ルノー カングー エンジン修理

さてさて、大作の始まりです(笑)




このときちょっとだけお知らせした”BI-FUEL”のカングー。




b0144624_18392147.jpg




2度目のバルブクラッシュにより w(゚o゚)w
オーナーさんが代わってエンジン修理になりました。

1度目の原因はオルタネータープーリー不良により
ドライブベルトをタイミングベルトカバー内に巻き込んでのバルブクラッシュだったモヨウ。
(前回は当方で修理してないので詳細は・・・)

今回の原因を調べようと思いましたが
他所でエンジンストップの原因追求の為、
あらかた分解してあったので不明・・・・・。


とりあえず、関連する部品を点検し
全て交換するという方向で修理していきます!


まずはシリンダーヘッドを取り外して
バルブ、ピストンなどの損傷具合を確認。

大体はインテーク及びエキゾーストバルブの全交換で修理可能なはず・・・・・・・・・・・・・・・・・
















が、しかし




b0144624_18492676.jpg

バルブが燃焼室から飛び出るくらいの損傷。
(エンジン回転が高い状態でのクラッシュだったのか?)



b0144624_1851344.jpg

バルブの曲がりも「パネェ!」




上の画像の通り
バルブの”傘”の部分が飛び出しすぎて
ヘッドガスケット面及びバルブシートに損傷を与えていることと、
バルブの”棒”の部分が通っているバルブガイドにも「ガタつき」があるので
このシリンダーヘッドは使用しない方が良いと判断。

b0144624_1914694.jpg


ちなみに、バルブガイドやバルブシートは
メーカーによっては単体で部品が供給されていて
打ち換えることも可能ですが、ルノーでは単体供給なし。。。

シリンダーヘッドASSYでの新品交換しかありませんが
お値段もそれなりに・・・。
(新品エンジンASSYよりは安価ですが(笑))

特注でガイドやシートを製作する方法もありますが
コチラも予算や時間と見合うかどうか・・・・・。
ガスケット面に損傷もあるし、やはりこのヘッドは使用しない方向で・・・
さて、どうするか!



キレイにした後↓
b0144624_198496.jpg


ピストン頂部には傷があるものの
シリンダー壁面もキレイなのでエンジンブロック側は使用可能ですが
この際中古エンジンASSYで交換したほうが時間的にも良いと判断。
















でも無いのよね~、中古エンジン。。。( ´△`)アァ-
カングーはよく売れたおかげで
それなりにスクラップになる固体も多く(ちょっと悲しい)
中古部品もそれなりに流通しているんですが・・・・・

エンジンだけが無いんです。。。

その理由はやっぱり”バルブクラッシュ”
今回と同様のパターンが多く、
でも他のところでは、シリンダーヘッドまで分解して修理可能かどうかは見極めずに
すぐさまエンジンASSYで載せ換えることが多いようで
カングーの中古エンジンは需要も高く、お値段もそれなりに。。。
(そういえば「中古エンジンありますぅ?」っていう問い合わせも多いなぁ(笑))




で、
探しましたよ~海外まで(笑)


でも、ふとあることに気がついたんです!
















「シリンダーヘッドだけ中古であればいいのにね~♪」








続きは次回の講釈で (⌒ー⌒)ノ~~~




夏季休業日のお知らせ。

8月12日(日)~8月15日(水)までの4日間。

8月16日(木)から通常営業いたします <(_ _)>
[PR]

by french_garage | 2012-08-09 19:36 | カングー(Kangoo) | Comments(2)  

Commented by ubar at 2012-08-09 20:32 x
あ、答え、先に聞いちゃいましたね (^^;
だまっとこ(笑
Commented by S.B.T at 2012-08-10 09:33 x
ubarさん
あ、答え、先に言っちゃいましたね (^^;
運が良かったのです!

<< ルノー ルーテシア エアコン ルーテシアRS ブッシュ交換e... >>