交換することも可能でしたが、
ちょっと調べたいこともあったので
とりあえずジャンピングして工場へ。




b0144624_10241289.jpg

バッテリーは4年モノで、寿命といえば寿命。(走行距離は1万キロくらいですが・・・)
バッテリーテスターでもアウト!の判定。

と、いうことで
バッテリーは交換します。


ちなみに、
S.B.Tでは、ルノー車及び欧州小型車用のBOSCHバッテリーを
即日対応できるように在庫しています。
b0144624_10412789.jpg


また、
バッテリーの鮮度を保つ為
メーカーの協力により、在庫が一定期間を過ぎる前に
全て新品と入れ替えていますので、いつでも新鮮な状態で取り付けることが可能です(ピチピチ!)




バッテリー交換後
クランキングも軽く、始動性は良好!
テスト走行した感じも”クルマが軽くなった”ように感じます。
コレ↑は、バッテリーが良好な状態だとオルタネーター(発電機)の負担も軽くなるので
エンジン負荷が減って軽快に感じられるのでしょう ♪



さて、
これで納車OK ♪~


ではなく、
念のためオルタネーターの発電量(バッテリーの充電量)も調べておきます。




b0144624_10404868.jpg

b0144624_1041494.jpg


全負荷時(ヘッドライトやエアコンON)でコレくらい↑発電してれば問題ないでしょう ♪
(アーシング済みなので、妙に安定してます)





さぁ、納車しましょう・・・・・


と、思ったのですが、
もうひとつ気になることがありまして・・・・・




それは、
バッテリーを取り付けるときに
+プラスターミナルを取り付けて-マイナスターミナルを取り付けるのですが、
その際に「バチバチッ!」っとちょっと多めにスパークするんです w(゚ロ゚)w


そこで、”暗電流”なるものを測定します。

この”暗電流”とは
イグニッションOFF、ドアロックした状態(普段駐車している状態)で流れている電流のことで
時計やオーディオ、各コンピューターなどのバックアップ用で使われている電気のことです。

何かの不具合でこの消費電力が多いと
バッテリーの-マイナスターミナルを取り付けるときに激しいスパークが発生します(滝汗)

一般的に”暗電流”200mA以下なんて言われているようですが、
私の経験では50mA前後がフツウではないかと思われます。




では、早速”暗電流”の測定です。

まずは電気の流れを安定させる為に
少し走行します。
戻ってきてエンジンを止め、ドアロックをして5分ほど待ちます。 Please Wait!
(その前にボンネットを開けておきましょう(爆))


測定方法は色々あると思いますが、
バッテリーのマイナス側とターミナルの間に電流計(電流モードにしたテスター)をセットして
ゆっくりとマイナスターミナルをバッテリー端子から外します。
b0144624_118378.jpg


これで、テスターを介して電気が流れている状態になり測定できます。




”暗電流”の測定結果です↓。
b0144624_1194349.jpg


オドロキの300mA超え (゜ロ゜)ギョェ

「ビンゴ!」でしたねぇ~。




って、大変なのはこれからで
その原因を探らなくてはいけません・・・(悩)



まずは良くある不具合箇所として
オーディオから疑ってみましょう。
b0144624_1125658.jpg


こういう場合は”切り分け”といって
疑いのある電装品のコネクターを外したり、フューズを外したりして不具合箇所を特定していきます。




オーディオという目論見は・・・




見事にハズレて玉砕・・・(泣)



次に疑ったのは



マサカの





b0144624_11284164.jpg


CDチェンジャー。




b0144624_11292433.jpg


カプラーを外して




”暗電流”の測定したところ・・・





b0144624_1130431.jpg


Oh! ビンゴ~ \(^ ^)/ バンザーイ


激減の”暗電流”にもオドロキ (*゚0゚)


今回の故障探求はこれくらいで済んだのでホッとしました。


とりあえず、CDチェンジャーの配線は外しておくことにします。





あ、

最後にこのクルマは
b0144624_1134482.jpg


ゴルフⅢでした~ ♪
[PR]

by french_garage | 2011-04-03 11:45 | その他の車たち | Trackback | Comments(10)