アーシングのワンオフ施工

ローターの点検で入庫したRenault MEGANE CC、アーシングの追加施工です。

過去にも数回施工しているので、ケーブル総延長は20M超えています。
施工の度に予想外の効果が相変わらず不思議です。
賢くないDP0が国産車CVT並のスムーズな変速、本来の性能を得ることが出来ました。

b0144624_2081958.jpg


今回はシリンダーブロックや、複数ユニット間のアースを追加しました。

b0144624_2012267.jpg


ケーブルの取回しや、共締めの場所に細心の注意を払います。

b0144624_20153011.jpg


最後に、このターミナル。
オーナー自身の手作り「あと2ヵ所の追加アースに対応出来る」そうです。

b0144624_2022558.jpg



同じATユニット(AL4)搭載のPeugeot307や、CitroenC4のお車で変速ショックが気になる方は、試してみては?
[PR]

by french_garage | 2008-06-22 20:29 | メガーヌ(MEGANE) | Trackback(1) | Comments(2)  

トラックバックURL : http://frenchgsbt.exblog.jp/tb/8858722
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 「French」はじめま.. at 2008-06-28 09:31
タイトル : エアコンのガス漏れ
入庫中のRenaultMEGANE CC、エアコンの修理です。 修理といっても、サービスバルブからのガス漏れです。 MEGANEでパーツ検索しても、パイプアッセンブリとなり部品単価と工賃の負担が大きくなります。 French GARAGEではそんな無駄な事は行いません。 *左が新品、右がクルマから外した物 バルブ単体を交換して、真空引きしてガス充填します。 エアコンガスは冷え具合を確認して、3本入れました。 凄く効きます。 正直、寒い...... more
Commented at 2008-06-22 20:30
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by french_garage at 2008-06-23 22:32
欧州車全般では、バッテリー突然死・窓落ち・AT変速ショックでしょうね。

定期的なメンテナンスで油脂廻りの交換+アーシングで格段に寿命は延びると思います。
名前
URL
削除用パスワード

<< エアコンのガス漏れ ローターの点検 >>