九州にもラテン車はたくさん。。。

お待たせいたしました!
このクルマは!?②の答えです。。。(ん?待ってないですか(笑))





b0144624_9233621.jpg


ランチャ(LANCIA) YPSILON(イプシロン)ですd(^^*)

モチロン正規輸入では存在しません。

Yで表記されることもあります。



b0144624_931460.jpg


このエンジンは
先代のフィアット プント(FIAT Punto)や
フィアット パンダ(FIAT Panda)にも搭載されていたエンジンです。




今回はタイミングベルトの交換がメイン作業になります。



と、その前にコレ↓をご紹介。
b0144624_9363891.jpg

タイミングベルト交換時のSST(特殊工具)です。

この工具がなくても作業できることは出来るのですが、
実は前回のタイミングベルト交換はオーナーさん自ら作業されたそうで(スゴイ!)
イマイチ調子が悪い・・・orz

と言うわけで、
今回のタイミングベルト交換でちゃんとタイミングを合わせることにします。



この特殊工具の使い方がヒジョーに面白く、
フツウのタイミングベルト交換とは少し違います。



b0144624_1241447.jpg

まずはこの↑工具でカムシャフトを固定します。ルノーチックですね(笑)




つづいて・・・
b0144624_12442279.jpg

スパークプラグを取り外しているので
プラグ穴に工具をねじ込み
工具の真ん中が空洞になっているので
そこに棒状のSSTを差し込みます。

4気筒エンジンの場合
1番、4番シリンダーと
2番、3番シリンダーは
クランクシャフトで180度ずれていますので
1番と3番のシリンダーに特殊工具をセットして
カムシャフトの工具をセットした位置で
プラグ穴の工具が平行になる位置が
「ベストタイミング」の位置になります。

上の画像からだと
ずれているのがわかります。

コレくらいのズレ幅でも
カムプーリーの山の部分で”半コマ”くらいです。(1コマずれてると大変です(汗))


通常タイミングベルト交換というと
1番、4番を上死点位置にして
1番シリンダーが圧縮上死点、
というのがセオリーですが、
このエンジンの場合
全てのピストンが真ん中になるように
セットします。

多分ピストンとインテーク、エキゾーストバルブの干渉を防止するためなのかな?
なんて思いますけど、どうなんでしょうね~。

で、
カムシャフトは所定の位置で固定中。。。
タイミングベルトは外した状態で
プラグ穴に差し込んだ工具が
平行になる位置までクランクシャフトを回します。(ほんの少しです)

これでやっとベストタイミングになったわけですが、
ご存知のように
タイミングベルトは
「コグベルト」
と言って
平ベルトに歯をつけその歯と噛み合うスプロケット(プーリと呼ばれることもあるが)を用いて滑りを生じてはいけない用途(タイミングベルトなど)に使用される物です。

ベストタイミングの状態では”半コマ”ほどずれがありますので
きちんとタイミングベルトを取り付けることが出来ません。



そこでどうするかと言うと・・・






b0144624_1305265.jpg

カムプーリーを外すと・・・





b0144624_13114798.jpg

シャフトにもプーリー(スプロケット)にも位置合わせのための
「キー」やストッパーらしきものがなく
ボルトの締め付けだけでカムシャフトとプーリーが固定されています。

ですので、
任意の位置で固定することが出来るので
特殊工具(SST)を使ってベストタイミングが出せるわけです。

ただ、滑りが発生するとOUTなので
規定トルクで締め付けます。
この辺りもルノーチックですね(笑)






因みに、
b0144624_1319371.jpg

シングルカム(OHC)に見えるこのエンジンですが
上の画像の黄色い丸の奥には
もう1本カムシャフトがあったりします。

これは
某日本車メーカーの
Tヨタさんが
「〇イメカ ツ〇ンカム」
の名称で出していた”それ”です。
(Hンダさんのバイクでも「カ〇ギヤ トレーン」なんてのもあったな~)

仕組みは
シリンダーヘッド内部で
ギヤを介してもう1本のカムシャフトを回してます。






タイミングベルト交換なので
b0144624_1442717.jpg

ウォーターポンプも交換します。

ラジエター液は綺麗な「ミドリ色」だったのですが
錆がかなり残っているようです。(ベンガラ色はシール剤です)




b0144624_1465511.jpg

ウォーターポンプ取り付け面は
ガスケットやシール剤の残りなんかをキレイに剥がします。
(最終的にオイルストーンで磨きます)





ウォーターポンプを取り外す際に
b0144624_14121139.jpg

気になっていた”スタッドボルト”。
やはり、ねじ山がナメテますね(悲)

スタッドボルトの脱着には
”スタッドボルト リムーバー”
という工具を使います。

b0144624_14135715.jpg

ウォーターポンプを取り付けてから
タイミングベルトの取り付けへ。。。





その他
b0144624_14155351.jpg

クランク角(TDC)センサーも
被覆が痛んでいたので
「新品に交換してください」
というご依頼でした。。。





b0144624_14174217.jpg

とりあえず、
このスロットルとアイドリングバルブもキレイに清掃して




b0144624_14191696.jpg

エンジンルームもきれいになって
調子も上々。。。




なんですが・・・






b0144624_14202546.jpg

ラジエターの水漏れや・・・




b0144624_14213141.jpg

ブレーキホースのひび割れ・・・

エアコンのガス漏れなんかも発見してしまいました(悲)

適宜修理されてください。
お願いいたしますm(_ _)m




b0144624_1425536.jpg

内装にはウッド(木目)など使用されていますが、
内装のグリーンと調和が取れて
あまりイヤミに感じません。




b0144624_14275166.jpg

シートもグリーンです。
なんとも癒しの空間ですよん(^^*)




b0144624_14293114.jpg

b0144624_1430591.jpg


「キリンさんより、ゾウさんのほうがもっと好きです!」
オッ、
オホン、ゴホン!

失礼しました(汗)

かわいい「ゾウさん」です。





b0144624_14331711.jpg


お尻から観ても
やっぱり癒し系なんですよね~。
[PR]

by french_garage | 2009-10-20 14:39 | その他の車たち | Comments(3)  

Commented by glico1971 at 2009-10-23 21:06
おおっ、こちらが回答のおクルマですか?!
これまた今も欲しい車です^^
Commented by S.B.T at 2009-10-24 09:54 x
glico1971さん
ご想像と合ってましたか?
Commented by glico1971 at 2009-10-24 18:57
大暴投!っす^^

<< MEGANE Coupe 16V 車両火災にご注意ください。 >>