ルノー カングー エンジン修理 その2

ルノー カングー エンジン修理の続きですが、

その前に・・・



そろそろこんな季節です。




b0144624_203558100.jpg


2012年9月9日(日)阿蘇いこいの村

詳しくはコチラ

8日(土)からキャンプできる方は、
”ウマシカ”な話しを肴に一献酌み交わしましょう ♪
(前泊予定で調整中・・・)
S.B.Tステッカーが貼ってあるクルマがあれば
気軽に声掛けてみてください (^^)







さて、本題。



シリンダーヘッド自体の塩梅がよろしくなさそうなので
中古エンジンを探しましたが、見つからず・・・・・。
ホントはシリンダーヘッドだけ欲しいんですが、
中古パーツ屋さんってエンジンブロックだけ残ってもどうしようもないので
エンジンASSYで購入しないとダメなんです。。。


色々考えた挙句















そういえば、

















他にも同じエンジンを搭載した車両もあることに気が付き、
















エンジン周辺及び内部の全ての部品を
部品番号にてカングー1と照合・・・・・。

















いけそうやん d(⌒o⌒)b♪~



で、
今回見つかったのは
メガーヌ1 Ph2 1.6 RXTのエンジン。


ただ、
「シリンダーヘッドだけ欲しいんですけど~・・・」の無理な問いに
なんとOKいただいて




b0144624_213278.jpg

ヘッドのみ中古で購入することが出来ました~ ♪
(カムシャフトも付いてくるよ)


さぁ、ここからはダッシュでご紹介(笑)


早速専用の洗浄液で”漬けおき洗浄中”



b0144624_2153080.jpg



ダイブキレイになりましたね~。
b0144624_2164590.jpg

(下が旧いヘッド)



燃焼室も洗浄。
b0144624_2184346.jpg

b0144624_2193495.jpg

OKOK♪


各バルブも”ミガクミガク”
b0144624_21103692.jpg




ヘッドを載っけるまえに
b0144624_2112395.jpg

フロントカバーを外してシーリング&クランクシール交換&ウォーターポンプも交換しておきます。



ヘッドガスケット面をキレイにしておいて(ブロック側も)ドッキングぅ~♪
b0144624_21145154.jpg

規定トルクで締めて、



角度締め~(汗) (;´▽`A``
b0144624_21181963.jpg

モチロン、ヘッドボルトは新品。



”こけし”みたいなコレ↓
b0144624_21213622.jpg

「油圧タペット」「ハイドロリックタペット」「ラッシュアジャスター」などなどetc・・・・・
色々な呼び名がありますが、
カムシャフトがバルブを押し下げる際に
その隙間をエンジンオイルの圧力(油圧)によって自動調整(ゼロに)してくれているモノ。



b0144624_2125189.jpg

こうやって指でつまんで
縮んでしまうヤツはダメなヤツ(笑)
エンジン始動時に「ガチャガチャ」いったり
アイドリング中でもメカニカルノイズが大きい固体は
大体2~3個くらいダメなヤツがいるかも?
なので、良質なオイルを使うとか
半年もしくは5000キロでオイル交換するとかってやっぱり大切だと思います。
だからって絶対壊れないわけじゃないけど
少なからず影響はあると思うので。。。。。

先を見越して全部新品にしたいところですが
1個が結構なお値段なので
たまたま?私が持っている中古タペットから良好なものを選んで
ダメなヤツだけ間引いて3個くらい中古で交換。




b0144624_21334590.jpg

キレイに洗浄して
良質なオイルのお風呂で一晩ゆっくりしていただきます(笑)



そして翌日・・・・・
b0144624_21352631.jpg

タペットを挿入しロッカーアームを載せてからの・・・カムシャフト。
(IN、EXを間違えないように~(笑))




b0144624_2137190.jpg

b0144624_21373388.jpg

ジャーナル部分にも良質なオイルを塗布して組み付け。



シリンダーヘッドカバーを取り付け(ここでちょっと問題が~(爆))
b0144624_21391015.jpg

SSTでカムシールを組み込んで



カムプーリーを取り付けですが・・・
b0144624_21405496.jpg

b0144624_21421424.jpg

プーリーにもカムシャフトにも”キー”(回り止め)が無いので要注意!
組み付け時に油分があると滑る可能性があるので
必要以上に脱脂します。




b0144624_21434658.jpg

タイミングを合わせて、ベルトを張って規定トルクで締め付け。



今回のカングーは1年以上お不動さんだったので
b0144624_2146193.jpg

b0144624_2147830.jpg

オートマチックのバルブボディーも洗浄O/H。



フローセンサーからATFが漏れていたので
b0144624_21485957.jpg

パッキン(Oリング)交換。




組みあがってエンジンに火を入れる(始動する)瞬間は
やっぱり緊張~( ̄ー ̄; ヒヤリ


しかし、
組みあがったエンジン音の静かさに最高~ ♪






その後、ガス(LPG)の機密検査を受けて
b0144624_21552141.jpg

b0144624_21542451.jpg

新規登録で検査も無事合格!



晴れて公道復帰できました。
[PR]

by french_garage | 2012-08-26 22:10 | カングー(Kangoo) | Comments(6)  

Commented by はすねん at 2012-08-27 17:40 x
この前お聞きした『キーなし』『角度締め』『脱脂』ですね。

トリコ、どんな車が来るでしょうね?

その中でmaintenanced by S.B.T車両は

どのくらい?(笑)
Commented by S.B.T at 2012-08-28 20:42 x
はすねんさん
『キーなし』『角度締め』『脱脂』
今はドコのメーカーもそういう傾向にあるようです。

念願叶ってのトリコですね!
キャンプOKですか?
Commented by tricolore_5 at 2012-08-28 23:26
9/8~9はどうぞよろしくお願いします!

その日までに仕上げなきゃのクルマもたくさんいらっしゃるようで(笑)
Commented by Wolfey at 2012-08-29 09:09 x
お疲れ様です~~~
んと~~、わたくし、一応、本職はLPG関係でございまして(爆)

会社の営業車も、近年までLPG車を使っておりましたが・・・・
LPGってガソリンと違って、燃焼室を気化熱で冷ますことが出来にくい訳なんですよね。
で、国産のLPG「改」車は、典型的な例として
バルブ、もしくは、バルブシートが減っちゃうんです(マジ)
LPG専用エンジンの場合は、冷却効果が少ないのを見越して設計してあるのですが・・・・・
そうでない「改」仕様の車は、ほぼ、間違いなくバルブ周りが死にます!圧縮抜け(笑)

欧州車のLPG仕様の場合は、ノーマルヘッドでも
全く問題ないと聞きます。
元のエンジンのコストが違うからなんでしょうね~~~~

国産は、いかに安く作るか!ですから
部品のクヲリティーや耐久性が「ギリ」っすな。
Commented by S.B.T at 2012-09-02 14:03 x
tricolore_5さん
8日・・・ウムムムぅ~、
9日は必ずぅ~♪
Commented by S.B.T at 2012-09-02 14:11 x
Wolfeyさん
おぉ~、さすが専門家!
そうなんですねぇ~。

これはWolfeyさんのお近く?のRKさんの作品で
大多数が日本車ですが今のところ大丈夫ということです!
(数百台の実績)

今はプ〇ウスのBI-FUEL製作中らしいですよ~。
と、いうことは
燃料はガソリン&LPG
動力は内燃機関&モーター
さて、この場合の呼び名は???

<< Alpine Le Mans ルノー ルーテシア エアコン >>