<   2011年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

スピードソウルズPresents S.B.T sport Saxo IN AP

SpeedSeoulsの走行会、3回目。にお付き合いさせていただきました~ d(^^*)


昨日(2月27日)のオートポリスは午後から雨の予報でしたが、
午前中はポカポカ陽気の比較的良い天気でした~。



b0144624_20273273.jpg


車検?もなんなくクリアー σ(゚ー^*)

ですが、
ボンネットのゼッケンが最初の完熟走行で剥がれてしまい、
次の周回で風となりました~(笑)





タイヤも履き替えて、
b0144624_20291438.jpg

(センス無いですねぇ~(悲)、目バリテープとゼッケンの貼りかた勉強します(笑))




すでにゼッケンがありません・・・。
b0144624_20312121.jpg


「迫る~♪、〇〇~♪」




ヒジョーに短いですが(爆)
いくつか動画もあります。
(コンデジの為、画像アライです。エキゾーストノートのみお楽しみください(笑))














Special Thanks
 さと206さん&オトモダチ






スミマセン・・・・・










楽しかったぁ~ \(^ ^)/







その反面、





課題山積みで・・・・・・




ふらすとれーしょん溜まりまくりでございます(涙)
(クルマよりも乗ってた人のリハビリ必要(爆))
[PR]

by french_garage | 2011-02-28 20:54 | Citroen | Trackback | Comments(12)  

1泊2日でタイミングベルト交換!

今日は良い天気ですが・・・・・




明日が心配。。。。。






さて、
タイトルの通り遠路はるばるカングーのタイミングベルトとその他交換で
このお方がいらっしゃいました~ d(^^*)




b0144624_17555634.jpg





交換した部品はコレ↓
b0144624_17564136.jpg

(ザックリでスミマセン・・・(汗))
・タイミングベルトセット
・ウォーターポンプ
・ドライブベルト&テンショナーセット
・オルタネータープーリー(コレはすでに危険な状態でした・・・)





このお方も遊びに来てくださって(無理にお誘いしてスミマセンでした~(汗))
そちらのボンネットの中をミンナで覗いていて気がついたこと。。。



b0144624_1833512.jpg

マニュアルのカングーはオートマのカングーとラジエターが違っています。(アルミ製)
で、アッパーホースの付け根付近からラジエター液が滲み出ていたんですね~。

タイミングベルト交換中のカングーは
ラジエター液を抜いてますので(ウォーターポンプ交換の為)
ホースを外して固まったLLC(クーラント)を掃除してキレイにします。




b0144624_1873349.jpg

ホースバンドは再使用不可なので、新しいバンドに交換しておきます。
(念のためロアーホースもやっておきました ♪)





パワステフルードも抜けてしまうので交換。
タンク内清掃前↓
b0144624_18163669.jpg

b0144624_18173629.jpg

b0144624_18181116.jpg





清掃後↓
b0144624_18184368.jpg

b0144624_1819653.jpg






スロットルも清掃!
b0144624_18193327.jpg

清掃後↑





b0144624_18204323.jpg

このカングーは、見ての通り正規モノではないのですが、




グレードは
b0144624_18214932.jpg

PRIVILEGE。



ただ、良い感じに違うところがあります。



まずは、メーターパネル。
b0144624_1824420.jpg

Goodなホワイトメーターですね!



そして、
b0144624_18251235.jpg

助手席側のグローBOX。(まんまルーテシアっぽいですが・・・)
これは使い勝手も良さそう ♪


その他、ちょこちょこ違うところがあるようです。



おまけ
b0144624_18264536.jpg

ちょっとボンネット裏がキレイになりました~。









明日の大分方面が晴れますように~ 人(´▽`;)
b0144624_1829349.jpg





※業務連絡
明日2月27日(日)は
またまた勝手ながらお休みいたします!


それでは、オヤスミナサイ・・・・・(つc_,- 。)ノ"=з
[PR]

by french_garage | 2011-02-26 18:33 | カングー(Kangoo) | Trackback | Comments(12)  

トゥインゴ GT!とアーシングのお話し。

現行モデルのTWINGOはお初です(笑)




b0144624_20522399.jpg






ポータブルナビとipod用の配線処理で入庫いただきました~ ♪




b0144624_20542584.jpg




b0144624_20551218.jpg






b0144624_2056385.jpg

タコメーターが良い感じですね~。




その後、改めてオイル交換でお預かり~(オイルフィルターが無かったので・・・)




そしてコレ↓も!
b0144624_2058214.jpg

アーシング


ポイントが少なかったので少々悩みましたが
バッテリーやその周りも取り外して何とか理想のカタチになりました(汗)


アーシングって(呼び名はビミョー)
施工されたオーナーさんの大半の方には何かしら体感していただいていて
ご好評いただいておりますが、(クルマを乗り換えられても施工されます)
何と言っても電気は目に見えないもので、巷ではプラシーボ的なイメージが強いです。

今までもランダムにデータをとっては
一人で「おぉ~!」と喜んでいたのですが(笑)
今回はコチラ↓をご覧ください!





コレ↓はアーシング前の発電量です。


一桁以下の電圧に0.05V前後バラつきがあります
これは、いたって正常な数値です。






こちら↓がアーシング直後のデータ


若干電圧は落ちていますが、バラつきが0.01Vで安定しています。

微妙な差ですが
この”安定している”ということは重要で
クルマに使われている各アクチュエーターやセンサー、コンピューターなども
決められた電圧が安定して供給されることが前提で作られており
そこで初めて本来の性能を発揮できます。
これは電気で動くモノ(部品)の寿命にもかかわってくると考えます。

寿命といえばバッテリーですが、
これも充電量が安定すれば寿命も全う出来るでしょうし
”突然死”なんていうことも起き難いのでは?と考えます。
ただし、自動車用バッテリーもタダの”電池”ですので
寿命を全うしたバッテリーは定期的に交換することで
他の電装品の保護にも良いと思われます。
S.B.Tでは、バッテリーの保証期間が過ぎれば寿命で
プラス半年~1年以内の交換が理想と考えてお勧めしています。


過去に「アーシングってオモシロい!」って思ったことがあります。

症例としては
・よくバッテリー上がりを起こしてしまうクルマがあって
 オルタネーターの発電量が足りないということでオルタネーターを交換。
 その後も発電量は思うように上がらずに、どうしようかと悩みながらアース不良を疑って
 試しにバッテリーのジャンプコードをオルタネーターのボディーと
 バッテリーのマイナスに繋いでみました。
 そしたら、驚いたことに発電量が上がり正常な充電量に近づいたので
 アーシングを施工すると完治しました!

・夜間走行中にABSやエアバックの警告灯がチラつくクルマがあり、
 コンピューター診断では電圧異常のフォルトが残っていました。
 状況は夏場エアコンONで夜間走行(ライトON)。
 同じ状況ではやっぱり発電量不足だったので、オルタネーター不良を疑いましたが
 以前のこと(上述)があったので、まずはアーシングをやってみることに。。。。。
 そしたら、治ってしまいました~(喜)

上記の車両はBMWやメルセデス、ポルシェといったクルマたちで
ちょっと旧めや過走行なクルマたち。
これらのクルマにいえることは
どれもエンジンとバッテリーが遠い関係にあること。
BMWはトランクルームに、メルセデスはリヤシート下など
ポルシェもフロントのトランクルームにバッテリーがあります。

この手のクルマにはかなりの確立で効果も体感できるのではないでしょうか。
(ただし、施工はタイヘン・・・(滝汗))




まぁ、なんとなくアーシングって飾りではないということが伝われば幸いです d(^^*)



※注)
 アーシングは必ずしも体感効果などをお約束するものではなく
 また、固体(クルマ)によってもキレイなデータが取れるかどうかも確実ではありません。
 アースを取るポイントや取り方も重要と考えます。



長くなりましたが、
最後にトゥインゴ GTの雄姿をご覧ください(笑)




b0144624_2214322.jpg

b0144624_22151590.jpg



でも、寿命が延びるとか、故障しないとなると
ちょっと困ります・・・・・(爆)
[PR]

by french_garage | 2011-02-24 22:28 | トゥインゴ | Trackback | Comments(10)  

シトロエン Saxo。

いつも隅っこの方に登場しているサクソのネタです!




b0144624_2055157.jpg






簡単に、サラサラ~っといきます(笑)




タイミングベルトの交換。
b0144624_2057146.jpg





なので、
b0144624_20575229.jpg

とーぜんウォーターポンプも交換。
やっぱり取り外しに手こずって割れちゃいましたねぇ~(汗)
以前も同じようなことが・・・)





サーモスタットも交換。
b0144624_2124679.jpg

ただし、ローテンプタイプに!





b0144624_2134395.jpg

クランクプーリーも交換ですが・・・・・。





コレにしました~ d(^^*)




b0144624_21552.jpg

軽量、ゴムダンパー無しです!



b0144624_21669.jpg






マウントは全て強化タイプに変更されています!
b0144624_2164695.jpg






カムカバーからエンジンオイル漏れがあったので、
b0144624_2174981.jpg





b0144624_2183757.jpg

取り外してシーリングをします。





アイドリングバルブや
b0144624_2193364.jpg





b0144624_21101278.jpg

スロットルはキレイに掃除して。。。





スパークプラグは今回BOSCHのフュージョンを使用。
b0144624_2111047.jpg






バッテリーはODYSSEY(ほんだぢゃないよ)で交換。
b0144624_2112646.jpg







b0144624_2113586.jpg

右側のヘッドライトの下には
後付(社外)のオイルクーラーが取り付けてあります。




裏側(タイヤハウスライナー)には穴が開けてあって
メッシュになっていたのですが、
b0144624_2116976.jpg





前側はちょうどフォグランプがあるので
フォグランプは外してありました。
b0144624_21175587.jpg





ですが、大きな飛び石なんか喰らっちゃうとタイヘンなので






メッシュを付けてみました~ ♪
b0144624_21271395.jpg

b0144624_21275076.jpg

b0144624_21294872.jpg

今は黒に塗ってます!




しかし、FFに慣れるのが何時になることやら~(悩)



※業務連絡です。
 明日2月20日(日)は
 勝手ながらお休みさせていただきます。
 (メール等、お問い合わせに付きましては月曜日以降のお返事となります)

 その次の27日は・・・・・・。
[PR]

by french_garage | 2011-02-19 21:36 | Citroen | Trackback | Comments(4)  

S.B.T-Tec sport

正確には昨日までのことですが・・・(笑)




b0144624_20424029.jpg





Light tuningな日々が続いております!
(あ~、楽しい ♪)


詳細は、そのうちに。。。
[PR]

by french_garage | 2011-02-18 20:54 | 今日のS.B.T | Trackback | Comments(4)  

epilogue ~最終章~

シリンダーヘッドオーバーホール&リフレッシュ!の続きです。




さて、もう少しで元気を取り戻すスズキさんちのワゴンR。

シリンダーヘッドを載せたところまでいったのですが、
その前にもう少し・・・。



インテークマニホールドにある付属品(スロットルやインジェクター)も
一旦取り外してキレイにします。
b0144624_19591599.jpg





b0144624_2011516.jpg

↑水温センサーはキレイに磨いて取り付け。
(コレだけでもセンサーの反応が違います!)



ココ↓はサーモスタットがあるところ。(インマニが水の通路と一体になっています)
b0144624_2033082.jpg

黄〇の部分のように
ホースがつながるところには水垢(LLCが粉状になったもの)や、今回の場合サビが酷く
パイプの形状が歪(イビツ)になっています。
このままホースをつないでバンドで締めても漏れることがあるので
キレイに磨いて、さらに錆びにくいようにペイントしておきます。




インジェクターも外して
経年劣化もあるので、燃料漏れしないようにOリングを交換しました。
b0144624_2010529.jpg




ロッカーアームとカムプーリー、クランクのタイミングギヤを取り付けて
タイミングベルトを取り付けます。




コレ↓は半月キーといって、
クランクシャフトとタイミングギヤの位置決め、固定をする重要なもの。
(小さいのでなくさないようにっと ( ̄ー ̄;)
b0144624_20131960.jpg




こんな風に↓セットします。
b0144624_20183593.jpg

(クランクシール&カムシールは交換済み)


一般的には上記のような構造になっていて(カムプーリーにもノックピンなどがあります)
クランク&カムシャフトとプーリーやギヤがずれないようになっているのですが、
(ずれるとタイヘン!)
ルノーをはじめイタ車なんかでもこの回り止めになるキーやノックピンがありません。
参考記事

なので、特殊な工具(SST)と規定トルク、取り付け面の油分を取り除くことが必要になってきます。




キレイにタイミングを合わせてタイミングベルトを取り付けます。
(モチロン、ウォーターポンプは新品で、外側にあるベルトで駆動されます)
b0144624_20265858.jpg




そして、タペット調整。(最近この手のエンジンは少なくなりましたね~)
b0144624_20292590.jpg





b0144624_20312677.jpg

あまりにもサビが酷かったのでラジエター関係のパイプや
ヒーターホースを含む全ての水関係のホースを交換。




スパークプラグも交換。
b0144624_20334715.jpg




今回はタービンもリビルトに交換。
b0144624_2035163.jpg

エンジンオイルのメンテナンス状況は良く、
今回の件では特別に異常があったわけではありませんが、
タービンシャフトに少しガタツキがあったのと、
軽自動車のタービンは酷使されていることが多いので頻繁に交換されることが多いようです。
過剰整備かと思われましたが
オーナーさんの「しばらく故障して欲しくない」という思いと
事情を説明し、快諾を得てからの交換となりました。


タービンの故障パターンは色々あるようですが、
多くはタービンシャフトにガタが出て
インペラがタービン壁面に接触して異音が出る。
最悪、インペラを留めているナットが外れて(逆ネジ)内部でバラバラになる。。。

これは主に油膜切れによりベアリングが損傷することが主な原因のようです。




なので、
エンジンオイルパンを外して検証。
b0144624_20461052.jpg


さすがにオイルメンテは良かっただけあってキレイですね~ d(^^*)

オイル管理が悪いと
上に見える茶漉しのようなモノ(ストレーナー)がスラッジなどで目詰まりをすることにより
油圧低下、油膜切れを起こしてしまうようです。

軽自動車はどうしてもアクセルを踏み気味で、高回転を多用することが多い部類です。
(バイク並み?)

軽自動車、それもターボ車をお持ちの方、
せめてエンジンオイルはマメに交換しましょう ♪




とりあえずラジエターに水と、エンジンにオイルを入れてエンジン始動。

天下・・・・・ではなく、(汗)
点火タイミングをチェック、調整します。
b0144624_20532198.jpg

b0144624_20554817.jpg

しかし、かなり久しぶりに使いました、タイミングライト!
(すでに持っていることすら忘れかけていました~(爆))



今回交換した部品たち。
b0144624_2057512.jpg

画像ではそんなに多くなさそうに見えますが、
部品点数にして約50点!


ラジエターはもう一度内部を洗浄して6回ほど抜き換え(滝汗)
エンジンオイルもフラッシング後2回抜き換えました。
(最終S.B.Tオリジナルオイルをおごってやりました~)




最後におまけ。。。

エアコン(ヒーター)の効きが悪い?(風量も弱い・・・)と思ったら・・・・・




b0144624_2132855.jpg


モチロン、交換しました、エアコンフィルター(笑)
(今時、軽自動車にもちゃんと付いてます!)
[PR]

by french_garage | 2011-02-17 21:11 | その他の車たち | Trackback | Comments(2)  

ルーテシア デイズ!

今日はポカポカ陽気で
仕事もはかどりすぎて・・・・・

緊急お仕事受付中でございます(笑)





やっぱりルーテシア2っていっぱい売れてたんですね~。





b0144624_21205549.jpg




だって、S.B.Tなのにこんなに集まります(爆)




b0144624_21234782.jpg



スポールがPh1、Ph2で2台。
(うち1台は中古車です)

RXTとRXEで計4台!
(うち1台は中古車です)





そしてまた、

中古車が増えました~(笑)


ルーテシア RXE 1.6 A/T
b0144624_21305021.jpg


2002年登録
走行10万キロ





b0144624_21321314.jpg


車検は切れてます。




内外装は年式相応でも
キズ、凹み等も少なくわりとキレイな方です。


ただ、ドアミラーのクリヤーは劣化してます。
b0144624_21345784.jpg






内装はこんな感じ。
b0144624_21353468.jpg


ダッシュボードのベタつきも無くキレイです!





このシートが良いんですよねぇ~ ♪
b0144624_21365584.jpg


年式、走行距離からは想像できないくらいシッカリしてます!

「ルノーのシートはルーテシア2まで」なんていう方もいらっしゃるくらいで、
しかも、このPh1のシートが柔らかすぎず、硬すぎず、
座面の大きさもゆったりしていて最高!

先日、同じルーテシアからカングーに乗り換えられたご夫婦も
「このシートを移植できないか?」とおっしゃっておられました (^^*)

私も以前同じルーテシアを所有していましたが、
やっぱり良いですね~!
(どうしようもなくスクラップになるRXEがあったら、シートだけは確保します!(笑))

とにかく一度座ってみてください!




え~、


このルーテシアRXEは差し上げます。(タダです)

別に、どこか壊れているわけではありません。
現状、ちゃんと走ります!(車検が切れてますが)

懸念されるオートマチックも以前修理されてます。(あとはメンテナンス次第です)


なぜ無料で差し上げるかというと
無料でいただいたからです(爆)


オーナーさんは
ここ最近乗る機会も少なくなったということと
実は、以前より欲しいクルマがあるそうなので(モチロンRENAULTです!)
良い個体を探すことになりました (^^*)


オーナーさん曰く
「部品取りにでも・・・」とおっしゃいましたが、
あまりにもMOTTAINAI(モッタイナ~イ)ので
どなたか乗ってくださる方を募集します。
(また、飼い主探しです(笑))



車両代はタダですが、
車検や登録にかかる費用と
検査に合格する為に必要な整備は必要です。

その他リフレッシュもすると
もう10年、10万キロいけます!(笑)



とりあえず、2月中はナンバーを付けておきます。
(抹消は3月にします)

福岡ナンバーの地区にお住まいの方であれば
このまま(整備して)検査を受けて、移転登録(名義変更)できます。
(新規登録メンドクサイんですよねぇ~(笑))




早い者勝ちですが、
そんなに焦らなくていいかも?(笑)



お問い合わせは
メール:frenchgsbt@gmail.com
TEL  : 092-207-2008
まで、よろしくお願いいたします <(_ _)>




b0144624_22161629.jpg




※追記2012年6月28日
すでにある程度の(ほぼ?)整備及び登録済みです。


[PR]

by french_garage | 2011-02-16 22:19 | 中古車 | Trackback | Comments(8)  

シリンダーヘッドオーバーホール&リフレッシュ!

オーバーヒートの原因がわかったスズキさんちのワゴンR。



ココからは
加工や部品交換を含めて組み上げていきます。




っと、その前に
b0144624_1847456.jpg

降ろしたシリンダーヘッドASSYから
インテークマニホールドやカムシャフト、バルブスプリングを外して
シリンダーヘッド単体にします。





よっこらしょ(と、いってもカル~イ(笑))っと裏返しにして
b0144624_18501467.jpg

残っているガスケットの残骸をあらかた取り除いて
ガスケット面の歪みを測定。



1番、2番シリンダー間の歪みが1番大きくて15/100mm(0.15mm)
そのままヘッドガスケット交換のみで大丈夫な許容範囲は3/100mm(0.03mm)まで。。。
(この基準値は車両により異なります)



まぁ、シリンダーヘッドとブロックの間からラジエター液(冷却水)が漏れている時点で
歪みが限度を超えているのは明らかですが、
修正可能かどうかというのが問題になってきます。



修正というのは、専門の加工屋さんがいて
ガスケット面の歪みが取れるところまで工作機械(フライス)で削ってもらいます。
これを”修正面研”と言い、
NAエンジンでチューニングするときにはさらに研磨して
アフターパーツで薄いヘッドガスケットを使って圧縮比アップでトルクアップしたりします。
(コレ定番)

今回の場合は修理ですし、
ターボ車の場合、過給されてさらに圧力が高くなるので
極端な面研で圧縮が上がると、ヘッドガスケットが抜けることがあるので要注意!
なので、
今回は必要最低限の研磨加工をお願いします。






キレイになって戻ってきたシリンダーヘッド↓
b0144624_1922069.jpg


併せて
バルブシートカット加工もお願いして
バルブを擦り合せて組み込みます。
これは、燃焼室の機密性を保つ為に重要です。






新しいバルブステムシールを取り付けて↓
b0144624_1943958.jpg

b0144624_195636.jpg

全てのバルブスプリングを組み込んでいきます。






色々メーカーによって違いがありますねぇ~。
b0144624_196559.jpg

このエンジンは
カムシャフトを後ろ側(ミッション側)から挿入して
挿入したところにストッパーを取り付けるというもの。

しかも、プラスネジを使用してあります(笑)
ロッカーアームシャフトもプラスネジで
どちらも規定トルクの記述はありません。。。
っていうか、プラスネジのアタマが潰れやすいので困ります・・・(滝汗)






ボロボロと新品のヘッドガスケット↓
b0144624_1993998.jpg




ヘッドガスケットには裏と表があって
b0144624_19103150.jpg

”TOP”と書いてある方が上面です。(”TNP”ではありません(苦笑))
大体どこのメーカーでも刻印なりペイントなりがあると思います。






なぜかウォータージャケットの穴が小さくなってました。
b0144624_1913276.jpg

b0144624_19132024.jpg

部品自体は間違いないということなので
何かの対策なのでしょうか???
ご存知の方がいらっしゃれば教えてください!






さて、いよいよ上と下がドッキングします!
b0144624_19143751.jpg

ヘッドボルトも若干延びていたので新品のボルトで組んでいきます。




もう少し続きがありますので
お付き合いください <(_ _)>



ルーテシアRSもヨロシク~ ♪
[PR]

by french_garage | 2011-02-14 19:23 | その他の車たち | Trackback(1) | Comments(6)  

オーバーヒートの原因。

オーバーヒートしたスズキさんちのワゴンRのつづき。




いきなりシリンダーヘッドを外した状態。
b0144624_105493.jpg

↑ヘッドガスケットはまだブロック上に残っている状態です。





この状態↓はスゴイ!
b0144624_1071078.jpg

ウォータージャケット(クーラントが流れる通路)が半分くらい詰まってます(滝汗)





ガスケットを外した状態。↓
b0144624_10121790.jpg



この後、こびりついたガスケットを地道にスクレーパーで剥がして
さらにオイルストーンで磨きを掛けて、ブロック上面をなるべく均一にキレイにします。




すると、こんな↓感じに。
b0144624_10175681.jpg


シリンダーブロックは鋳鉄製ですので
すでに侵食されて、ところどころ巣穴が空いているところがあります。




この際、ピストンヘッドもキレイにしておきます。
b0144624_1021377.jpg






さて、
ココからが本題。




モチロン、タイミングベルトやウォーターポンプも交換します。

そのウォーターポンプの取り外しの様子↓。
b0144624_10225015.jpg


さすがに錆が酷かったというだけあって
スゴイ状態です!



ウォーターポンプ・ブロック側取り付け面。
b0144624_10245720.jpg

サビ錆~(汗)




取り外したポンプ側↓
b0144624_1026311.jpg

コチラもやはり錆がスゴイ事に・・・・・。



ん、




ちょっと待った!




なんか変???






新品のウォーターポンプとの比較です。↓

b0144624_10294371.jpg

外したウォーターポンプ↑




新品のウォーターポンプ↓
b0144624_11322851.jpg


は、羽根(ぺラ)が無いィ~!


久しぶりに見ました、こんな状態。。。(笑)

よほど水(クーラント)の管理が悪かったのでしょう。
多分、新車~昨年オーバーヒートするまでの間、ラジエター液を交換してないのではないかと・・・。

それで、
羽根が錆びてボロボロになり、ゴミとなってエンジン各部、ラジエターなどに堆積して詰まったのでしょう。

そして、詰まりだけではなく
ポンプが水を回せなくなるので、コレも結果的にオーバーヒートの原因になります。
(それで、サーモスタットが外してあったということです)




今は”スーパーLLC”といって
10年くらい交換しなくても良いモノがあるようですが
そうでないものは2年毎の車検ごとには交換したいですね。

※〇〇車検のような格安車検だとメニューに含まれていないことが多いので
 適宜交換しましょう。




さぁ、ココからがリフレッシュですが
長くなりましたので、また次回の講釈で。。。
[PR]

by french_garage | 2011-02-13 11:55 | その他の車たち | Trackback(1) | Comments(6)  

本日のS.B.T。

今日は九州・福岡でも雪になりました~。




b0144624_18103894.jpg

午前中はこんな↑感じでフワフワした雪で、積もりそうではなかったのですが・・・。



たまには、吹雪いてみたり・・・・・。
b0144624_18134683.jpg







そんな中、





こんな↓ところから、
b0144624_1815895.jpg

かごんまじゃっどん、(笑)





素敵な代車?に乗って
b0144624_18183623.jpg

せんこうさんが遊びにやってきてくれました~ d(^^*)
(ついでですが・・・(爆))





こんな↓部品も揃ったので
b0144624_18204323.jpg

楽しくなりそう! \(^ ^)/





夕方にはえらいことになっております~(泣)
b0144624_18224722.jpg

b0144624_18231177.jpg





帰れるかなぁ~(ビミョー)


帰れなかったら、誰か一緒に泊まりましょう ♪(笑)
[PR]

by french_garage | 2011-02-12 18:24 | S.B.Tのおススメ! | Trackback | Comments(10)