予防整備?

アーシングで調子が良くなったゴルフⅡでしたが、
経年劣化は避けて通ることはできません。



今日は調子良いのか?・・・・・2アップ(笑)




前々回の画像はこんなん↓でしたが、




b0144624_19231422.jpg

(すぐにわかるクルマ当て(笑))


ナニをしたかというと




b0144624_19245226.jpg


ラジエターの交換!

「えっ、それって予防整備?」
と、言われるかもしれません。。。

そうなんですよねぇ~、
”ラジエター”ですもんね~。

まだ漏れたりしてるわけじゃないんですけど
いかにも”古そぉ~”な感じで
「もしかしたら、新車の時のまま?」くらいなラジエターだったんです。

それと、
同じゴルフⅡを私が所有してるとき
ラジエター液を交換しようと、ホースを外した瞬間
ラジエター側が割れてホースの中に残ってました・・・orz

なので、樹脂でできているサイドタンクが割れるんじゃないかという心配もありまして
交換お勧めしました。

もうひとつ心配なことは
すでに純正部品としては存在しないということ。
社外品もいつまであるのでしょう?(心配)






私は”ヘタレ”なので(爆)
作業性重視でエアコンのパイプも外させていただいたのですが
ここから↓すでにガス漏れしてました・・・。



b0144624_19433824.jpg

サービスバルブの周りはすでにオイルまみれに・・・。




キャップの内側にはエアコンオイルが付着。
b0144624_19451634.jpg





ガス漏れの模様を、ピンボケ動画でどーぞ(笑)





※ボリュームMAXでご覧ください m(_ _)m




モチロン、ココのサービスバルブは交換。




b0144624_19544914.jpg


旧ガスR12と、現行のガス134aではバルブの大きさが違います。

欧州車と日本車では規格が違う?ので、これまた適合しません。
(アメ車はどうなの???)

一部アウディーやVWではチェックボール式もありますが
同じ”虫ゴム”タイプであれば大体の欧州車は同じかも?
(POルシェには適合でした)

同じルノーでも
車種によっては部品検索上パイプやホースASSYでしか部品が検索できないことがありますが
交換はバルブだけでOKです!




このクルマは旧ガス(R12)仕様で
アタリマエですが、現在はほぼ手に入りません・・・。
”代替フロン”なるものは世の中にありますが中身は134aなので
若干冷え具合もよろしくないし、
分子が小さいのでガス漏れが懸念されます。



そこでS.B.Tでは
こんな↓かわいいガスを使ってます ♪




b0144624_2071053.jpg




色々オモシロいこともありますので
詳細は夏が終わる前までには”なんとか”ご紹介したいと思います(爆)



それでは、今日はこの辺で~ (^∀^)ノ~~
[PR]

by french_garage | 2011-06-12 20:15 | その他の車たち | Comments(2)  

Commented by お兄様 at 2011-06-12 21:48 x
今年は、オモシロイガス(笑気ガス?)のお世話になるのかな?
Commented by S.B.T at 2011-06-13 09:10 x
お兄様
※注)
 ×オモシロイガス=ヘ〇ウムガス

<< ゴルフⅡ 追記 プントのワイパーと・・・。 >>