ぶれーきのおはなし。。。

↓コレはとある日本の軽自動車のモノです。
b0144624_1459626.jpg


フロントブレーキキャリパー。

ご覧の通り”錆”が酷く出ています。

この”錆”のおかげでキャリパーピストンが固着し、ピストンが戻らなくなっていました。

「走りが重い」

走行後「焦げ臭い」

走行後あるひとつのホイールだけ「異常に熱い」

こういう場合は”キャリパーピストンの固着”で”ブレーキ引きずり”の可能性があります。

お早めに修理ください<(_ _)>




b0144624_158219.jpg

上側のブレーキパッド。。。
引きずりでフェードしてしまい、焼けてしまってます。




もちろんパッドも交換して、
キャリパーも錆などを落として綺麗にし、
ダストブーツやシールを新品に交換してオーバーホールします。
b0144624_15105778.jpg

ブレーキ回りなどは常に雨水などにさらされており、
いくらダストブーツなどでシールされていても
塗装などされていないキャリパーピストンの先端部分に雨水などが浸入し
このように錆びてしまいます。

ブレーキフルードも
元々吸湿性があり、
酷いものになるとキャリパーピストンに穴が開きそうになっているものもあったりします。

欧州車は特にDOT4(BF4)という日本車のそれより吸湿性の高い(良く水気を吸う)フルードを使用している車両が多いので、
高温多湿のこの国では
本来年1回のブレーキフルード交換がお勧めです。

といってもなかなか難しいと言う方は車検時にはちゃんと交換してもらいましょう(^^*)




厳密に言えば
キャリパーオーバーホールもマメに(2~3年に1回)してあげた方がもちろん良いです。

これもなかなか・・・
ねぇ~・・・
難しいものです。

今回のような不具合やブレーキフルードがキャリパーから漏れたりしないとなかなか手を入れない部分ですが、
重要な部分ですので適宜オーバーホールをお勧めいたします。
(作業する側もかなり気を使います)



気になる方は要チェックです。
[PR]

by french_garage | 2009-10-03 15:28 | その他の車たち | Trackback | Comments(4)  

トラックバックURL : http://frenchgsbt.exblog.jp/tb/12057011
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by glico1971 at 2009-10-04 06:54
うちの車もリアがあやしいっす。
長期出張のあとサイドを下ろしても引きずってる感じが・・・
Commented by S.B.T at 2009-10-04 10:16 x
glico1971さん
その現象は湿気でリヤパッドが張り付いている状態ですね。
最初の出だしだけ「バコン!」とすごい音がするアレですよね?
この状態もあまりローターなどにはよろしくないので
長期クルマを動かさない場合はサイドブレーキは引かずにギヤを1速なりバックに入れて、
輪止めをしておく方が良いですよ。
Commented by きのやん at 2009-10-08 00:19 x
あれからはとても調子いいです。もしかしたら私があの大雨降った日に、フロアまで浸かりそうな道路を飛ばして走ったのが原因かもです。。。。
Commented by S.B.T at 2009-10-09 16:00 x
きのやんさん
ご無沙汰しております。

>大雨降った日に、フロアまで・・・・・
無きにしも非ず、ですが、
このサビは蓄積されたものでしょう。
大事に至らなくて何よりでした。
名前
URL
削除用パスワード

<< このクルマは!?② 売りたし!メガーヌRS。 >>