タイミングベルト交換してますか?

ルーテシアRSとクリオRSの時の黄色い方です。

だいぶFBMネタで引っ張りすぎてますので・・・遅くなりました。

b0144624_18321464.jpg






b0144624_18331930.jpg

っとこんな感じでフロントバンパー、ヘッドライト、それからインテークマニホールドなんかもばらして行きます。





b0144624_19144860.jpg

それでルノーの場合必要になるのがコレ↑





b0144624_1917827.jpg

↑こうやってカムシャフトを後ろ側?から固定します。


ここでちょっと《豆知識》
ルノーの場合ミッション側(エンジンの後ろ側)から1番シリンダー、2番シリンダー・・・というふうになっております。(通常日本車なんかだとベルト側からになります)


なんでカムシャフトを固定するかと言うとカム山の作用角の関係でタイミングベルトがかかっていてテンションがあるうちはいいのですが、ベルトを外すとカムシャフトがクルッと回ってしまってタイミングベルトを取り付ける際にやりにくい、と言うのと
ここからが恐ろしい話で、ルノーエンジンは作用角と共にリフト量(吸、排気バルブを押し出す量)も大きい(と思う)ので1番シリンダーが圧縮上死点の時に4番シリンダーは排気上死点にあり、インテーク、エキゾーストのカムシャフトがそれぞれ外側に回った時、悲劇は起こるのです(_ _|||)
エキゾーストカムは排気が終わっているにもかかわらず逆方向に回って排気バルブを押し下げ、インテーク側のカムはまだ開いちゃダメなのにはやまって吸気バルブを開いてしまいピストンがトップ位置に来ている4番シリンダーさんの頭にコツッとバルブさんが当たってしまうのです。
通常コレぐらいだと問題ないレベルだと思うメカニックの方はいらっしゃると思うのですが、こういう状態になったあと正常にくみ上げてもエンジン上部からカチャカチャ音が出ます。
これはバルブの挟み角やバルブのステム長(シャフトの長さ)に関係してくるもので微妙な曲がりが出て音が出てしまうものと思われます。
ただエンジンは普通に始動できるしちゃんと吹けあがるのですが・・・。





ちょっと《豆知識》長くなりましたがもう1つの工具の使い方はコレ↓
b0144624_2023053.jpg

エンジンブロックにサービスホールがありまして、そこに差し込みます。
それでクランクシャフトのカウンターウェイト(バランスウェイト)の一部分に切り欠きがあってそこにジャストフィットしてクランクシャフトを固定します。





何で固定が必要かと言うと・・・↓
b0144624_20104888.jpg

一見何の変哲もないタイミングプーリーとクランクシャフトなんですが・・・・・・
な、な、な、なんとタイミングプーリーとクランクシャフトの位置決め用のキー(半月キー)が無いんです!(コレ ホント)
どうやってタイミングプーリーとクランクシャフトを動かないようにしているかと言うと、補器ベルトのプーリーと友締めのボルトで一定のトルクで締め付けた後角度締めと言う方法で取り付けてあります。
「え、ホントに大丈夫?」と思うのですが、フォーミュラールノーも同じエンジンを使っているのですが・・・同じでした。
ので、高回転回しても大丈夫なのでしょう?
補器ベルトのプーリーボルトを緩めた時点でクランクシャフトが回ってしまうと(単体で回ってしまうので)ピストントップの位置が分からなくなってしまいます。
トップ位置を出したいだけならダイヤルゲージなんかを使うって方法もありますが、やっぱりクランクシャフトを固定してないと規定トルクでボルトが締め付けられないのでSSTは必要です。





b0144624_2027324.jpg

ルーテシアのボディーに2.0Lエンジンは結構酷なものがあります(汗





コレも↓絶対必要なSSTです(笑
b0144624_20294642.jpg






b0144624_20315512.jpg

使い古したタイミングベルトですが、よく「見た目は大丈夫そう・・・」なんて事を耳にしますがはっきり言って分かりません。
タイミングベルトが「切れる」とよく言いますが、切れたクルマは見た事がありません。
別の原因、例えばドライブベルト(ファンベルト)が切れて巻き込んだりすれば切れる事もありますが、タイミングベルト単体で切れるということはほとんどないと思います。
過去の経験では山飛び(タイミングのずれ)によってバルブとピストンが干渉すると言うのが一般的でした。
これは走行距離も無視できませんが経過年数でも(走行が少なくても)実際起こっています。
私が思うにバルブのリフト量も大きい、実圧縮もかなりある、タイミングベルトにもそれなりに負担がかかる、ストップ&ゴーが多い道路事情、ましてやオートテンションではない、(オートテンションの方が怖い気もしますが)等の事からやっぱり指定の交換サイクルで交換するのが安心だと思われます。





b0144624_20474152.jpg

その他ミッションマウントや、
b0144624_2049247.jpg

b0144624_20494270.jpg

エンジンマウントも交換して、タイミングもばっちし合った事でアイドリングは静か~になり吹けあがりも最高ー!になったとさ。




以上タイミングベルト交換っの巻き・・・でした。
[PR]

by french_garage | 2008-11-10 20:58 | ルーテシア(Clio RS&V6) | Comments(2)  

Commented by shu@spider at 2008-11-11 12:53 x
何度見てもいい色ですね!
カッコイイ!!
Commented by S.B.T at 2008-11-11 17:49 x
BMWから乗り換えますか?

<< 曇りのち晴れ(ヘッドライトのお... フレンチブルーミーティング(R... >>