車両火災にご注意ください。

数字Renault(ルノー)でもマイナー(失礼いたしました(汗))な
Renault 19(ルノー ディズ ヌフ)。。。R19とも書きます。



そのR19、
オーディオ交換作業中に
とんでもない事実を目の当たりにしてしまいました ガ━━Σ(゚Д゚|||)━━ン!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
b0144624_9311590.jpg

↑の赤いコネクターは
オーディオ用の電源、アースやスピーカーなどの配線が集合しているコネクターです。

そのコネクターが焼けて溶けてました(汗)

その中でも、
常時電源(常に12Vの電気が供給されている)の配線が全て
萌えて・・・・・




モトイ、
燃えてました(恐)щ(゜ロ゜щ)オーマイガーッ!!





b0144624_946010.jpg

↑注)燃えて銅線だけになった常時電源の配線。


念のため
被覆が燃えて、銅線だけになった配線にテスターを当ててみると・・・

ぬわぁんとまだ
電源(12V)がきているではあ~りませんか!


慌てて(汗)
バッテリーのマイナス端子を外したのは言うまでもありません。。。。。




b0144624_9552865.jpg

オーディオの下にあるこの辺↑のスイッチ類の配線もなんだかワケの判らないことに・・・



しばらくボー然として・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(涙)



この後の処理をどうしようかと・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(泣)



燃えてしまっている配線は根元から造り替えたほうがモチロン良いし、
b0144624_1065154.jpg

ココ↑が燃えてしまった配線(電源線)のスタート地点(根元)。
助手席グローBOXの下に潜り込んでナントカ”指”が届くくらいの所・・・orz



その他の配線に損傷が無いかもチェックしないといけないだろうし・・・・・・・・・・・・・・・・(号泣)





b0144624_9593779.jpg

この辺りまで↑バラしていましたので、






思い切って・・・・・・






b0144624_104254.jpg

ダッシュボードを降ろし(外し)ましょう!






やっぱり他の配線にも影響がありました。

b0144624_101243.jpg

↑他の配線の被覆も溶けちゃってます。。。



ココから先は
無我夢中で配線修理でしたので
画像はありません)m(_ _)m






せっかくステアリングシャフトも外したので、
こんなこともやってみました。↓
b0144624_10161845.jpg

b0144624_10173529.jpg

後は黒く塗装して組み付け。。。

実は溶接した部分に
ゴムダンパーがあって、
走行中のステアリングへのキックバック(タイヤからステアリングへのショック)を吸収してくれるようになっています。

が、しかし
そのゴムが劣化すると
ステアリングが「ぐにゃぐにゃ」するようになることがありますので
「この際溶接してしまおう」
という訳です。

これは、クリオ1(ルーテシア)のステアリングシャフトでも
構造や仕組みは違いますが
同じようなことが起こります。


スポーツ志向の方はダイレクトフィールになって
いい感じになります。



今回はこの配線修理に時間がかかってしまい、
マフラー交換までたどり着けませんでした。。。。。

しかも、
その後イモビライザー不調で
エンジンが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。






なんてこともあり、
ルノー専用テスター(診断器)
b0144624_1028461.jpg


NXR登場。。。(懐かしいなぁ~)




b0144624_10295652.jpg

ABSユニットには
いろんなフォルト(故障)メモリーが・・・・・・・(爆)



またまた次回はマフラー交換その他でお会いしましょう(^∀^)ノ~~







最後に・・・

すでに社外品オーディオに交換されていたこのR19。
オーナーも複数で、
どこで、だれがこのような危険な配線処理をしたかはわかりませんが、
「たかがオーディオ、されどオーディオ」。


オーナー自身でメンテナンスやモディファイするのがモチロン理想的ですが、
クルマに関しての知識や技術に少しでも不安のある方は
専門家にお任せする方が安心です。

今回の事例では”あわや車両火災”。
笑い事では済まされないことになっていたかもしれません。

クルマは快適で、楽しくて、便利な反面
「走る凶器」とも言われております。

ご自分でメンテナンス等される場合、
最初はそれなりに知識と経験のある方に付き添っていただく方が良いでしょう。


それでは皆さん、
楽しいカーライフを・・・。
[PR]

by french_garage | 2009-10-19 10:50 | R19(ディズ ヌフ) | Trackback | Comments(4)  

トラックバックURL : http://frenchgsbt.exblog.jp/tb/12159449
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 海老庵 at 2009-10-19 12:08 x
改めて見ると笑えますね。
いや、笑っちゃいけないんですけど…
ホントお手数掛けてすいません。
しかしこれからもまだまだ厄介事が待ってる、はず?
Commented by S.B.T at 2009-10-19 21:08 x
海老庵さん
お世話になります。

「かわいい子」ほど手が掛かるもんです(笑)

これから良くなる一方だと思うと
ワクワクしませんか?(爆)

極上のR19にしていきましょう。
Commented by 風の谷 at 2009-10-19 21:18 x
こんばんわ。

車は電源がDC12Vなので、「たいした消費電力じゃない」と思っていても、消費電流がすぐに5A,10Aになるので要注意ですね。
おまけに、ボディー・アースで、バッテリーは百数十Aの大電流を簡単に流せるものだから、ちょっとした被服の劣化によるショートがすぐに火災につながるので怖いですねぇ。
Commented by S.B.T at 2009-10-20 09:05 x
風の谷さん
コメントありがとうございます。

エンジンルームなどで配線の被覆が傷ついているところを発見すると
必ず補修させていただいております。
さらにその原因なども検証し
対策を講じるよう心がけています。

電気配線をさわる場合には十分気をつけなければ
なりませんね。
再認識させられました。
名前
URL
削除用パスワード

<< 九州にもラテン車はたくさん。。。 サンクGTターボの部品。 >>