2017年 05月 02日 ( 1 )

 

グランカングー絶不調・・・その⑥

間が空きましたがグラカンの続きです。


っと、その前に
----------------------------------------------------------------------------
明日5月3日~7日まで勝手ながらお休みをいただきます<(_ _)>。
メールでのお問い合わせに関しましては8日以降順次お返事させていただきますので
何卒ご了承ください。
----------------------------------------------------------------------------


え~、
アースポイントを磨いて
再度不思議な箱を取り付けて帰宅時テスト走行。

最初10分くらいはやけに調子良く走ってたんですが、
信号待ちからのスタート時に吹け上がらなくなってきました(^_^;)
(アクセル開度にエンジンが反応しない)

それでも2000rpm以上は吹ける感じだったのでなんとか一山超えて(テストコース)
自宅まであと信号一つ、200mくらいのところで息絶えました( _ _ )..........o

無論こういったテスト走行時にはテスター積んで繋いでデータ取りながら走ってますので
ストール直後の故障メモリー☟
b0144624_1856541.jpg

(スマホカメラで撮影)
DF053と885、RAIL PRESSURE関係という事はやはり燃料系統ですね。
(DF1012は上記に付随してメモリー)

すぐに再始動を試みましたが始動できなくて、
クルマの通りもそれほど多くないのでそのまま惰性で左に寄せてハザードストップ。
(若干登坂路なのでゆっくりバックで)


IG OFFで数分待ってから再始動すると始動できたので、
なんとか工場まで戻れるだろうと引き返し出発ε=(o・・)oブーン

ギクシャクしながらもある程度の回転数を維持しながら走行中、
今までいくつかの学習値リセットを実施すると若干調子が戻ったことがあったので
工場へ向かう途中もしものことを考えて広い駐車場でいったん停車してテスターを繋ぎ直す。

で、
・燃料ポンプ交換時のリセット
・インジェクター交換時のリセット
・EGRバルブ交換時のリセット
上記3点を実施してエンジン始動!

始動はOK。






























しかし、アクセル踏んでも全く吹けなくなり
走行不能へ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(´_`。)グスン
チェックランプ点灯で警告メッセージも出る出るwww

先ほどストールした時の故障メモリーは消しておいたので
改めて故障メモリーをチェック☟
b0144624_18563742.jpg

DF053の代わりにDF771 FLOW CONTROLをメモリー。
いずれも燃料系統に変わりはありません。

時刻は21時半を回ったところ。

すぐにJAFさんと保険会社のレッカーサービスへ連絡して、
都合の良い方のレッカーを手配。

アイドリング・半クラッチくらいだとクルマの移動もできたので、
積載車に載せやすいようにクルマを配置。
30分くらいでレッカー到着。


これで走行できないくらいの不調になったので問題点は発見しやすくなったはず?(笑)
この時考えたのは、
アースポイントを磨いて不思議な箱を取り付けたことによって悪いところが露になったのだろうと。
だとすると、機械的というよりはやはり電気的な部分での故障が疑わしくなってきました。




まだまだto be continued。
[PR]

by french_garage | 2017-05-02 19:03 | オレのカングー | Trackback | Comments(1)