ルノーっていうだけでも希少なんですが・・・(笑)

b0144624_20141945.jpg


もっと希少価値があります。。。
エスパスⅣ。





すでにご存知の方が多いかと思われますが、
(すでにコチラで紹介されています)
なんと!
b0144624_20174534.jpg

クーリング(ラジエター)ファンブレードが
モーターから外れてしまっていました(汗)





まずは
その原因調査へ・・・・・。




b0144624_20221231.jpg

本来はモーターシャフトに”ポジドラ”でネジ留めされている部分は



b0144624_2024218.jpg

ファンブレードの樹脂の中に鋳込んで?あります。。。

が、
しかし、
上の画像のように
溶けてファンブレードのみが脱落したようです???




なぜこのように
溶けてしまったか
真実は知る由もありませんが、
何か熱によって溶けた後のようです。





さらに追求&モーター自体は生きているしどうにか再生できないか・・・
(実は1年ほど前にファンASSYで新品に交換されているとの事)
ということで、




b0144624_20321052.jpg

緩み止めが塗布してあるモーターシャフトのセンターのネジを
ナントカ緩めることに成功して、
”ア然”





b0144624_203453100.jpg

↑モーターシャフトには平らになっている”切り欠き”部分があるのに、



b0144624_2035453.jpg

ファンブレードの”ベース”部分には
”切り欠き”が無いw(゚ロ゚)w



これじゃ~滑って、
モーターシャフトとファンブレードのベース部分で回転差ができて、
そのおかげで熱を持って
今回のようなことになりそうなのは
案外たやすく予想がついてしまいます。。。


ある
おフランスの
”らいおん”さんのおクルマも
似たような事柄がおきていました。
しかし、
ぷじょーさん(あ!言っちゃった(汗))のは
ファンブレードのベースの金属部分が無くて
ファンブレード本体(樹脂)部分にはちゃんと切り欠きがありましたよ。うん。

でも、
樹脂製なので
その、切り欠きも次第にあまくなってきちゃって
空回りしちゃうんですね~。
そうなると
夏場、エアコン使用時に
冷えが悪くなって
オーバーヒート気味になりだす。
大体、ライオンさん(もう、いいって?)のところのラジエターファンは
”押し型ファン”なので
ボンネットを開けたり
フロントバンパーなんかのグリルから覗くと
ファンが見えるんです。
これで、ファンが2個付いているタイプのクルマだと
エアコンONにして
左右のファンを”よ~く見つめれば”
多分解ると思います。

そう、
同じファンなのに
「左右で回転スピードが違うな~」
と思ったら
正解!
回転の遅い方がダメです。
多分、”せんぷうき”みたいに指でファンが止められます(笑)
(※よいこの皆さんは真似しないでください)





っと、
少し話を戻します(笑)

切り欠きが”あるシャフト”と、無い”ファンブレード(ベース部)”。

これって、
何かを思い出します。

そう、
b0144624_211912.jpg

クランクシャフトのプーリーの取り付けや、



b0144624_2115749.jpg

オルタネーターのプーリーも同じです。



方や
切り欠きや回り止めに”キー溝”があるのに・・・・・
って思うんですけどね~。。。


これは、ボルトやネジの”締め付けトルク”だけで
空回りしないようにしてあります。




多分、
このラジエターファンに関しても同じことが言えるのでしょう。



じゃ~
何でこんなことになったのかというと、
取り付けネジにはロックタイト(緩み止め剤)が塗布してあったので
緩んではいなかった・・・(しかも逆ネジだし・・・)
推定原因は、
・締め付けトルク不足
・接触面へのゴミ、油分の付着(締め付けトルクと面接触で保たれている為)
・ホントはちゃんと回り止めがあって、部品自体が不良品



ん~、
どれもありそうで
ひとつにしぼれません。











え~、
長くなりましたので
続きは次回の講釈で・・・。
[PR]

by french_garage | 2009-12-18 21:15 | Renault(ルノー) | Trackback(1) | Comments(2)  

トラックバックURL : http://frenchgsbt.exblog.jp/tb/12520975
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 「French」はじめま.. at 2010-01-06 13:12
タイトル : ラジエターファンが壊れた続き・・・。
九州は福岡で ルノー(RENAULT)が集う?S.B.Tです(笑) 前回の続きです。。。 (遅くなりました~(汗)) モーターとファンブレードが分離してしまった状態。↓ まず、 本来はファンブレードに鋳込んである金属のベース部分の溶けた樹脂を綺麗に取り除いて・・・ モーターにはせっかく切り欠きがあるので利用しましょう。 金属のベース部分に2ミリほどの穴を開けて・・・ タップを立て、ねじ山を作って それにあったネ...... more
Commented by そらまめ at 2009-12-19 15:58 x
解説ありがとうございます。
ええと、良いクルマなんですけどねえ。
こんな部品一つの不良(?)で、あんまり苦労したくないなあなんて、
思ったりしてしまいますが、ファン以外にも問題あるんでしょうか。
続きが楽しみです!
Commented by S.B.T at 2009-12-21 22:25 x
そらまめさん
解説だなんて、
そんな大したものではありません(笑)

日本はもとより
こういった事例が少ないとメーカーも重い腰は上げませんからね~(悲)

ファン以外は今のところ至って健康そうでしたよ~。
名前
URL
削除用パスワード

<< ルーテシアエンジン不調・・・。 ルノーの点検、オイル交換その他... >>