2年ブリのAP。

久々のオートポリス、天気も良くて路面はドライ(^^)
5月3日のREVスピードパーティーに参加してきました~♪



今回は諸事情により足を入れ替えて。
b0144624_133052100.jpg

b0144624_13311162.jpg



リヤの頭ブッシュを強化品に換えたらタワー棒が付かなくなったwww
b0144624_1333521.jpg

b0144624_1334575.jpg

潰れたノーマルブッシュに合わせてボディーに穴あけしてたのでしょうがない(^_^;)

ブッシュのカラーがノーマルショックの太さなので適合せず。。。
b0144624_1337668.jpg

パイプから切り出し加工して取付。

フロントロアーアームも黒い硬いヤツに入れ替えてみました。
b0144624_13392163.jpg

これまではムラムラ紫でした(笑)
なんでも硬けりゃ良いってわけではないでしょうけどw



車載動画上げときました。
※ブレ補正とかで多少画面が歪んで見えるかもです。
 あまり編集してないので長いです。
1本目

前を行くインテグラは知り合いのご子息。
「勉強させていただきます!」と言って後ろに付かせてもらったんですが、
複数台間に入ってもらったら追いつけなくなってました(^^;
インテグラの子、この日でオートポリスは3回目だとか。
ウマイですね~、これから楽しみです(^^)


2本目

前を行くは兄さん
今回はストレートの伸びがイマイチでしたかね?
熱気吸ってるのかな~?
オレのRSはエンジンは基本ノーマルで吸排気のみ。
サブコン付いてますけどツルシの状態でノーマルセッティングです。
その兄さんの前にインテのコ。
1コーナー抜けて~1ヘアまでが楽しい♪


3本目

ちょっとクリアが取れて気持ちよかったけど、
タイヤもブレーキもタレ気味でヘアピンがダメダメ(^-^;



足やブッシュを入れ替えた効果はわかりませんが(爆)
今回アライメントを取り直した際リヤがちゃんと粘る方向へ変更。
そうすると程好くテールスライド&程好くタックインしてくれて乗りやすくなりました~!(^^)!
元々リヤ駆動乗りなのでFFは苦手意識満載だったんですが、
この時くらいからFFでもテールスライド&タックインの感覚がなんとなく身についてきた感じです。
FF車のリヤって大事なんですね~、改めて勉強になりました。


このアライメントに助言くれたのは
インテの子のお父さんでした~<(_ _)>



ただね、
フロントのキャスターが変なことになってるんです。。。
なんでだろう???(当てた記憶ないし)
右が倒れ過ぎなんですよね~。
バックで勢いよくヒットしないとそうならないような気がするんですけどね・・・。
右のホイールベースが10mm長い(笑)
でもサーキットではそんなに気にならなかったかな?
(力でねじ伏せるwww)


今回絡んでくださった皆さんありがとうございました<(_ _)>
またお会いした時はよろしくお願いします!



あ~、ドライ路面確定なら明日にでも行きたい(o*゚ー゚)oワクワク
[PR]

# by french_garage | 2017-05-09 14:57 | オレのRS | Trackback | Comments(0)  

グランカングー絶不調・・・その⑥

間が空きましたがグラカンの続きです。


っと、その前に
----------------------------------------------------------------------------
明日5月3日~7日まで勝手ながらお休みをいただきます<(_ _)>。
メールでのお問い合わせに関しましては8日以降順次お返事させていただきますので
何卒ご了承ください。
----------------------------------------------------------------------------


え~、
アースポイントを磨いて
再度不思議な箱を取り付けて帰宅時テスト走行。

最初10分くらいはやけに調子良く走ってたんですが、
信号待ちからのスタート時に吹け上がらなくなってきました(^_^;)
(アクセル開度にエンジンが反応しない)

それでも2000rpm以上は吹ける感じだったのでなんとか一山超えて(テストコース)
自宅まであと信号一つ、200mくらいのところで息絶えました( _ _ )..........o

無論こういったテスト走行時にはテスター積んで繋いでデータ取りながら走ってますので
ストール直後の故障メモリー☟
b0144624_1856541.jpg

(スマホカメラで撮影)
DF053と885、RAIL PRESSURE関係という事はやはり燃料系統ですね。
(DF1012は上記に付随してメモリー)

すぐに再始動を試みましたが始動できなくて、
クルマの通りもそれほど多くないのでそのまま惰性で左に寄せてハザードストップ。
(若干登坂路なのでゆっくりバックで)


IG OFFで数分待ってから再始動すると始動できたので、
なんとか工場まで戻れるだろうと引き返し出発ε=(o・・)oブーン

ギクシャクしながらもある程度の回転数を維持しながら走行中、
今までいくつかの学習値リセットを実施すると若干調子が戻ったことがあったので
工場へ向かう途中もしものことを考えて広い駐車場でいったん停車してテスターを繋ぎ直す。

で、
・燃料ポンプ交換時のリセット
・インジェクター交換時のリセット
・EGRバルブ交換時のリセット
上記3点を実施してエンジン始動!

始動はOK。






























しかし、アクセル踏んでも全く吹けなくなり
走行不能へ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(´_`。)グスン
チェックランプ点灯で警告メッセージも出る出るwww

先ほどストールした時の故障メモリーは消しておいたので
改めて故障メモリーをチェック☟
b0144624_18563742.jpg

DF053の代わりにDF771 FLOW CONTROLをメモリー。
いずれも燃料系統に変わりはありません。

時刻は21時半を回ったところ。

すぐにJAFさんと保険会社のレッカーサービスへ連絡して、
都合の良い方のレッカーを手配。

アイドリング・半クラッチくらいだとクルマの移動もできたので、
積載車に載せやすいようにクルマを配置。
30分くらいでレッカー到着。


これで走行できないくらいの不調になったので問題点は発見しやすくなったはず?(笑)
この時考えたのは、
アースポイントを磨いて不思議な箱を取り付けたことによって悪いところが露になったのだろうと。
だとすると、機械的というよりはやはり電気的な部分での故障が疑わしくなってきました。




まだまだto be continued。
[PR]

# by french_garage | 2017-05-02 19:03 | オレのカングー | Trackback | Comments(1)  

グランカングー絶不調・・・その⑤

ちょっと間が空きましたがウチのグラカンの続きです。

前回燃料系統のチェックが終わってフィルター換えたりしても症状変わらず・・・。
その他エアフィルターもBMCから純正新品に入れ替え、
エアフローメーター(エアマス)や吸気系も点検。

特に問題もなく、症状も変わらず・・・orz


で、毎度毎度消去しても新たにメモリーされるFaultメモリー(故障コード)が気になりだして
因果関係があるのかないのか確認するためにもこの故障を探ることにしました。
b0144624_178797.jpg

☝一番下にあるDF997 Control unit⇒heating element connection・・・・・・・

なんのこっちゃ(^_^;)
最初はグローのことか
もしくは空調用の電気ヒーターかな?って思ってたんです。
(エンジンECUで空調は関係ないけど・・・)
ちなみにこのグラカンはヒーターコアの部分に電熱器が仕込んであります(^^)
基本的に寒い地域というのもありますが、
ディーゼルって発熱量が低い(少ない)ので冷却水が温まるまで結構時間がかかります。
なので始動時や冷却水温が低い時には電熱器を使ってヒーターを効かせてます。

そんでもってよくよく調べてみると、
heating elementとはこんな部品☟に行きつきました。
b0144624_1725339.jpg

☝青丸の部品、牛のお乳みたいなヤツです(笑)

左フロントタイヤハウスから
b0144624_1735162.jpg


モジュールユニット(レジスター)はココ☟に居ります。
b0144624_17454428.jpg

b0144624_1745588.jpg

☝左側がheating element用で右はグロープラグ用。

その奥、ちょうどミッションとラジエターの間に鎮座してます。
b0144624_17474114.jpg

このheating elementは部品名でいうとサーモプランジャー。

先ほど空調用の電熱器のことを書きましたが、
コチラも同様に冷却水を早く温めるための電熱器です。
フツウ冷却水(ラジエター液)というと冷やすことばかり考えがちですが、
ディーゼルは電熱器を使ってでも温めたいんですね~。

外して中を覗いてみると
b0144624_1801072.jpg

棒が見えますw
棒の先がボコボコになってますね。
外そうとしましたが、このボコボコが邪魔して外せませんでした・・・。

実は昨年春先にオーバーヒート気味になりまして、
原因はエア抜きバルブからの微小な漏れだったので大事には至らずだったんですが、
その時にお風呂の空焚き状態になって壊れたんでしょう。。。


そそくさと部品交換。
b0144624_18303681.jpg

部品はブラケットASSY交換です。
(ブラケット要らないけど・・・)

新品の棒はボコボコではありません。
b0144624_18391425.jpg


で、取付&ラジエターのエア抜きは滞りなく終了なんですが、
このブラケットのところに太いアース線があるんです。
ついでだったんで磨いて取り付けておきました。
このこと(+α)が今後の展開に大きな影響を及ぼしたと思われます(^^)



to be continuedでございます<(_ _)>
[PR]

# by french_garage | 2017-04-14 18:40 | オレのカングー | Trackback | Comments(2)  

MEGANE RS&メガーヌ エステート

グラカンネタはちょっと一休み(^^)


先日なんか派手なクルマがやってきた(^-^;







b0144624_18445796.jpg

ノーマルは車高高いね!
40mmほど下げて、ツライチホイールは必須かな~(^^)
見た目優先で、あとは乗り手次第(笑)
b0144624_18453066.jpg

乗ってきた人は
「目立ち過ぎてハ〇ク〇もホジれん」と言っておりましたwww

同じ仕様にもしてくれますよ♪
試乗もOK(多分)

詳しくはコチラへ。




同じメガーヌでもこちらはエステート。


b0144624_1914564.jpg


エンジンオイル&エレメントとCVTフルード交換。
b0144624_1941552.jpg

☝コレ+コレ☟
b0144624_1944159.jpg

かなりの量抜けるんですよね、CVTって(^^;

エンジン・ミッション(CVT)が日〇(日本製?)でも適宜メンテしましょう。
安心しているあなたはアブナイ(^^)
定期的なオイル&フルード交換でそのリスクを減らすことが大事です。

バッテリーも交換。
b0144624_1910183.jpg

b0144624_19105240.jpg

b0144624_1911227.jpg

b0144624_19112032.jpg

b0144624_19113759.jpg

b0144624_19114715.jpg

各端子、ターミナルは磨いて接点グリス。

それから、
最近は充電制御っていうシステムになっているクルマが多いんですが、
ちゃんと専用バッテリー(AGM)を使いましょうね。
多分フツウのバッテリーだとモタナイし、最悪破裂や発火の可能性も否めません。
または、コンピューターやその他アクチュエーター(電気で動く部品)にも悪影響があるカモです。

電流制御車は基本アイドルストップ付だったり、
バッテリーのマイナスターミナル付近に電流センサー☟が付いているモノが該当します。
b0144624_19201385.jpg

☝はメガーヌ エステートGT220。

詳しくは販売店さん及びディーラーさんで確認しましょう。


で、エステート雨漏れ(^^;
b0144624_19245544.jpg

ハッチゲートからなんですが、
最初はガラス?と思ってシャワーテストで観察すると

この穴☟から水が出てきます。
b0144624_1926215.jpg




と、いう事は
b0144624_19273979.jpg

ハイマウントストップランプかな?




b0144624_19281256.jpg

パッキンズレてますね~。
☟見事に水が浸入した形跡有(^_^;)
b0144624_1930125.jpg

b0144624_19313792.jpg

パッキンペロンペロンw


パッキンだけで部品が無いので
b0144624_19324150.jpg

ブチルテープでキレイに作って取り付け。

b0144624_19331672.jpg

b0144624_19333835.jpg

ゲート側もキレイに掃除して(磨いて)おきましょう♪


からの、
エンジン不調、始動困難(^^;

b0144624_19354824.jpg

フォルトメモリーは無しで、
どうやらスロットルの汚れが原因らしい。
b0144624_1936561.jpg

b0144624_1937757.jpg

極端に酷い汚れではないと思いますがデリケートなんでしょう。
〇産エンジンでも同じwww


b0144624_19382951.jpg

掃除してその後良好となりました!(^^)!



ではでは。
[PR]

# by french_garage | 2017-03-30 19:44 | メガーヌ(MEGANE) | Trackback | Comments(0)  

グランカングー絶不調・・・その④

あらかじめ言っておきますが、
一応時系列でなるべくリアルに(覚えているうちに)お伝えしていますので
先はかなり長いです(^^ゞ

ではグラカン絶不調の続き。

前回色々試しながら
とりあえず燃料系統が怪しかったので先走って燃料ポンプを発注してました。
(日本にはないので先走り(^-^;)

で、1week待たずに部品到着。
受け取った箱を持ってみて違和感が・・・・・。
今まで他のクルマで燃料ポンプを幾度となく交換してるので
箱を持っただけでわかります( ̄ー ̄)ニヤリッ
やたら軽いんです!

「なんか部品間違って入れてないか?(`O´*)」と思って箱を開けてみると、
b0144624_2015384.jpg

ん~、見た目ポンプASSYです。。。

よ~く観察すると・・・
b0144624_2024260.jpg

アレ?配線が2本・・・しか無い。。。

b0144624_207355.jpg

あるべき場所にあるべきモノ(ポンプ)が無い・・・(?。?)
ただのゲージ???

ちょっと混乱したので
もう一度ディーゼル機構のお勉強をしました。
基本的にディーゼルエンジンでは噴射ポンプで燃料をタンクから吸引して圧力を高めて噴射する・・
あぁ・・・
ディーゼルをほとんど扱ってなかったので
ポンプと言ったらインタンクと思いこみこんな発注ミスが・・・orz
それと、簡単なことで治るんじゃないか(治ってくれっていう願いもありw)とか、
自分のクルマなのであまり時間を掛けたくない焦りが生んでしまったミス。。。
反省( _ _ )..........o

ココでもうちょっとお勉強。
ディーゼルエンジンで私の数少ない経験からですと、
燃料フィルターや配管等燃料系統の脱着、交換を行った場合は
必ずエア抜き作業が必要になります。
配管やフィルター交換くらいだとエア混入も少ないので
エア抜きは容易な場合が多いと思いますが、
ガス欠するとエア抜きが大変なのでディーゼルエンジンでのガス欠には注意しましょう。

また、エア抜きは基本手動で行います。
プライミングポンプというものがフィルター近辺やフィルター自体に付いていて、
これを手のひらでシュコシュコ数十回ポンピングしてエアを抜くのが一般的。
グランカングーPh1の場合はコレ☟がプライミングポンプです。
b0144624_20424937.jpg

b0144624_2043034.jpg

そう、血圧測定器みたいな手動ポンプが付いてます。
☟フィルターの左端にある星形のブリーダーを開けて
b0144624_20444197.jpg

エアーが無くなるまでポンピング。

以上が従来のディーゼルエンジンの燃料系統ですが、
最近はガソリン車と同じく電動ポンプを使っているクルマが増えているそうです。
見分け方は先のプライミングポンプが付いていない車両は電動ポンプが付いているという事。
電気で強制的に燃料を送れるので必要無いんですね、プライミングが。
現に輸入車でもディーゼルモデルが売れている某B〇Wは電動ポンプ付という事だし、
お友達のグラカンPh2にはプライミングポンプが見当たらないという事なので
多分電動ポンプ付にグレードアップしているのでしょう(^^)

今回ディーゼルをたくさん扱っている工場さんや知り合いの某B〇Wのメカニックさん、
その他色んな方に色々教えていただきました。
この場を借りて厚く御礼申し上げます<(_ _)>

4.マニュアルによると
  「燃料タンク内及び配管内の異物確認」みたいなことが書いてありますので
  タンクを降ろしてみます。
  
b0144624_19582270.jpg

  
b0144624_19583747.jpg

  ん~、髪の毛ひとつないキレイな状態ですね(^^)
  基本に忠実と言えば聞こえはいいのですが、
  せっかくなので(ついでに?)ゲージユニットも交換しておきます(^^;
  
b0144624_2005286.jpg

  無論配管内も問題ありませんでした。
  
5.タンクを降ろしたタイミングで燃料フィルターも交換。
  
b0144624_20356100.jpg

  (先ほどと同じ画像)
  1年半程前、走行2万キロ時には交換済みでしたが(この時点での走行距離36000km)
  原因究明の為ひとつずつ確かめるようにやってみました。
  交換してエア抜きを念入りにやってすんなりエンジン始動。
  旧いフィルターをまたもや割ってみました。(前回も割りました)
  
b0144624_20101957.jpg

  
b0144624_20104043.jpg

  
b0144624_20105635.jpg

  この☝フィルターの色的に汚れているのか否かは新品を割ってみないと何とも言えませんが、
  決してキレイだとは言えませんね。
  やはりこの国の軽油の質はよろしくないのでしょう。
  トラックメーカーも「年に1度は添加剤(洗浄剤)を入れてください」と指示しているようです。
  (各メーカーから添加剤を出している)
  
b0144624_20121070.jpg

  多少ワニスっぽい沈殿物はありますが、
  前回交換した時と同じような感じです。


さて、一仕事終えたのでテスト走行です。






え~、






変化無し(笑)
(症状変わらず)




と、いう事でつづく・・・。

  
  
[PR]

# by french_garage | 2017-03-28 20:34 | オレのカングー | Trackback | Comments(2)