カテゴリ:R4(キャトル)( 1 )

 

数字ルノー。

梅雨真っ只中、
今日も曇天空模様の九州は福岡地方 (*´Д`)



こんな雨が降り続くと
調子を崩すクルマも出てきます。。。


現代のクルマ(家電?)では皆無かもしれませんが、
キャブレターっていう(すでに死語?)構造を持ってるクルマ達は
気候、天候によって調子を左右されることもしばしば・・・。
まるでイキモノみたいです ♪




しかし、
全然梅雨時期とは関係ない日の出来事・・・(爆)



エンジンを始動できなくなったR4(キャトル)がやってきてました。




b0144624_1315775.jpg

この画像で見るより、全然キレイなキャトル(カトルがホント?)。
ほぼワンオーナーに近い固体で極上です!




エンジンが始動できないのは
どうやら燃料系統が怪しい様子。。。



この状態↓でクランキングすると・・・
b0144624_134431.jpg





b0144624_1352710.jpg

どうやら、キャブレターまでは燃料が来ている感じ。



キャブレターを覗きながら
アクセルを操作しても燃料が出てない・・・・・

どうやらキャブレターに難ありの様子。

しかし、キャブレターは別のショップさんで最近O/H済みだということでした。。。(謎)
確かに、キャブ回りが妙にキレイです(笑)




ン~、


少し考えてから、「やっぱりキャブをバラしてみるか!」とオーナーさんに了解を得て
それでもバラす前にやってみたいことがあったので
「チチン、プイプイ」(古っ!)と、おまじないを掛けてみたら・・・・・





あら、不思議!

エンジン始動OK!

吹け上がりも絶好調!

その後、何度やっても一発始動OK!(セミトラなので始動性バツグン!通常ありえな~い(笑))




ん~・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・謎(爆)



推測では
多分ちょっとゴミが詰まってたとか、フロートの動きが悪かったとかそんな感じかなぁ~。

こういう場合、キャブレターをバラして
いまいち”コレ”という原因がつかめないまま組み上げたら
”エンジンかかっちゃった”パターンだったかも?


とりあえずテスト走行を何日かやって、それでも良好でした。

症状が出ていないのに、不必要にあちこちバラしてしまうより
このまま様子を見てもらうことに。




走行中、ちょっと気になったのが
リヤからの音。



リヤハブベアリングを外して、
b0144624_13243754.jpg





b0144624_13252529.jpg

手にグリスを取り




b0144624_132618.jpg

”ペッタン、ペッタン”とベアリングを押し付けてグリスを内部に入れていきます。

この”テーパーローラーベアリング”はこのようにグリスアップが可能ですが
現在のクルマはほとんどが密閉式だと思うので
異音が出たりすれば交換です。

ただし、ローラーのガタツキがちょっと大きいようです。
ローラーベアリングも消耗するので適宜交換が必要です。





エンジンルームも驚くほどキレイです! w(゚ロ゚)w
b0144624_13304532.jpg


ちょいと燃料ホースに”夏対策”をしてあげて完了。





b0144624_13325268.jpg


なんともかわいらしい後姿 ♪



特に最近の日本車って
色んな機能や装備があって
ステアリングも指だけで回せるくらい軽くて”楽(らく)”なモノが多いですが
”楽しい”クルマって少ないような気がします。。。

R4もパワステやパワーウィンドウもありませんが(あ、窓はスライド式です)
乗るとなんだかフワフワしてて
急いでいても、どうでもよくなるような不思議な感覚になります。

気分的にこんな感じ↓ですかねぇ~ (^^*)




[PR]

by french_garage | 2011-06-18 13:46 | R4(キャトル) | Trackback | Comments(6)