ルノーの故障で定番になりつつあるモノ・・・。

今日の昼間は久しぶりに天気が良かった福岡地方ですが、



やっぱり・・・・・




寒いぃ~ (;≧皿≦)。゜°。ううううぅぅぅ







さて、故障の定番の話しですが、
エンジンルームを覗いてみて
このような↓黒いものが散乱してはいませんか?エンジンルームを開けてチェックしてみましょう。
b0144624_20572086.jpg

b0144624_20574517.jpg





これは、そう・・・




b0144624_2059072.jpg


オルタネーターのプーリー部分から出てきたモノ。。。




でかいナットを外してみると・・・


b0144624_21061.jpg


中のダンパー部分はボロボロ・・・・・




b0144624_2114919.jpg

完全に破れて分離しちゃってますね~。

こうなると、
プーリーだけカラ回りして、発電しなくなり
バッテリー警告灯(チャージランプ)が点灯します。
            

通常、チャージランプが点灯すると
オルタネーター自体(レギュレーターなど)の不良という場合が多いので
即オルタネーター本体(ASSY)交換なんですが、
このプーリーを採用している
・ルーテシア
・カングー
・メガーヌ
などは、まずはこの部分を疑った方がよいでしょう。



このクルマ(カングー)は、かろうじて発電していたようで
チャージランプは点灯してませんでしたが、
「キィ~」という異音にオーナーさんが「コレはおかしい!」と気づいて緊急入庫となりました。

異音の原因はコレ↓
b0144624_21153938.jpg

b0144624_2116818.jpg


プーリーとダンパー(ゴム)部分が分離してしまっているので
プーリーのアルミの部分と
オルタネーターのボディー部分が接触して異音を発生させます。




b0144624_21184187.jpg

↑ゴムダンパー無しのプーリーに交換しておけば
今回のような故障は防げるでしょう。




オルタネーター脱着の際、
パワステのパイプを外すので
この機会にパワステフルードの交換もおススメしています。
(パワステフルードもたまには交換してあげましょう ♪)



コレ↓はパワステフルードタンク内にあるストレーナ(フィルター)
b0144624_21241132.jpg

清掃前




清掃後↓
b0144624_2126876.jpg





タンク内清掃前↓
b0144624_21271512.jpg





清掃後↓
b0144624_21282197.jpg





b0144624_2129710.jpg


本来パワステフルードも透き通っています!
ルノー車では
パワステフルード漏れなどの故障は少ないですが、
黒くなってしまっているフルードはよろしくないですね。
キャップをあければ簡単に見ることが出来るので
一度チェックしてみましょう。





おまけ

イグニッションコイルの配線をカバーしているチューブが
ボロボロになっている固体もタマに見かけます。
b0144624_2136207.jpg


この状態でも通常カバーが付いているので見えないですし
回りが樹脂なので万が一配線の被服が破れても
ショートすることは無いかもしれませんが・・・




b0144624_21382447.jpg


やっぱりこの方が気持ちいいですものね~ (^^*)






b0144624_21403920.jpg

[PR]

by french_garage | 2011-01-08 21:44 | カングー(Kangoo) | Comments(2)  

Commented by inmycab at 2011-02-07 09:10 x
はじめまして〜こちらのおかげでカングーのウィークポイント詳しくなっちゃいました。ありがとうございます。昨年末さいたま市から長崎までの長距離遠征旅行(往復2500km)では、調子が悪くなったらお寄りしようかと思ってました(笑) また寄らせていただきます。
Commented by S.B.T at 2011-02-08 19:41 x
inmycabさん
コメントありがとうございます!
調子が悪くないときに寄ってください(笑)

今後ともヨロシクです!

<< エンジンオイル。 メガーヌの定期的な・・・。 >>