epilogue ~最終章~

シリンダーヘッドオーバーホール&リフレッシュ!の続きです。




さて、もう少しで元気を取り戻すスズキさんちのワゴンR。

シリンダーヘッドを載せたところまでいったのですが、
その前にもう少し・・・。



インテークマニホールドにある付属品(スロットルやインジェクター)も
一旦取り外してキレイにします。
b0144624_19591599.jpg





b0144624_2011516.jpg

↑水温センサーはキレイに磨いて取り付け。
(コレだけでもセンサーの反応が違います!)



ココ↓はサーモスタットがあるところ。(インマニが水の通路と一体になっています)
b0144624_2033082.jpg

黄〇の部分のように
ホースがつながるところには水垢(LLCが粉状になったもの)や、今回の場合サビが酷く
パイプの形状が歪(イビツ)になっています。
このままホースをつないでバンドで締めても漏れることがあるので
キレイに磨いて、さらに錆びにくいようにペイントしておきます。




インジェクターも外して
経年劣化もあるので、燃料漏れしないようにOリングを交換しました。
b0144624_2010529.jpg




ロッカーアームとカムプーリー、クランクのタイミングギヤを取り付けて
タイミングベルトを取り付けます。




コレ↓は半月キーといって、
クランクシャフトとタイミングギヤの位置決め、固定をする重要なもの。
(小さいのでなくさないようにっと ( ̄ー ̄;)
b0144624_20131960.jpg




こんな風に↓セットします。
b0144624_20183593.jpg

(クランクシール&カムシールは交換済み)


一般的には上記のような構造になっていて(カムプーリーにもノックピンなどがあります)
クランク&カムシャフトとプーリーやギヤがずれないようになっているのですが、
(ずれるとタイヘン!)
ルノーをはじめイタ車なんかでもこの回り止めになるキーやノックピンがありません。
参考記事

なので、特殊な工具(SST)と規定トルク、取り付け面の油分を取り除くことが必要になってきます。




キレイにタイミングを合わせてタイミングベルトを取り付けます。
(モチロン、ウォーターポンプは新品で、外側にあるベルトで駆動されます)
b0144624_20265858.jpg




そして、タペット調整。(最近この手のエンジンは少なくなりましたね~)
b0144624_20292590.jpg





b0144624_20312677.jpg

あまりにもサビが酷かったのでラジエター関係のパイプや
ヒーターホースを含む全ての水関係のホースを交換。




スパークプラグも交換。
b0144624_20334715.jpg




今回はタービンもリビルトに交換。
b0144624_2035163.jpg

エンジンオイルのメンテナンス状況は良く、
今回の件では特別に異常があったわけではありませんが、
タービンシャフトに少しガタツキがあったのと、
軽自動車のタービンは酷使されていることが多いので頻繁に交換されることが多いようです。
過剰整備かと思われましたが
オーナーさんの「しばらく故障して欲しくない」という思いと
事情を説明し、快諾を得てからの交換となりました。


タービンの故障パターンは色々あるようですが、
多くはタービンシャフトにガタが出て
インペラがタービン壁面に接触して異音が出る。
最悪、インペラを留めているナットが外れて(逆ネジ)内部でバラバラになる。。。

これは主に油膜切れによりベアリングが損傷することが主な原因のようです。




なので、
エンジンオイルパンを外して検証。
b0144624_20461052.jpg


さすがにオイルメンテは良かっただけあってキレイですね~ d(^^*)

オイル管理が悪いと
上に見える茶漉しのようなモノ(ストレーナー)がスラッジなどで目詰まりをすることにより
油圧低下、油膜切れを起こしてしまうようです。

軽自動車はどうしてもアクセルを踏み気味で、高回転を多用することが多い部類です。
(バイク並み?)

軽自動車、それもターボ車をお持ちの方、
せめてエンジンオイルはマメに交換しましょう ♪




とりあえずラジエターに水と、エンジンにオイルを入れてエンジン始動。

天下・・・・・ではなく、(汗)
点火タイミングをチェック、調整します。
b0144624_20532198.jpg

b0144624_20554817.jpg

しかし、かなり久しぶりに使いました、タイミングライト!
(すでに持っていることすら忘れかけていました~(爆))



今回交換した部品たち。
b0144624_2057512.jpg

画像ではそんなに多くなさそうに見えますが、
部品点数にして約50点!


ラジエターはもう一度内部を洗浄して6回ほど抜き換え(滝汗)
エンジンオイルもフラッシング後2回抜き換えました。
(最終S.B.Tオリジナルオイルをおごってやりました~)




最後におまけ。。。

エアコン(ヒーター)の効きが悪い?(風量も弱い・・・)と思ったら・・・・・




b0144624_2132855.jpg


モチロン、交換しました、エアコンフィルター(笑)
(今時、軽自動車にもちゃんと付いてます!)
[PR]

by french_garage | 2011-02-17 21:11 | その他の車たち | Comments(2)  

Commented by LANDY at 2011-02-17 23:25 x
シリーズ、楽しく読ませていただきました!
なかなか見られないところだけに、勉強になりますね~
毒キノコつきとは驚きでした(笑)
Commented by S.B.T at 2011-02-18 09:25 x
LANDY さん
排気量が小さいクルマほど
無意識にアクセル踏み込んでるんですよね~。
なので、オイル管理は重要!

キノコを付けると、アクセルOFFの吹き返しで
変な音がするんですよぉ~・・・。
(ゲップみたいな(笑))
社外のブローオフバルブが良いですね~。

<< S.B.T-Tec sport ルーテシア デイズ! >>