カテゴリ:カングー(Kangoo)( 38 )

 

コカングーのエアコン

久しぶりにネタでも書いてみます(^^;
残暑厳しき折、エアコンネタなんかいかがでしょうか。


未だに根強い人気のコカングー。
エアコン故障には色々ありますが、簡単なところでガス漏れ。
簡単といってもコンプレッサーやコンデンサー(ラジエターの前にある)から漏れると
修理費も高価になります。
今回はそれ以外、
比較的安価な修理である(であろう)パイプなどのつなぎ目(パッキン)からの漏れ。

☝で安価と書きましたが、
今回ご紹介するのはパッキンからの漏れでもちょっと厄介な部分。。。
b0144624_13455444.jpg

☝パイプ下の奥の方に黄緑色の液体が見えると思いますが、
これはエアコンサイクル内に漏れ検知の蛍光剤を入れている為。
と、いう事はこのあたりからガスが漏れていることになります。

この場所はエバポレーターといって、
基本車室内側にあるラジエターの小さいヤツ。
このエバポにブロアで風を当てて車内に冷風が出る仕組み。

コカングーやルーテシア(クリオ)2等ではワイパーリンクがあるところに鎮座してます。
b0144624_13521636.jpg

b0144624_13525752.jpg

ワイパーリンクやカバー等色々取り外して、知恵の輪状態でユニットごと取りだします。

基本部品としてはユニットASSYの供給です。
(お幾らなのかは知りませんw)
エバポ本体からの漏れだとASSY交換ですが、
つなぎ目からの漏れだと思われるのでケースを上下半分に分割して
エバポを取りだします。
b0144624_13574225.jpg

b0144624_1359437.jpg

b0144624_13592115.jpg

b0144624_13593672.jpg

ん~、やはりつなぎ目が怪しいですね~。




b0144624_1402572.jpg

お~、ボルトで外れます(^^)
☟この2つのパッキンに適合するパッキンを探して交換。
b0144624_1413234.jpg




b0144624_142310.jpg

b0144624_1422753.jpg

エバポケースもキレイに洗ってエバポASSYを組み上げます。


ここからが大事!

このケースにはブロアファンも付いてます。
なので、
内気循環の時には車内のエアーを一旦車外にあるエバポケースに導いて
車両真ん中付近の穴から車内に入れます。
b0144624_1479100.jpg

☝真ん中にある四角い大穴。

このエバポケースASSYがある場所は車外で、無論雨が降ると濡れます。
(洗車しても濡れますよ(笑))
と、いうことは
内気循環用の穴とブロアからのエアー導入口の大穴にはパッキンが必要です。
b0144624_1411568.jpg

モチロン再使用すると雨漏れの可能性があるので
防水パッキンを貼り直して取り付けます。



このエバポから漏れるのは
1.6Lになったカングーの途中から。
(正確にはわかりません)

システムのサプライヤーは・・・・・
b0144624_14195255.jpg

某日本国の有名メーカーwww

このメーカー以前はValeoだったんですが、
そちらは漏れた個体を診たこと無いです(^^)
(造りが違います)

まぁOE供給なんでしょうけど、わざわざイメージダウンです(笑)

以前コカングーやメガーヌ、ルーテシア2なんかで
イグニッションコイルのリコールがあったんですが、
リコールかかる前のパーツもこのDENSOというメーカーでした。
実際よく壊れてました(-_-;)
リコール後はBERUというメーカーになってます。
b0144624_1430314.jpg

b0144624_14301681.jpg

最初は「怪しいメーカーだなぁ・・・」と思ってましたが、
以外や以外(笑)
ほとんど不具合もなく良いメーカーという認識に(*^_^*)

それでも経過年数、距離も皆さん伸びてきて
ぼちぼちコイルがダメになるケースも出てきてはいます。
b0144624_14341580.jpg

b0144624_14343483.jpg

☝リークしたり、不発になったり。


なので、
日本メーカーの部品だから安心ということはありません(笑)
(むしろ酷い?・・・)
それは大昔の話、イヤ、神話です(爆)
[PR]

by french_garage | 2016-08-23 14:43 | カングー(Kangoo) | Trackback | Comments(2)  

カングー カングー カーンーグー

ご無沙汰しておりますm(__)m

貴重な画像を入手したのでうpしますwww














b0144624_18522891.jpg

左からBEBOP、デカングー(カングー2)、グランカングー。

b0144624_18532381.jpg

b0144624_18533673.jpg




比べてみましたその①
オシリの方。
b0144624_18562410.jpg

b0144624_18564374.jpg





比べてみましたその②
クォーターガラス
b0144624_18582375.jpg

BEBOP☝

b0144624_18592951.jpg

デカングー☝

b0144624_190852.jpg

グランカングー☝




比べてみましたその③
スライドドアから後(BEBOP除外w)
b0144624_1911733.jpg

デカングー☝

b0144624_1914168.jpg

グランカングー☝




比べてみましたその④
リヤタイヤハウス(BEBOP撮り忘れ・・・)
b0144624_1931241.jpg

デカングー☝

b0144624_194572.jpg

グランカングー☝





比べてみましたその⑤
ドアミラー
b0144624_21281677.jpg

b0144624_21365890.jpg

デカングー&グランカングー




比べてみましたその⑥
リヤゲート
b0144624_21295417.jpg

デカングー&BEBOP





縦列
b0144624_21305753.jpg

b0144624_21311310.jpg

b0144624_2131316.jpg

マキシ、エクスプレス、コンパクト

b0144624_21323043.jpg






貴重な3兄弟並びありがとうございます!


さてさて、仕事仕事~♪
[PR]

by french_garage | 2015-02-20 21:41 | カングー(Kangoo) | Trackback(1) | Comments(4)  

ブロアファン

カングー1でちょっと小ネタ。




空調用のファン(ブロアファン)。
カングー1では4段階で風量の調整ができますね。

よくある例として最大風量が出ない場合だと
ブロアレジスター(抵抗器)がその原因だったりします。

このレジスターを交換してもまた同じような症状になったりする場合は
ファンモーターも要交換だったり
レアなケースでは
レジスターもファンモーターも交換して同じ症状が続く時はゴニョゴニョ・・・・・・。(秘密保護適用w)




今回ご紹介する事例も他のクルマでココ半年複数台診てきて
よくある事では無さそうですが一概にレアケースでもないと思われる事象です。



症状としてはブロアファンの風が出たり出なかったり、
頻度的に風が出ないことが多くなってからご入庫いただきました。

どんな不調・不具合もそうですが、
診断にはまず症状が確認できることが大前提です。
良くある不調だと過去の事例から故障(しているであろう)箇所を推測することは可能ですが
やはり症状確認できると故障箇所特定は早くなります。
(レアケース除く)


ブロアファンの診断なので、セオリーどおりエアコンパネル裏のコネクターの点検や
レジスター、ブロアファンの点検。
その中で当然配線の点検も含まれるのですが(電源、アースなど)
途中につなぎ目(コネクター)がある場合は外して目視による点検も必要です。

カングー1もレジスター、ブロアファンの配線の途中にコネクターがあり
そのコネクターを外してみると・・・・・




b0144624_10165287.jpg

b0144624_10171983.jpg

b0144624_1018557.jpg

b0144624_10183498.jpg


焼損してますね~。
これでは接触不良がおきてブロアファンが回らないこともあるでしょう。

と、言うか元々接触不良が原因でこうなった(焼損した)ということも考えられます。
(こういう場合アース不良も視野に入れて点検、修復)



さて、コレをどうするかというと




b0144624_10243881.jpg

b0144624_1025797.jpg


1本1本半田にて直結!

ココのコネクターが必要かどうかというと
製造工程上取り付けられたと思われるので多分必要ないでしょう。
もしココを切り離すことがあれば、
切断してまたチマチマ半田付けします(笑)


エアコンフィルター交換時には点検すると良いでしょうね。
今回は焼損していてもなんとかコネクターを外すことができましたが
もうちょっと焼け具合が酷いと、溶着して外すことは困難です。



以上、ご参考になれば~♪







※業務連絡
 来る12月14日(土)はお休みいたします。
 アシカラズご了承ください m(_ _)m





 
[PR]

by french_garage | 2013-12-12 10:39 | カングー(Kangoo) | Trackback | Comments(0)  

最近多い修理事例 カングー

いつの間にか師匠も走る12月、
更新頻度が落ちているにもかかわらず毎日たくさんのご訪問ありがとうございます <(_ _)>

お伝えしたいことは色々あるのですが
なかなか筆が進まず・・・・・

ですが、有意義な情報は秘密保護することなくお伝えして(笑)
より良いカーライフを送っていただけるよう願っております。
(ちょっとは秘密なこともあります(爆))



さて、最近多い整備・修理事例ということで
走行距離が伸び、旧くなってくると色んなところに”ガタ”がきます。

私的に以前はそんなに気にしていなかったところでも
「こういうこともあるんだ~」なんて再認識することが多くなってきました。
特にカングーなどは出回っている台数が増え(ルノーにしては)
なおさらそう感じるのかもしれませんね。


そんな中でもまだまだ人気のカングー1。
今回は足回りのお話です。


ルノーは基本的にフロントはマクファーソンストラット、
リヤはトレーリング方式で、部品点数も少ないシンプル構造。
部品点数が少ないのでソコソコ耐久性もあり整備性も悪くない。
(一部しんどいブッシュ交換ありw)

このシンプルな構造の足回りが
日本とは速度域の違う石畳の国で熟成され
適度な硬さとロール感、最良の乗り味を演出していると思うのですが
半永久的なものではないのも事実。
主にゴム質でできているブッシュ類は経年劣化するし
ジョイント(ここでは主にボールジョイント)部もグリスの劣化等で磨耗し
少々ガタつきが出てきます。
さらにそのジョイント部を覆うダストブーツが破れていると
ゴミ(泥・砂)が浸入、グリスが飛散しジョイントの劣化は急速に早まります。





コレ↓酷い例 (⌒_⌒;




b0144624_15395923.jpg

b0144624_15403562.jpg


すでにグリスはドコへやらw
水分の浸入によりサビが出て、そのサビがヤスリ代わりとなり(泥・砂も)
金属の磨耗を助長します。
この状態ではガタつきも大きくジョイント部が外れそうな勢いでした(汗)


このジョイント部分はフロントロアーアーム。



b0144624_15481177.jpg


複数台この部品を交換したのですが
ハンドル位置にかかわらず、左側が酷く痛んでいるのは道路事情からでしょうか?
特にダストブーツが破れると一気にこの状態までになるようです。

無論足回りに関してこういう左右対称物は
現状悪く無さそうな反対側もセット交換でお勧めです。

10万キロ超、足回り等リフレッシュお考えの方は同時交換すると良いでしょう 060.gif




ですが、カングー1、ルーテシア(クリオ)2RSでは
ロアーアームASSYでの部品供給になります。
ASSYなのでフレーム側のブッシュも新品になって良いのは良いのですが
違うブッシュに交換しているクルマにはゴムブッシュ必要ないですし
ASSYもそれなりなお値段ですので
「ブッシュは後からでいいけどぉ~・・・」な方もおられるかと思います。

ですので、当方ではボールジョイントのみでも交換してます。
(ちなみに純正部品ではありません)



b0144624_1613501.jpg







それから、
アンチロールバー(スタビライザー)のブッシュも劣化しているクルマが多く見受けられます。




b0144624_1643572.jpg

b0144624_16435716.jpg

コチラ側↑はゴムがなくなってますw


ココのブッシュ、計4箇所あるんですが
この交換作業がシビレるぅ~ (;≧皿≦)。゜°。ううううぅぅぅ
ルノーってこのスタビが結構効いてるので
DIYでの作業はあまりお勧めしません。
(チャレンジした方コメント募集!(笑))




b0144624_1649576.jpg





イヤ~、この度は(も)色々と勉強になりました。
ありがとうございます!
[PR]

by french_garage | 2013-12-11 17:38 | カングー(Kangoo) | Trackback | Comments(8)  

カングー ギリギリ?セーフ。

以前もお伝えしたドライブベルトのテンショナーのお話し。




突然お見えになられたカングーシトラス。




b0144624_15474272.jpg


ただS.B.Tがどんなところか”ふらっ”と遊びにいらしただけなんですが
ちょっとエンジンルームを覗かせてもらうと・・・・・







b0144624_15494628.jpg

b0144624_15502826.jpg

b0144624_15505283.jpg


これはアブナイ!
すでにベルトの山がひとつズレてます(滝汗)

このままだと、ベルトがスルメのように避けて・・・・・orz

無論このまま緊急入院。


当ブログでも再三告知してますが
カングー、ルーテシア等にお乗りの方は定期的に点検されて
適宜修理&メンテナンスされてください。








※業務連絡
 明日3月30日(土)は
 誠に勝手ながらオヤスミをいただきます。
 メール等のお返事は明後日31日(日)以降になりますので
 アシカラズご了承ください <(_ _)>
[PR]

by french_garage | 2013-03-29 15:59 | カングー(Kangoo) | Trackback | Comments(4)  

ドライブベルトのテンショナー。

やっぱり2月は”逃げて”いきましたね~(笑)
気がついたら”ひな祭り”です(爆)


表題のとおりカングーなどで頻発している
ドライブベルト(アクセサリーベルト、ファンベルトとも言う)の不具合。




b0144624_1258508.jpg


上の画像のように外側にずれてきていたら危険なレベル・・・。

このままずれてベルトが外れただけなら”ラッキー”(笑)
じわじわずれて、ベルトがスルメのように裂けていくと・・・・・

バルブクラッシュエンジン損傷 007.gif
詳しくはこちらコチラ



不具合のあるテンショナーを外してみると
b0144624_1364143.jpg

このように斜めになってます。。。


ベルトを含め新品に交換してからも
その後走行15000kmくらいでこの予兆が出始める固体もあり(早いパターンで)
「それじゃ、あんまりだ・・・」と永いこと思い続けて
対策を講じてみることに。(タイシタコトナイケド、ナイショ)

現在数台のクルマでテスト中。
ちょっと長期的なテストになるので今後経過を診ていきましょう。


現在覚えている中で、これに該当する車種は
・カングー1
 車台番号VF1KC0B・・・・・
       VF1KC0S・・・・・
・ルーテシア(クリオ)2
 車台番号VF1CB0T・・・・・
       VF1BB0L・・・・・
       VF1BB1L・・・・・
・メガーヌ1
 車台番号VF1BA04・・・・・


なるべくマメにチェックしてください。







昨年末から重い腰をやっと上げて、
S.B.Tでも?カー?のルーテシア2RSをちょとだけメンテナンス~060.gif




b0144624_13265032.jpg


って、ちょっとじゃなかったぁ~(滝汗)


新カテゴリーシリーズ
「オレのRSモディファイ」始まる!

Don't miss it!
[PR]

by french_garage | 2013-03-03 13:43 | カングー(Kangoo) | Trackback(1) | Comments(2)  

まだまだ人気!カングー1

未だ中古車市場では高値が付けられているカングー1。

5ナンバーサイズで使い勝手も良く、ちょっとオサレw
それだけではなく、
1.6Lツインカムエンジン(言い回しが旧いねぇ~)は必要にして十分。
足回りはフロント:ストラット、リヤ:トレーリングアームと古典的ながら(メンテは簡単♪)
熟成された味付けと、ボディー剛性、シートのすばらしさとも相まって
乗り味、乗り心地は流石おフランス生まれ~・・・・・
的なところでの人気でしょう(笑)



そんなカングー1、
未だにメンテユーザーさんが増え続けています。



初めての方で、最初にお問い合わせが多いパターンは・・・

1.オイル交換(特にATF)
2・調子が悪い(色々)、もしくはすでに何かが故障(ウォッシャーやエアコン、オートマチックなど)
3.とりあえず、どんなところか(S.B.Tが)見てみたいw
  (今後のメンテナンス相談付き)


それから、最近多いのが
「車検おねがいできますか?」
っていう、いきなり車検バージョン(笑)

今までのメンテ履歴がわからないので
タイミングベルト関係やATFの交換履歴など根掘り葉掘りお聞きしますが
購入されて数ヶ月くらいの方ばかりなので未知なことが多い。。。

しかし、皆さんタイミングベルトのことだけは気になって
購入前に履歴を確認されているようですね。



そんな中でも、
5年落ち、最終モデルに近いカングー1が多いのですが
前オーナーさんは3年目:1回目の車検を安価に済ませていることも多いような気がします。。。




b0144624_20104667.jpg




エアコンのフィルターも真っ黒。
b0144624_2012060.jpg

b0144624_2013236.jpg


「エアコンのフィルター換えなくても壊れないから・・・」
なんて言ってたら、
こんなことにもなりかねませんぜ~。



スロットルも真っ黒。
b0144624_20172477.jpg





ブレーキパッドは・・・




b0144624_20185495.jpg


おぉ~、ギリギリ (; ̄ー ̄川




今回はローターもセットで交換。



b0144624_20203291.jpg

b0144624_2021345.jpg




おっと、パワステフルードが足りてません・・・。
b0144624_20215249.jpg




原因はコレ↓



b0144624_2022588.jpg

パワステの高圧ホースに滴るフルード・・・

ホースがダメかと思いきや




b0144624_2024581.jpg

パワステプレッシャーセンサーからのフルード漏れ。
(よくあるパターン)

フルードが無くなると
ポンプまで傷めてしまうので
定期的に点検、整備しましょう♪

このプレッシャーセンサー以外では
油圧パワステに関する故障は少ないです、ルノーは。(多分)




b0144624_20273663.jpg

その他、ルーティーンでエアエレメント交換。




コチラ↓はルーティーン外でw


「なんだか、リヤから微妙な音がするなぁ~」と思ったら
b0144624_2030547.jpg

リヤハブベアリングのシールが飛んでます。



b0144624_2031614.jpg

左右とも・・・orz



ベアリングは油圧プレスで打ち抜き、打ち込み。



b0144624_2033305.jpg






ココからは別のカングー。
キレイな最終型の赤(スリーズレッド)でしたが
クルマの画像撮り忘れ~ (T□T)



スロットルは・・・
b0144624_20361923.jpg

やっぱり真っ黒。



ブレーキフルードが・・・
b0144624_2037870.jpg

ひーこー色(コーヒー色ね)



前回の車検で換えてないなぁ?




b0144624_20391853.jpg


コーヒー色でもないなぁ・・・
なんだろ、この色 (゚ペ)?



真新しいのはコレ↓



b0144624_20414361.jpg







左のドライブシャフトブーツ内側。
b0144624_20423380.jpg


ちょっと滲んできてますね~、ミッションオイルが。

今回はとりあえず洗い流して様子見。

でも、ミッションオイルは交換してみました。




b0144624_20445674.jpg





5万キロちょい、
b0144624_20462245.jpg


結構汚れてますな。。。
適宜交換お勧めします!





購入以前からのご相談も受けてますので
お気軽にお問い合わせください。








が、しかし、
ありがたいことにここ1週間ほど新規のメンテユーザーさんでごった返しておりましたので
メール等でのお問い合わせに対する返信や
今後のメンテスケジュールの見積もり、段取り等遅れがちでございます。
何卒ご容赦下さい <(_ _)>


また、脳ミソがひとつしかありませんのでw
メモってはおりますが、すっかり忘れてしまっていることもございます・・・。
申し訳ございません・・・ <(_ _)><(_ _)>

その際は、やさしく催促くださいませ <(_ _)><(_ _)><(_ _)>

よろしくお願い申し上げます!
[PR]

by french_garage | 2012-11-08 21:00 | カングー(Kangoo) | Trackback | Comments(16)  

ルノー カングー エンジン修理 その2

ルノー カングー エンジン修理の続きですが、

その前に・・・



そろそろこんな季節です。




b0144624_203558100.jpg


2012年9月9日(日)阿蘇いこいの村

詳しくはコチラ

8日(土)からキャンプできる方は、
”ウマシカ”な話しを肴に一献酌み交わしましょう ♪
(前泊予定で調整中・・・)
S.B.Tステッカーが貼ってあるクルマがあれば
気軽に声掛けてみてください (^^)







さて、本題。



シリンダーヘッド自体の塩梅がよろしくなさそうなので
中古エンジンを探しましたが、見つからず・・・・・。
ホントはシリンダーヘッドだけ欲しいんですが、
中古パーツ屋さんってエンジンブロックだけ残ってもどうしようもないので
エンジンASSYで購入しないとダメなんです。。。


色々考えた挙句















そういえば、

















他にも同じエンジンを搭載した車両もあることに気が付き、
















エンジン周辺及び内部の全ての部品を
部品番号にてカングー1と照合・・・・・。

















いけそうやん d(⌒o⌒)b♪~



で、
今回見つかったのは
メガーヌ1 Ph2 1.6 RXTのエンジン。


ただ、
「シリンダーヘッドだけ欲しいんですけど~・・・」の無理な問いに
なんとOKいただいて




b0144624_213278.jpg

ヘッドのみ中古で購入することが出来ました~ ♪
(カムシャフトも付いてくるよ)


さぁ、ここからはダッシュでご紹介(笑)


早速専用の洗浄液で”漬けおき洗浄中”



b0144624_2153080.jpg



ダイブキレイになりましたね~。
b0144624_2164590.jpg

(下が旧いヘッド)



燃焼室も洗浄。
b0144624_2184346.jpg

b0144624_2193495.jpg

OKOK♪


各バルブも”ミガクミガク”
b0144624_21103692.jpg




ヘッドを載っけるまえに
b0144624_2112395.jpg

フロントカバーを外してシーリング&クランクシール交換&ウォーターポンプも交換しておきます。



ヘッドガスケット面をキレイにしておいて(ブロック側も)ドッキングぅ~♪
b0144624_21145154.jpg

規定トルクで締めて、



角度締め~(汗) (;´▽`A``
b0144624_21181963.jpg

モチロン、ヘッドボルトは新品。



”こけし”みたいなコレ↓
b0144624_21213622.jpg

「油圧タペット」「ハイドロリックタペット」「ラッシュアジャスター」などなどetc・・・・・
色々な呼び名がありますが、
カムシャフトがバルブを押し下げる際に
その隙間をエンジンオイルの圧力(油圧)によって自動調整(ゼロに)してくれているモノ。



b0144624_2125189.jpg

こうやって指でつまんで
縮んでしまうヤツはダメなヤツ(笑)
エンジン始動時に「ガチャガチャ」いったり
アイドリング中でもメカニカルノイズが大きい固体は
大体2~3個くらいダメなヤツがいるかも?
なので、良質なオイルを使うとか
半年もしくは5000キロでオイル交換するとかってやっぱり大切だと思います。
だからって絶対壊れないわけじゃないけど
少なからず影響はあると思うので。。。。。

先を見越して全部新品にしたいところですが
1個が結構なお値段なので
たまたま?私が持っている中古タペットから良好なものを選んで
ダメなヤツだけ間引いて3個くらい中古で交換。




b0144624_21334590.jpg

キレイに洗浄して
良質なオイルのお風呂で一晩ゆっくりしていただきます(笑)



そして翌日・・・・・
b0144624_21352631.jpg

タペットを挿入しロッカーアームを載せてからの・・・カムシャフト。
(IN、EXを間違えないように~(笑))




b0144624_2137190.jpg

b0144624_21373388.jpg

ジャーナル部分にも良質なオイルを塗布して組み付け。



シリンダーヘッドカバーを取り付け(ここでちょっと問題が~(爆))
b0144624_21391015.jpg

SSTでカムシールを組み込んで



カムプーリーを取り付けですが・・・
b0144624_21405496.jpg

b0144624_21421424.jpg

プーリーにもカムシャフトにも”キー”(回り止め)が無いので要注意!
組み付け時に油分があると滑る可能性があるので
必要以上に脱脂します。




b0144624_21434658.jpg

タイミングを合わせて、ベルトを張って規定トルクで締め付け。



今回のカングーは1年以上お不動さんだったので
b0144624_2146193.jpg

b0144624_2147830.jpg

オートマチックのバルブボディーも洗浄O/H。



フローセンサーからATFが漏れていたので
b0144624_21485957.jpg

パッキン(Oリング)交換。




組みあがってエンジンに火を入れる(始動する)瞬間は
やっぱり緊張~( ̄ー ̄; ヒヤリ


しかし、
組みあがったエンジン音の静かさに最高~ ♪






その後、ガス(LPG)の機密検査を受けて
b0144624_21552141.jpg

b0144624_21542451.jpg

新規登録で検査も無事合格!



晴れて公道復帰できました。
[PR]

by french_garage | 2012-08-26 22:10 | カングー(Kangoo) | Trackback | Comments(6)  

ルノー カングー エンジン修理

さてさて、大作の始まりです(笑)




このときちょっとだけお知らせした”BI-FUEL”のカングー。




b0144624_18392147.jpg




2度目のバルブクラッシュにより w(゚o゚)w
オーナーさんが代わってエンジン修理になりました。

1度目の原因はオルタネータープーリー不良により
ドライブベルトをタイミングベルトカバー内に巻き込んでのバルブクラッシュだったモヨウ。
(前回は当方で修理してないので詳細は・・・)

今回の原因を調べようと思いましたが
他所でエンジンストップの原因追求の為、
あらかた分解してあったので不明・・・・・。


とりあえず、関連する部品を点検し
全て交換するという方向で修理していきます!


まずはシリンダーヘッドを取り外して
バルブ、ピストンなどの損傷具合を確認。

大体はインテーク及びエキゾーストバルブの全交換で修理可能なはず・・・・・・・・・・・・・・・・・
















が、しかし




b0144624_18492676.jpg

バルブが燃焼室から飛び出るくらいの損傷。
(エンジン回転が高い状態でのクラッシュだったのか?)



b0144624_1851344.jpg

バルブの曲がりも「パネェ!」




上の画像の通り
バルブの”傘”の部分が飛び出しすぎて
ヘッドガスケット面及びバルブシートに損傷を与えていることと、
バルブの”棒”の部分が通っているバルブガイドにも「ガタつき」があるので
このシリンダーヘッドは使用しない方が良いと判断。

b0144624_1914694.jpg


ちなみに、バルブガイドやバルブシートは
メーカーによっては単体で部品が供給されていて
打ち換えることも可能ですが、ルノーでは単体供給なし。。。

シリンダーヘッドASSYでの新品交換しかありませんが
お値段もそれなりに・・・。
(新品エンジンASSYよりは安価ですが(笑))

特注でガイドやシートを製作する方法もありますが
コチラも予算や時間と見合うかどうか・・・・・。
ガスケット面に損傷もあるし、やはりこのヘッドは使用しない方向で・・・
さて、どうするか!



キレイにした後↓
b0144624_198496.jpg


ピストン頂部には傷があるものの
シリンダー壁面もキレイなのでエンジンブロック側は使用可能ですが
この際中古エンジンASSYで交換したほうが時間的にも良いと判断。
















でも無いのよね~、中古エンジン。。。( ´△`)アァ-
カングーはよく売れたおかげで
それなりにスクラップになる固体も多く(ちょっと悲しい)
中古部品もそれなりに流通しているんですが・・・・・

エンジンだけが無いんです。。。

その理由はやっぱり”バルブクラッシュ”
今回と同様のパターンが多く、
でも他のところでは、シリンダーヘッドまで分解して修理可能かどうかは見極めずに
すぐさまエンジンASSYで載せ換えることが多いようで
カングーの中古エンジンは需要も高く、お値段もそれなりに。。。
(そういえば「中古エンジンありますぅ?」っていう問い合わせも多いなぁ(笑))




で、
探しましたよ~海外まで(笑)


でも、ふとあることに気がついたんです!
















「シリンダーヘッドだけ中古であればいいのにね~♪」








続きは次回の講釈で (⌒ー⌒)ノ~~~




夏季休業日のお知らせ。

8月12日(日)~8月15日(水)までの4日間。

8月16日(木)から通常営業いたします <(_ _)>
[PR]

by french_garage | 2012-08-09 19:36 | カングー(Kangoo) | Trackback(1) | Comments(2)  

ルノー カングー お化粧直し。

先週から九州地方は記録的な豪雨に見舞われ
熊本や大分、福岡では犠牲になられた方も多数いらっしゃいます。
この場を借りて、ご冥福をお祈り申し上げます。


ここ福岡市内でも、集中的に凄まじい雨の量で



b0144624_1435189.jpg

b0144624_145299.jpg



道路を川の様に水が流れていました~(汗)




湿度はありますが



b0144624_14123523.jpg


今日はなんとか晴れ。

あ、今日のうちに洗濯を・・・(;^_^A アセアセ・・・




ところで、カングーのお話し。
(先代のカングー1)


オーセンティックっていうバージョンがあって
いわゆる「素」のグレード、廉価版って言ったら失礼ですが(笑)
いかにもフランス車っぽい (^^)



カラーバンパーから




b0144624_21132950.jpg

(ちょっと旧い画像です)















黒いバンパーへ。
b0144624_21161019.jpg

b0144624_2118268.jpg

ヘッドライト下のウィンカーもオレンジなモノに変更。



ホイールもセンターキャップに換えて。
b0144624_21194856.jpg





b0144624_2120441.jpg

ドアミラーカバーも黒へ。(これで少々擦れても平気?)





モチロン、リヤバンパーも黒いヤツに変更ですが・・・

b0144624_21225021.jpg









左側の損傷が思ったより酷くて・・・



b0144624_2125216.jpg


一見するとリヤバンパーを留めているボルトの回りだけの損傷に見えますが、
給油口の下あたりから、リヤフェンダープレスラインを通って
タイヤハウスの真ん中アタリまで歪んでおりました。。。



取り付けブラケットもこんな感じに・・・・・↓




b0144624_2130492.jpg




b0144624_21303368.jpg

コチラ↑反対側の正常な方。




とりあえずリヤバンパーを取り付けないといけないので
「昔とった~ナントカ~」で、ブラケット部分を修正。



b0144624_21341367.jpg

b0144624_21345060.jpg


極力リヤフェンダー(見えるところ)の色が割れたり影響が出ないように荒出しして。
当てイタとハンマーで大体修正(笑)




b0144624_21372558.jpg


サンダーで割れた色を削り落として・・・
(パネルなど本格的な板金だとココからパテを数種類使ってサフェーサーなどで下地を作る)




とりあえず錆びないように色を付けておきました。




b0144624_21413478.jpg


ナントカ、リヤバンパー取り付けに成功!

久しぶりに板金チックなことをやると楽しい~ ♪




フロントバンパーの組み替えもちょっと大変(汗)



b0144624_2144728.jpg


ホントはオーナーさんがDIYで交換される予定だったそうですが、
ナンバーステーもリベット留めだし、リップスポイラーはでっかいホッチキス(タッカー?)留めなので
結構大変だったかも。





もうひとつ大変なのがドアミラーカバーの交換。。。



ナニが大変かって言うと、




b0144624_2148631.jpg


この↑ミラーレンズの取り外し。
硬い樹脂のヘラみたいなものでめくるように外すのですが
最悪レンズが割れることもあるかも・・・。






今回はメンテナンスネタではないネタでちょっと新鮮だったことでしょう(笑)


実はこのときカングーが5台 w(゚o゚)w




b0144624_21534858.jpg

(全部撮りきれなかった・・・)


一人”カングー村”を楽しんでおりました~ o(〃^▽^〃)o
[PR]

by french_garage | 2012-07-17 17:29 | カングー(Kangoo) | Trackback | Comments(4)